【 クワゴマダラヒトリ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年4月中旬のチョウ目

 晩春の下赤阪の棚田ビオトープ。
 昆虫もどんどん増えてきました。
 とはいえ、昆虫から切り離したからといってチョウがものすごく多いわけではありません。

この記事にはの画像があります。



動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 タグ:棚田の昆虫
新生類 雄の交尾器がより進化した昆虫
完全変態亜節 蛹になる新生類昆虫
チョウ目 タグ:下赤阪の棚田のチョウ目

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae

チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

スジグロシロチョウとも思いますが、筋があまり黒くないようなので、とりあえずモンシロチョウ。

ベニシジミ(紅小灰蝶)春型
Lycaena phlaeas

チョウ目
シジミチョウ科
ベニシジミ属
タグ:ベニシジミ

幼虫はスイバやギシギシを食べるので、人の生活範囲ではわりと見かけるシジミチョウ。

小さなチョウです。

ウリキンウワバ(瓜金上翅蛾)Anadevidia peponis

チョウ目 ヤガ科 Anadevidia属

幼虫はウリ科やシソ科などどこにでもあるような葉を食べます。

これは若齢幼虫のようです。

成長するともっと角だらけになります。

クワゴマダラヒトリ
(桑胡麻斑灯蛾)
Lemyra imparilis

チョウ目
ヒトリガ科
Lemyra属

幼虫が食べるのはブナ科広葉樹等と書かれていますが実は広食性。

色んなところで目にします。

チョウ目
完全変態亜節
新生類 
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 昆虫綱

 意外とイモムシや毛虫が少なかったような気がしますが、実はイモムシのシーズンは5月から6月。
 里山では落葉樹が葉を広げきったくらいがほんとうに嫌というほどイモムシ・毛虫が現れます。
 うっかりすると、ぶら下がっているのにぶつかってしまいます。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2016/6/5 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/44月の下赤阪の棚田の動物ウリキンウワバクワゴマダラヒトリモンシロチョウベニシジミチョウ目/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年最初のイモハンは


 桜も終わり、大分暖かくなってきました。

 どこかに隠れていた虫たちも活動をはじめました。



この記事にはケムシの画像があります。





 どれもこれも同じに見えてしまうイモムシ。

 それを見分けることができるのが文一総合出版の『イモムシ ハンドブック』。

 通称「イモハン」。



イモムシハンドブック

新品価格
¥1,470から
(2013/4/24 00:13時点)

イモムシハンドブック 2

新品価格
¥1,470から
(2013/4/24 00:14時点)




 そして野山にいいるイモムシを見つけるのが「イモムシ・ハント」。

 略して「イモハン」。



 今年最初のイモハンは、これ ↓



クワゴマダラヒトリ(桑胡麻斑灯蛾)
クワゴマダラヒトリ(桑胡麻斑灯蛾)
鱗翅目 ヒトリガ科
食草・食樹:ヤナギ類,ウツギ,サンゴジュ,クワ,コナラ,アラカシ,
分布:北海道,本州,四国,九州,




 いろんな植物の葉を食べますが、名前の通り(くわ)の害虫の一つです。

 このとき食べていたのは、アジサイの葉。

 ところがアジサイには毒があると言います。

 人間が食べると、食中毒をおこすそうです。



 ということは、クワゴマダラヒトリにとってアジサイは無毒なのでしょうか。

 生き物の中には体に毒を持って食べられないようにする生き物がいます。
 例えば、フグ。

 フグは自分で毒を作っているのではありません。
 毒を持つ生き物を食べてその毒をためているのです。

 と言うことは、クワゴマダラヒトリはアジサイの毒を持っているのでしょうか。




マイマイガっぽいですが頭は小さいクワゴマダラヒトリ




 クワゴマダラヒトリは「イモハン2」に載っていますが、毒はないようです。

 もっともこの場合の毒は毛虫の毛の毒で、食べた時の毒ではありません。

 まあ、毒がなかったとしてもこの毛虫を食べる人はいないでしょうから、それは心配しなくていいと思います。

 ただ、毛に毒はないといってもアレルギーなどを起こすこともありますので、無闇にさわらないほうがいいかもしれません。



◆タグ クワゴマダラヒトリ イモムシ イモハン ◆

■外部リンク■
文一総合出版


繭ハンドブック

新品価格
¥1,470から
(2013/4/24 00:36時点)

虫の卵ハンドブック

新品価格
¥1,680から
(2013/4/24 00:36時点)

昆虫の食草・食樹ハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/4/24 00:37時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クワゴマダラヒトリイモムシイモムシハンドブック

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

六甲山へ行ったので、『イモハン』1&2でイモムシチェック!


 スルッとKANSAIの3dayチケットを使って六甲山(ろっこうざん)へ行って来ました。

 といいつつ、正確には「六甲山地」で、「六甲山」へは行っていません。



 去年の秋コースのちょっと変形で、新神戸駅から布引(ぬのびき)の滝を通って神戸布引ハーブ園をかすめてトエンティクロスを通って森林植物園、徳川道を通って穂高湖(ほだかこ)をかすめて三国池(みくにいけ)のバス停まで。

 その間に出会ったイモムシたちです。



この記事にはイモムシの画像があります。





森の中を歩いて行く徳川道
森の中を歩いて行く徳川道




「イモハン」は文一総合出版の『イモムシ ハンドブック』とその2巻のことです。
ページ数はそれぞれ『イモムシ ハンドブック』初版第4刷と『イモムシ ハンドブック2』初版第1刷のものです。





布引の滝・布引ハーブ園付近の地図




ウスタビガ(薄手火蛾,薄足袋蛾)

チョウ目 ヤママユガ科
イモハン:1巻71頁

幼虫の食餌植物:サクラ,コナラ,等
日本での分布:本州,四国,九州,

[レッドデータ]
 準絶滅危惧種:東京都,
 その他:滋賀県,

ウスタビガ2齢(布引渓谷)
ウスタビガ2齢(布引渓谷)
鮮やかな緑色の体にところどころにまとまって生える硬そうな黒い毛で、てっきり「電気虫」こと毒があるイラガの仲間の幼虫だと思っていました。
もしかしたら、毒があるイラガに姿を似せたベイツ型擬態なのでしょうか。

ベイツ型擬態:
派手で目立つ模様の毒がある生き物に、毒のない生き物が姿を似せる擬態のこと。


ぺっちゃんこのウスタビガの繭(自然の家-三国池道)
ぺっちゃんこのウスタビガの繭(自然の家-三国池道)
道の上に落ちていたのでぺったんこになっていました。
ウスタビガの繭は綺麗な色と独特な形で一度見てみたいものでしたが、これで半分達成です?





ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶)

チョウ目 シジミチョウ科
イモハン:1巻26頁

幼虫の食餌植物:ブナ科,
日本での分布:北海道,本州,四国,九州,

[レッドデータ]
 絶滅危惧II種:福岡県,
 準絶滅危惧種:千葉県,東京都,奈良県,高知県,福岡県,長崎県,
        佐賀県,鹿児島県,

ミズイロオナガシジミ(神戸布引ハーブ園遊歩道)
ミズイロオナガシジミ(神戸布引ハーブ園遊歩道)
シジミチョウの幼虫らしく小さく平べったい体です。
背中の中央が盛り上がり、平たい三角形の体です。
3つとも左側が頭です。

ミズイロオナガシジミを斜めから見たところ
ミズイロオナガシジミを斜めから見たところ

ミズイロオナガシジミを裏から見たところ
ミズイロオナガシジミを裏から見たところ





クワゴマダラヒトリ(桑胡麻斑灯蛾)

チョウ目 ヒトリガ科
イモハン:2巻77頁

幼虫の食餌植物:バラ科,ブナ科,ヤナギ科,クワ科、他多数
日本での分布:北海道,本州,四国,九州,屋久島,

クワゴマダラヒトリ(神戸布引ハーブ園遊歩道)
クワゴマダラヒトリ(神戸布引ハーブ園遊歩道)





ナンカイカラスヨトウ(なんかい烏夜盗)?

チョウ目 ヤガ科
イモハン:未掲載

幼虫の食餌植物:グミ科:アキグミ
日本での分布:本州,伊豆諸島,九州,屋久島,奄美大島,沖縄島,

ナンカイカラスヨトウ?(布引渓谷)
ナンカイカラスヨトウ?(布引渓谷)
おしりの方に小さな角「尾角」がついているのでスズメガの一種と思ったのですが、背中の中央に走る白い線からナンカイカラスヨトウではないかと思います。





ハバチの幼虫?

ハチ目?

ハバチの幼虫?(神戸布引ハーブ園遊歩道)
ハバチの幼虫?(神戸布引ハーブ園遊歩道)
見た目はカブラハバチ(蕪葉蜂)の幼虫ナノクロムシ(菜の黒虫)によく似ていますがナノクロムシ(1~2センチ)よりもちょっと大きいような気がします。
カブラハバチはその名の通り蝶ではなく蜂ですが、蝶や蛾以外でも「イモムシ」状の幼虫は蜂や甲虫の一部などにいます。


ハバチの幼虫?(神戸布引ハーブ園遊歩道)
ハバチの幼虫?(神戸布引ハーブ園遊歩道)
蝶・蛾の幼虫のようにも思いますが、『イモムシ ハンドブック』でもWebでも見つけることができませんでした。
ということで、無理矢理ハバチの幼虫ということにしました。





 今回は久しぶりの六甲山地だったので歩くことを基本にしていました。
 ということでイモムシは目についたものだけ。

 じっくり探せばこんなものではないでしょう。
 きっとウスタビガの潰れていない繭も見つかったに違いありません。



 そして『イモムシ ハンドブック』も2冊になりました。

 これでおよそ470種類のイモムシの図鑑になります。

 ただこの図鑑の「イモムシ」は蝶・蛾に限ったもの。

 イモムシを注意深く見てみると、ハバチやテントウムシなどのように、蝶・蛾の幼虫ではない「イモムシ」もいるようです。

 蜂や甲虫などの蝶・蛾以外の「イモムシ」を含めた新しい『イモムシ ハンドブック』の登場を期待しています!



昆虫の食草・食樹ハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2012/5/17 11:44時点)

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,470から
(2012/5/17 11:44時点)

イモムシハンドブック 2

新品価格
¥1,470から
(2012/5/17 11:45時点)

■外部リンク■
文一総合出版

神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)
Tokiwaの山歩紀

日本のレッドデータ検索システム
スルッとKANSAI


◆関連リンク◆ 〔イモムシ〕 〔イモハン〕 〔六甲山地〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 六甲山地の昆虫六甲山地徳川道イモムシハンドブックウスタビガミズイロオナガシジミクワゴマダラヒトリレッドデータハンドブック(文一総合出版)六甲山の昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS