【 ケラトプシア類】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」で ケラトプシアを並べてみる!


 トリケラトプスの仲間、ケラトプシア類がたくさん展示されている「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」。

 最初は体も小さく、二足歩行もできていたケラトプシア類ですが、体と後頭部のフリルが次第に大きくなり、完全な四足歩行に変わっていく様子が見て取れます。

 といっても、時代と地域に分けて展示されているので会場中に広がっていて、くらべて見にくいところもあります。




会場があるセンター入り口の案内板




 ということで、会場のケラトプシア類の頭部を同じ向きにして並べてみました。



見やすくするために画像の角度などを調整しています。
一部の画像では左右を反転させています。
実物の大きさの比率は反映されていません。
並ぶ順はあくまでおおよその古い順で、時間を正確には反映していません。
また、進化の系統を表していません。




アジア大陸のケラトプシア類 ララミディア大陸のケラトプシア類
ジュラ紀 2億130万~1億4500万年前
最初のケラトプシア類
インロン

ジュラ紀後期 オックスフォーディアン
1億6350万~1億5730万年前
中国 新疆ウイグル自治区
成体復元モデル
ジュラ紀後期のアジア大陸でケラトプシア類は誕生しました。

今の北アメリカ西部にあたるララミディア大陸とアジア大陸は繋がっていなかったので、ケラトプシア類はまだアジアにいました。
白亜紀 1億4500万~6600万年前
ホンシャノサウルス

白亜紀前期 バレミアン-アルビアン
1億2940万~1億50万年前
中国 遼寧省
下顎がないようです
※画像の左右を反転させています。
白亜紀になってもまだアジア大陸とララミディア大陸はつながっていません。
アルバロフォサウルス

白亜紀前期 バレミアン-アルビアン
1億2940万~1億50万年前
石川県 白山市
プシッタコサウルス

白亜紀前期 アプチアン-アルビアン
1億2500万~1億50万年前
モンゴル ドルノゴビ県
アーケオケラトプス

白亜紀前期 アルビアン
1億1300万~1億50万年前
中国 甘粛省
※画像の左右を反転させています。
白亜紀後期 チューロニアン 9390万~8980万年前

アジア大陸と地続きになった現在のベーリング海峡から
ララミディア大陸にケラトプシア類が渡ってくる

ララミディア大陸最古のケラトプシア類
ズニケラトプス

白亜紀後期 チューロニアン
9390万~8980万年前
アメリカ ニューメキシコ州
白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
ララミディア大陸でケラトプシア類の多様化と拡散

「恐竜戦国時代」

ディアブロケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
アメリカ ユタ州
セントロサウルス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
カナダ アルバータ州
※画像の左右を反転させています。
スティラコサウルス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
カナダ アルバータ州
頭部模型
※画像の左右を反転させています。
カスモサウルス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
カナダ アルバータ州
コスモケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
アメリカ ユタ州
ユタケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
アメリカ ユタ州
ナストケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
アメリカ ユタ州
バガケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
モンゴル
パキリノサウルス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
カナダ アルバータ州
プロトケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
モンゴル
※画像の左右を反転させています。
コアウイラケラトプス

白亜紀後期 カンパニアン
8360万~7210万年前
メキシコ コアウイラ州
※画像の左右を反転させています。

トリケラトプスと同時代の
ケラトプシア類
トロサウルス

白亜紀後期 マーストヒチリアン
7210万~6600万年前
アメリカ サウスダコタ州
下顎がありません
最後のケラトプシア類
トリケラトプス

白亜紀後期 マーストヒチリアン
7210万~6600万年前
アメリカ サウスダコタ州
この化石の名前は「ホーマー」
6600万年前 K/Pg境界の大量絶滅
ケラトプシア類を含む恐竜が絶滅


1/3あたりの白い線がK/Pg境界



 こうして並べてみておもしろいのは、アジアではプロトケラトプスになるまであまり変わらなかったフリルが、ララミディア最初のケラトプシア類のズニケラトプスでもう角と一緒に大きくなっています。

 体も頭も小さかったケラトプシア類がララミディア大陸に渡ったとたん、体とフリルが大きくなったのがわかります。

 そして白亜紀後期のカンパニアンになるとフリルの形の多様化が進み、このままでは無駄が多すぎて絶滅してしまうのでは、と思ったところでトリケラトプスが登場。

 シンプルかつ巨大化戦略でララミディア大陸に広がっていったというのは、とてもおもしろく感じます。




正面から見るとちょっと平べったいトリケラトプス
数千万年も地面に押しつぶされたため?




 それに対してアジアに残ったケラトプシア類はララミディアほどの多様化は見せず、フリルもプロトケラトプスでやっと大きくなったくらい。

 それでも体の大きさはトリケラトプスどころかカスモサウルスほどもありません。
 ライオンどころかオオカミにだってやられてしまいそうです。

 ケラトプシア類にとってなにか都合の良いものがララミディア大陸にはあったのでしょうか。

 それとも、何か偶然がきっかけとなってケラトプシア類の多様化が進む道筋ができたのでしょうか。

 もちろん、すべてのケラトプシア類の化石があるわけではありませんので、展示されているものだけで結論は出せませんが、いろいろ考えると面白そうです。



 会場では、この画像ではわかりにくい歯の変化や前肢(ぜんし)の変化も見ることができます。

 もちろんそれぞれの大きさも。


 ぜひ目で見て確認してみてください。



タグ♦ 恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス ケラトプシア類

■参考外部リンク■
特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!K/Pg境界ケラトプシア類Ceratopsiaインロンディアブロケラトプスセントロサウルスコスモケラトプスユタケラトプスナストケラトプス

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」で でっかい草食恐竜に出会う![大阪市立自然史博物館]


 タイトルにあるようにこの特別展はトリケラトプスが主人公。

 もちろん特別展のテーマとして選ばれるのですから、人気のある恐竜です。



「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」案内板と立て看板と幟
「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」案内板と立て看板と幟
地下鉄長居駅3番出口を出るとこの3点が出迎えてくれました。




 人気の秘密は、頭にある3本の大きな角とその後ろの大きなフリルという、ほかの草食恐竜とちがって頭に剣と盾を持ったようななんだか強そうな姿だからかもしれません。

 このトリケラトプス。

 けっこう変わった恐竜のようです。



 トリケラトプスの変わったところ。

 見ての通り大きな頭。

 角とフリルの大きさだけでなく、頭そのものも結構な大きさです。

 展示されているケラトプシア類(トリケラトプスの仲間)の化石を見ると、頭が大きいのは基本的な姿のようです。



会場入り口で出迎えてくれるトリケラトプスの128cmの大きな頭
会場入り口で出迎えてくれるトリケラトプスの128cmの大きな頭




 展示の後半でトリケラトプスとティラノサウルスが並んでいますが、比べるてみるとトリケラトプスの頭はそれほど大きいようには感じません。

 それはティラのサウルスが頭が大きい恐竜だから。

 出口近くにある同じ草食恐竜のディプロドクスと比べたら、トリケラトプスはびっくりするほどの大きな頭なのがわかります。

 ディプロドクスは全長20mを超える大きな竜脚形類の恐竜。でも展示されている頭は70cm。

 トリケラトプスは全長10m足らずで体は半分以下なのに、入り口で展示されている頭は倍近くの128cm。

 長さが倍近いのですから、大きさはもっとちがいます。

 ただしそれぞれ首と尻尾の割合が全然ちがいますし、展示されているディプロドクスは大人ではないかもしれませんから、単純に比べることはできませんが。



出口近くのディプロドクスの70cmの小さな頭
出口近くのディプロドクスの70cmの小さな頭




 なぜこんなにも頭の大きさに差があるのかというと、ひとつは植物の食べ方のちがいと考えられています。

 ディプロドクスは植物を引きちぎってそのまま丸飲み。

 もちろん丸飲みでは植物はまともに消化できません。

 胃袋の中に溜め込んだ石ですりつぶします。

 ですから頭に強い筋肉はいりませんから大きくなりません。



 ところが、トリケラトプスは歯ですりつぶしてから飲みこむのです。

 つまり、よく噛んで食べる。

 強い力がいりますから、強い筋肉がたくさん必要で、その支えとなるために頭も大きくなります。

 そしてこの食べ方はウシやヒツジのような今の草食哺乳類と同じ。

 ですから、トリケラトプスの歯の役割や並び方もシカやウシやヒツジと似ているところがあります。

 ちがう進化の道筋をたどった生き物が、同じような環境で似たような形になる収斂進化(しゅうれんしんか)の一つの例でしょうか。

 と言っても、シカやウシやヒツジもトリケラトプスほど頭は大きくありませんが。



トリケラトプスの顎
中生代の草食動物のトリケラトプスの顎


シカの顎(常設展第3展示室)
現在の草食動物のシカの顎(常設展第3展示室)
※特別展会場では展示されていません。

顎の先で植物を切りとり、隙間があって、奥の歯ですりつぶすという役割が同じ。



 ケラトプシア類が頭でっかちになりながらララミディア大陸に広がり多様化していくことができたのも、よく噛んで食べることがよかったのかもしれません。

 今の動物でも、繁栄している大型の草食動物の多くはトリケラトプスと同じようによくかんで食べる口や歯になっています。



ララミディア大陸最初のケラトプシア類のズニケラトプス
ララミディア大陸最初のケラトプシア類のズニケラトプス
この時すでにトリケラトプスの顎と同じつくりになっていました。
※ほかの画像と比べやすいように角度を変えています。




 特別展会場の出口近くに現在の牛の仲間の頭の骨も展示されているのですが、下顎が展示されていないのが残念。

 時間があれば博物館本館の常設展第3展示室に行って確認してみてください。

 色々な生き物と比べてみるとおもしろいと思います。

 そして第2展示室には特別展会場にはいない恐竜の化石も展示されています。

 特別展のチケットで常設展示も見られますので、行かないのはもったいない!



■参考外部リンク■
特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプスケラトプシア類ズニケラトプス大阪市立自然史博物館恐竜白亜紀Ceratopsia収斂進化

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」でケラトプスだらけっ![大阪市立自然史博物館 特別展]


内覧会当日は「予告」つきだった長居公園南西入口の案内板
内覧会当日は「予告」つきだった長居公園南西入口の案内板



 大阪市立自然史博物館で「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」がはじまりました。

 サブタイトルは「知られざる大陸ララミディアでの攻防」。

 「ララミディア」は今の北アメリカのロッキー山脈から西側部分のこと。

 恐竜の中でもトップクラスの人気を誇るトリケラトプス。

 そのトリケラトプスがいた中生代白亜紀後期にはこの部分が細長い大陸になっていました。

 当時の北アメリカは、浅い海で隔てられたアパラチア大陸との2つに分かれていたのです。



中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸(展示パネル)
中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸(展示パネル)




 その細長いララミディア大陸で大繁栄したのがトリケラトプスの仲間たち。
 アジアから渡ってきたと考えられています。

 トリケラトプスの仲間は「角竜(つのりゅう)」とよく言われますが、ここでは「ケラトプシア類」という名前で統一されています。

 ケラトプシア類は角があり頭の後ろに「フリル」を持つのが特徴。

 種によって角の数や大きさやフリルの形が変わるので、ちがいがわかりやすい恐竜になります。

 そのケラトプシア類を、登場から多様化(恐竜戦国時代)、そして最終形態のトリケラトプスにまとまっていく様子が展示の中心です。



 今回の面白いところは、入ってすぐに植物化石の展示があること。

 普通、恐竜展での植物化石は無いか後半に申し訳程度に展示されてるくらいですが、ここでは前半と後半の2箇所に展示されています。

 特に後半はトリケラトプスと同じ時代に同じ場所に生えていた植物。

 実際にトリケラトプスが食べていた植物かもしれません。



白亜紀初期の裸子植物クラッソストローブスの雄性球果
白亜紀初期の裸子植物クラッソストローブスの雄性球果
オシベのかたまりです。
日本に生えていたものなのでトリケラトプスのご先祖様が食べていたかもしれません。



 ケラトプシア類で最大の頭の飾りを持つカスモサウルスの頭部成体復元や全身骨格をすぎると、7つのケラトプシア類の頭が迎えてくれます。

 あまり実用的には見えないけどキャラ立ちはしっかりしているものもあれば、実用的に見えるシンプルなものまでいろいろ。

 まるで戦国武将の兜の立物(たてもの)のよう。

 確かに恐竜戦国時代です。

 7つ並んだ「兜」からお気に入りのケラトプシア類を見つけてみるものおもしろいかも。

 どうせなら、人気投票やって「将軍恐竜」を決めてもおもしろそう。



恐竜戦国時代ケラトプシア七雄?
恐竜戦国時代ケラトプシア七雄?
※画像スライドできます ⇒⇒


 ただ「戦国時代」といいますが、互いに闘いながら領土拡大をしていたわけではありません。

 ケラトプシア類が激しく入れ替わった理由は気候の変動で植物の種類が変わったためとも言われていますが、まだはっきりとわかっていないようです。



 戦国時代の次は、トリケラトプスの全身復元骨格が真ん中に展示されています。

 順路に沿ってまわると360°からみることができるうれしい展示です。



ど~んと立ってるトリケラトプスの全身復元骨格
ど~んと立ってるトリケラトプスの全身復元骨格




 フリルのデザインがインフレーションを起こして収集がつかなくなるかと思われたところで現れたケラトプシア類がトリケラトプス。

 最後に現れたとは思えないほどシンプルな角と飾りのトリケラトプスは、ララミディア大陸全域とはいかないまでも結構広い範囲に広がったようです。

 そして、当然草食のトリケラトプスを食べる肉食の恐竜もいたわけです。

 それは、ティラノサウルス。

 全身の復元骨格が展示されています。



 もちろんトリケラトプスと深い関係があります。

 なんとトリケラトプスの化石からティラノサウルスの歯型が見つかっています。

 そう、本当にトリケラトプスを食べていたのです!

 歯型から推測されたトリケラトプスの食べ方をCG画像で再現したパネルもあります!



こちらもほぼ全周から見ることができるティラノサウルス
こちらもほぼ全周から見ることができるティラノサウルス




 展示されている恐竜の種類は決して多くありませんが、ケラトプシア類にしぼっていろいろな角度からとらえた展示。

 本体はもちろん食べ物から解剖図など、まるで今生きている動物のようです。

 恐竜展というとどうしても「恐竜」という造形を中心に展示が作られることが多いように思いますが、今回は「生きている恐竜」を感じます。



 そして忘れてならないのは特別展のガイドブック。

 展示物の資料になると同時に、展示パネルで書ききれなかったと思えるコラムなどいろいろ盛りだくさん。

 単なる展示カタログじゃなくて、これもひとつの恐竜本。

 ミュージアムショップで通販されると思います。



 そしてIWO(いきもの は おもしろい!)が勝手に決めた「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」シークレットアイティム。

 ララミディア戦国記。



ララミディア戦国記はどこにあるのでしょうか?!
ララミディア戦国記はどこにあるのでしょうか?!
背景はぼかしています。




 さあ、どこにあるでしょう。

 見つければいいことがある、かも?



タグ♦ 恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス トリケラトプス 恐竜

■参考外部リンク■
特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプスティラノサウルスケラトプシア類大阪市立自然史博物館恐竜白亜紀Ceratopsia

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS