【 コガネムシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

岩湧山の登山道で出会ったセンチコガネの仲間は、やっぱり?

 大阪南部の低山、岩湧山の登山道で出会ったセンチコガネの仲間。
 光沢がきれいな甲虫。

この記事にはの画像があります。


 このあたりにいそうなセンチコガネの仲間は、オオセンチコガネと、センチコガネの2種。
 見分け方は、頭部の平らなところが半円形ならセンチコガネ、台形っぽい三角形ならオオセンチコガネ。


 このセンチコガネ類は。



 半円形。
 センチコガネでした。

 大阪と奈良・和歌山の府県境に連なる生駒山地・金剛山地・和泉山脈で出会うのはいつもセンチコガネ。
 不思議です。

くらべてわかる甲虫1062種

新品価格
¥1,584から
(2023/7/31 00:03時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネセンチコガネ類コガネムシ甲虫夏の虫岩湧山の虫岩湧山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

きっとたくさんいるはずなのに希少な虫? 小さなエンマコガネ

 ジョロウグモの巣に小さな甲虫がひかかっていました。
 もう絶命しているようです。

この記事にはの画像があります。


 色は黒。


 大きさは1センチもありません。

Onthophagus atripennis

 丸いのでコガネムシの仲間のようです。
 この雰囲気は、エンマコガネの仲間でしょうか。

コブマルエンマコガネ

 エンマコガネは小さいのに種類が多く、じっくり見ないと種類がわかりません。
 画像を拡大すると。

 背中の翅のない部分、前胸が丸くなっていますが、角度を変えると真ん中あたりが少し凹んでいるようにもみえます。
 頭も小さな角があるようにちょっとだけ尖っているようにも見えます。

瘤円閻魔金亀子

 コブマルエンマコガネのオス?

 エンマコガネの仲間はセンチコガネと同じように動物のうんちを食べる糞虫ですが、ほかに動物の死骸やキノコなども食べます。
 センチコガネとちがい樹木が多く広い公園だと見つけることもあります。
 きっとたくさんいる普通の虫だと思いますが、めったに出会えない虫です。

コブマルエンマコガネ
瘤円閻魔金亀子
Onthophagus atripennis
昆虫綱 甲虫目 コガネムシ科 ダイコクコガネ亜科

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コブマルエンマコガネエンマコガネコガネムシ甲虫分中

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

やっぱり大阪の低山では無印センチコガネ

 今年2回めのセンチコガネ。

この記事にはの画像があります。


 大阪の低山で出会ったセンチコガネ。

 すでに寿命を終えているようですが、まだ生きているような体の光沢。

センチコガネ
Phelotrupes laevistriatus

 頭を見ると、盾の部分が半円形。

雪隠金亀子

 やっぱり大阪中南部に連なる山地山脈で出会うのはオオセンチコガネではなく、無印センチコガネでした。

センチコガネ
雪隠金亀子,雪隠黄金虫
Phelotrupes laevistriatus
コウチュウ目 カブトムシ亜目 コガネムシ上科 センチコガネ科 オオセンチコガネ属

くらべてわかる甲虫1062種

新品価格
¥1,584から
(2022/9/11 00:19時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ糞虫コガネムシ甲虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ハナムグリは歩いてどこへ行く?

 緑色のハナムグリが歩いていました。

この記事にはの画像があります。


 つや消し緑色で白点があるハナムグリは数種類います。

小青花潜

 よーく見ると、鞘翅のまわりからもふもふの毛が見えています。
  鞘翅にも毛が生えています。
 たぶんコアオハナムグリ。

コアオハナムグリ

 成虫の好物はほかのハナムグリと同じように花の蜜。
 どうしてここにたのかな?

Oxycetonia jucunda

 そんな日もあるのでしょう。

コアオハナムグリ
小青花潜
Oxycetonia jucunda
コウチュウ目 コガネムシ科 ハナムグリ亜科 コアオハナムグリ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コアオハナムグリハナムグリコガネムシ甲虫夏の虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 小さいコガネムシはアシナガコガネのなかま?

 6月の低山。
 黄色くて小さいコガネムシと出会いました。

この記事にはの画像があります。


 コガネムシというとキラキラしているイメージがありますが、つや消しの黄色。
 まるで粉をふているようで、その粉が落ちたように所々が黒くなています。
 そして後足がちょっと長め?

ヒメアシナガコガネ

 大きさは1センチくらい。
 小さなコガネムシです。

Ectinohoplia obducta

 色と大きさからすると、アシナガコガネのなかま?
 そのなかでも一番普通に見られるヒメアシナガコガネ?

 きれいでちっちゃくてかわいいコガネムシですが、幼虫は芝生の根を食べる害虫。
 成虫になるといろんな木の葉や花を食べる害虫。
 小さくても、ときに大発生して農業被害を出してしまうことも。
 見掛けによらない?

ヒメアシナガコガネ
Ectinohoplia obducta
コウチュウ目 コガネムシ科 コフキコガネ亜科 アシナガコガネ族 ヒメアシナガコガネ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメアシナガコガネアシナガコガネコフキコガネコガネムシコウチュウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年最後(仮)のセンチコガネはどっち?

 もう10月。
 今年もあと2ヶ月足らず。
 暦の上でも秋真っ盛り。

この記事にはの画像があります。


 低山でセンチコガネと出会いました。
 センチコガネと出会うとやることは、オオセンチコガネかセンチコガネか見分けること。
 わかりやすいのは、頭のところにある半円の盾のような頭楯の形。
 きれいな弧を描いていたら、センチコガネ。
 両サイドが直線的で全体が台形っぽかったらオオセンチコガネ。


 出会ったのは和泉山脈。
 大阪と奈良和歌山の境に連なる生駒山地・金剛山地、和泉山脈ではいつも出会うのはセンチコガネ。
 オオセンチコガネとはっきりわかるものとは出会ったことがありません。


 さて、このセンチコガネは。


 やはり、センチコガネでした。
 でも、今までこんな緑色のオオセンチコガネの「ミドリセンチコガネ」のような緑色のセンチコガネははじめてです。


 センチコガネは寒くなっても死なずに冬眠するので、11月でも暖かければ動き回りますが、これが今年最後のセンチコガネとの出会いかもしれません。

くらべてわかる 甲虫1062種 (くらべてわかる図鑑)

新品価格
¥1,980から
(2021/10/4 23:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネコガネムシ甲虫和泉山脈

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年最初のセンチコガネはやっぱりセンチコガネ

 7月の低山。
 今年最初のセンチコガネと出会いました。

この記事にはの画像があります。


 センチコガネはキラキラときれいなコガネムシの仲間。
 そして動物のうんこを食べる掃除屋さん。

 同じような環境に住むセンチコガネには、センチコガネとオオセンチコガネがいます。
 ここは和泉山脈。
 いままでオオセンチコガネは、あやしいのに1回出会っただけ。
 なぜかセンチコガネばかり。
 紀ノ川を越えた紀伊山地には青いオオセンチコガネがいるというのに。


 今回も頭の平らなところ(頭楯)が半円形なので、センチコガネ。


 どうやら紀ノ川には住んでいる生き物の種類が変わる分布境界線があるようです。
 とりあえず、仮称「紀ノ川線」としておきましょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネコガネムシ甲虫和泉山脈

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS