【 クモ/SA-tanada】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)―下赤阪の棚田のクモ

 棚田は稲が密集して生えるので、食べようと草食の虫たちが集まってきます。
 そうなると、虫を食べようとクモもやってきます。
 巣を張るクモもいれば、このように走り回って捕らえるクモもいます。

この記事にはの画像があります。


動物界 節足動物門 鋏角亜門
クモ綱 クモ目 タグ:下赤阪の棚田のクモ

イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)Dolomedes sulfueus

クモ目 キシダグモ科 ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ


2016年10月上旬

クモというと、巣を張るイメージがありますが、巣を張らず、走り回って餌を捕らえるタイプ。

水田から草地や林など広い範囲に住むよくいる普通のクモ。

ただ、色や模様にいくつものタイプがあり、ちがう種とされていたこともあります。

名前の由来は、硫黄のような黄褐色だからですが、もはや名は体を表していません。
よくいるクモなのに、よくわからないクモになっています。

ということで、このクモもちがう種類の可能性があります。


2016年10月上旬

今まで下赤阪の棚田で出会ったイオウイロハシリグモと思われるクモ


2015年11月上旬

2015年10月上旬

2015年6月上旬

2014年9月下旬
動物界 節足動物門 鋏角亜門 クモ綱 クモ目

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イオウイロハシリグモ下赤阪の棚田下赤阪の棚田の動物虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ヤサガタアシナガグモ(優形足長蜘蛛)下赤阪の棚田の8月のクモ目

この記事にはの画像があります。


動物界 節足動物門
鋏角亜門 クモ綱  タグ:棚田のクモ

ヤサガタアシナガグモ
(優形足長蜘蛛)
Tetragnatha maxillosa

クモ目
アシナガグモ科
アシナガグモ属

体が細長く、脚も細長いクモ。
脚をピンと伸ばすと小枝のようになります。

ヤサガタアシナガグモは上顎が大きく牙が目立つのが特徴。
まっすぐ棒状になる体と足のなかで、はみ出すほど大きな牙です。

鋏角亜門 クモ綱
動物界 節足動物門

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

クモハンドブック

新品価格
¥1,620から
(2016/10/4 23:38時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/88月の下赤阪の棚田の動物ヤサガタアシナガグモクモ/SA-tanada虫/SA-tanada益虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 11月上旬の完全変態の昆虫・クモ編

 暦の上では冬だというのに、まだまだ昆虫たちが動き回っている11月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。
 そのままの姿で冬越しするものから、次世代へつないだものまで。
 初冬の虫といってもいろいろです。

この記事にはの画像があります。


下赤阪の棚田を南から見ると中学校が見えます

動物界
節足動物門
六脚亜門 昆虫綱 タグ:下赤阪の棚田の昆虫
新翅節 内翅上目 蛹になる昆虫
甲虫目

ナナホシテントウ(七星天道)Coccinella septempunctata

甲虫目 テントウムシ科 コッキネラ属
タグ:ナナホシテントウ

成虫で冬越しするので、真冬でも暖かければ出てくることがあります。

甲虫目
節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハエ目

オオハナアブ(大花虻)Phytomia zonata のメス

ハエ目 ハナアブ科 ナミハナアブ属
タグ:オオハナアブ

おなかに太くて黄色い帯があるのが特徴。

ほかのアブと同じように複眼と複眼の間が広いので、メス。
くっついているとオス。

セスジハリバエ(背条針蝿)Tachina nupta

ハエ目 ヤドリバエ科 Tachina属

名前のように体に黒くて太い(ハエの体からすると)針のような毛が生えているのでハリバエ。

おなかの左右が黄色いのも特徴。

幼虫はチョウやガの幼虫に寄生します。

ハエ目
節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
チョウ目

アカタテハ(赤立羽)Vanessa indica

チョウ目 タテハチョウ科 アカタテハ属
タグ:アカタテハ

成虫で冬越しします。

タテハチョウ科の特徴は、前肢が小さくなって折りたたまれているので、4本(片側2本)脚に見えること。

アカタテハも片側2本です。

モンキチョウ(紋黄蝶)
Colias erate

チョウ目
シロチョウ科
モンキチョウ属
タグ:モンキチョウ

成虫で冬越しします。

シロシタヨトウ(白下夜盗)Sarcopolia illoba の幼虫

チョウ目 ヤガ科 Sarcopolia属

ヨトウガらしく様々な野菜を食べます。

ヨトウガらしく昼間は土の中に潜って夜に活動します。

蛹で冬越ししますので、蛹になるところ探しているのかもしれません。

フクラスズメ(脹雀)Arcte coerula の幼虫

チョウ目 ヤガ科 フクラスズメ属
タグ:フクラスズメ

ウスムラサキイラガ Austrapoda hepatica の幼虫

チョウ目 イラガ科 Austrapoda属

大きさも見た目もちょっと大きいシジミチョウの幼虫のですが、イラガ。

もちろん毒を持っています。

まるで毛など生えていないようですが、よく見るとちゃんと毒刺毛が生えています。

キハラゴマダラヒトリ(黄腹胡麻斑燈取蛾)?の幼虫
Spilosoma lubricipedum sangaicum

チョウ目 ヒトリガ科 Spilosoma属
タグ:キマダラゴマヒトリ

よく似た虫にアカハラゴマダラヒトリがいますが、背中の筋が黄色いのできっとキハラゴマダラヒトリ?

名前の由来は成虫の腹部の色です。

チョウ目
節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハチ目

セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)Apis mellifera

ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属
タグ:セイヨウミツバチ

ハチ目
新翅節 内翅上目
六脚亜門 昆虫綱
節足動物門
鋏角亜門 クモ綱 クモ目 タグ:下赤阪の棚田のクモ

クリチャササグモ Oxyopes badius

クモ目 ササグモ科 ササグモ属

腹部の模様がクリチャササグモっぽいので。

そしてササグモらしく脚に長い毛が生えているので。

イオウイロハシリグモ
(硫黄色走蜘蛛)
Dolomedes sulfueus

クモ目
キシダグモ科
ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ

ジョロウグモ(女郎蜘蛛)
Nephila clavata の遺体

クモ目
ジョロウグモ科
ジョロウグモ属
タグ:ジョロウグモ

メスなので、産卵して力尽きたのでしょうか。

鋏角亜門 クモ綱 クモ目
節足動物門
動物界

 冬と言ってもまだまだ外温動物(変温動物)の虫たちはたくさん活動しています。
 実は、真冬でも暖かったら活動する虫も。  さすが大絶滅を何度も乗り越え、氷河期を何度も乗り越えただけのことはあります。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/1111月の下赤阪の棚田の動物オオハナアブセスジハリバエシロシタヨトウウスムラサキイラガクリチャササグモ昆虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 10月上旬の昆虫・クモ編

 冬が目前に迫ってきているというのに、まだまだいろいろな虫たちが活動している下赤阪の棚田ビオトープ。
 越冬するものもしないものも、ぎりぎりまでがんばっているようです。

この記事にはの画像があります。



すっかり稲刈りが終わった棚田もある10月上旬の下赤阪の棚田

動物界
節足動物門
昆虫綱 タグ:下赤阪の棚田の昆虫
旧翅節 トンボ目

アキアカネ(秋茜)Sympetrum frequens

トンボ目 トンボ科 アカネ属
タグ:アキアカネ

旧翅節 トンボ目
節足動物門 昆虫綱
新翅節
多新翅上目 バッタ目

クルマバッタモドキ
(車飛蝗擬)
Oedaleus infernalis

バッタ目
バッタ科
Oedaleus属
タグ:クルマバッタモドキ

名前にあるようにクルマバッタに似ています。

クルマバッタは背中に盛り上がりがあり、クルマバッタモドキは白い「><」模様があります。

コバネイナゴ(小翅稲子)
Oxya yezoensis

バッタ目
バッタ科
イナゴ属
タグ:コバネイナゴ

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)Acrida cinerea

バッタ目 バッタ科 ショウリョウバッタ属
タグ:ショウリョウバッタ

多新翅上目 バッタ目
節足動物門 昆虫綱 新翅節
外翅上目 カメムシ目

ヒメナガカメムシ
(姫長亀虫)
Nysius plebeius

カメムシ目
マダラナガカメムシ科
Nysius属

体が小さい(5mmくらい)上に、花にやってくるのでコバエのように見えます。

でもじっくり見ると、細めのカメムシです。

外翅上目 カメムシ目
節足動物門 昆虫綱 新翅節
内翅上目
ハエ目

ツマグロキンバエ(褄黒金蝿)Stomorhina obsoleta

ハエ目 クロバエ科 Stomorhina属

メタリック風の体に、横縞模様の複眼が特徴のハエ。

幼虫は動物の死骸などを食べますが、成虫は花粉や花の蜜を食べます。

見た目と合わせてギャップハエ。

ハエ目
節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
チョウ目

ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶)Curetis acuta paracuta

チョウ目 シジミチョウ科 ウラギンシジミ属

シジミチョウとしては大きいチョウ。
普通の蝶としては、小さい中型って感じですが。

名前のように翅の裏側が銀色のシジミチョウ。

飛んでるとよく目立ちます。

翅の表はかなり渋め模様。

ヤマトシジミ
(大和小灰蝶,大和蜆蝶)
Pseudozizeeria maha

チョウ目
シジミチョウ科
ヤマトシジミ属
タグ:ヤマトシジミ

キタテハ(黄立羽)
Polygonia c-aureum

チョウ目
タテハチョウ科
キタテハ属
タグ:キタテハ

「“黄”立羽」ですが、翅の裏を見ていると落葉のようで、本当は「“木”立羽」じゃないかと思えてきます。

チャバネセセリ(茶羽挵)
Pelopidas mathias

チョウ目
セセリチョウ科
チャバネセセリ属
タグ:チャバネセセリ

チョウ目
節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハチ目

スミスハキリバチ
Megachile humilis

ハチ目
ハキリバチ科
Megachile属

葉を切り取るハキリバチ。

土の中に切った葉を詰めて巣をつくります。

ところが、幼虫が食べるのは花の蜜と花粉を混ぜたものです。

ハチ目
内翅上目
新翅節
昆虫綱
節足動物門
クモ綱 クモ目 タグ:下赤阪の棚田のクモ

イオウイロハシリグモ
(硫黄色走蜘蛛)
Dolomedes sulfueus

クモ目
キシダグモ科
ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ

下赤阪の棚田では、よく見るクモ。

オオシロカネグモ(大銀蜘蛛)
Leucauge magnifica

クモ目
アシナガグモ科
Leucauge属
タグ:オオシロカネグモ

ササグモ(笹蜘蛛)
Oxyopes sertatus

クモ目
ササグモ科
ササグモ属
タグ:ササグモ

イオウイロハシリグモと同じように下赤阪の棚田では、よく見るクモ。

ジョロウグモ(女郎蜘蛛)Nephila clavata

クモ目 ジョロウグモ科 ジョロウグモ属
タグ:ジョロウグモ

どちらもメス。

左は産卵前でお腹がふくらんだメス。

右は産卵終わったメス?

どちらも脚が取れているので、ここにくるまでの間に色々あったようです。

クモ綱 クモ目
節足動物門
動物界

 10月になって、いつものように赤とんぼがよくとまってくれるようになりました。
 やるべきことはすべて終わったのたのでしょうか。
 冬が近づいてきたことを感じます。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2015/11/21 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/1010月の下赤阪の棚田の動物クルマバッタモドキヒメナガカメムシツマグロキンバエウラギンシジミスミスハキリバチ昆虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 7月中旬の昆虫以外の動物編

 イネがどんどん成長して虫が増えてきた7月中旬の下赤阪の棚田。
 虫が増えるということは、虫を食べる生き物も増えてきます。
 たとえば、クモ。

この記事にはの画像があります。



全体が緑で段々がわかりにくくなった7月中旬の下赤阪の棚田

動物界
節足動物門
鋏角亜門 クモ綱
オオシロカネグモ(大銀蜘蛛)Leucauge magnifica
クモ目 アシナガグモ科 Leucauge属
タグ:オオシロカネグモ
小さいクモですが、スリムでキラキラとしていて、きれいなクモです。
ササグモ(笹蜘蛛)Oxyopes sertatus の幼体
クモ目 ササグモ科 ササグモ属
タグ:ササグモ
種不明のクモ
クモ目
特徴的な模様なのですぐ見つかるかと思ったのですが、見つけられませんでした。

腹部の模様や透明っぽい頭胸部がきれいなクモです。
イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)?の脱殻
Dolomedes sulfueus
クモ目 キシダグモ科 ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ
クモの脱殻。

大きめのクなので、今まで何度もここで出会っているイオウリオハシリグモではないかもと思います。

腹部はクニャクニャですが、脚などはきれいに抜けています。
鋏角亜門 クモ綱
動物界 節足動物門
甲殻亜門 鰓脚綱
カイエビ(貝蝦)
Caenestheriella gifuensis
双殻目
カイエビ科
Caenestheriella属
タグ:カイエビ

結局カブトエビは見かけず、カイエビばかりでした。

それでも、6月とくらべると数は減っているようでした。
甲殻亜門 鰓脚綱
節足動物門
動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
両生綱
ヌマガエル(沼蛙)
Fejervarya kawamurai
無尾目
アカガエル科
ヌマガエル属
タグ:ヌマガエル

背中の“イボ”が細長くなっているので、ヌマガエル。

太くて短かったらツチガエル
ニホンアマガエル
(日本雨蛙)
Hyla japonica
カエル目
アマガエル科
アマガエル属
タグ:ニホンアマガエル
トノサマガエル
(殿様蛙)?の幼生
Rana nigromaculata
カエル目
アカガエル科
アカガエル属
タグ:トノサマガエル

三角形の頭と腹がひとつになった胴部からトノサマガエルとしました。

もちろん、棚田に普通にいるカエルです。
両生綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
チュウサギ(中鷺)Ardea intermedia
コウノトリ目 サギ科 アオサギ属
サギ類が棚田の中を歩いているのを始めて見ました。

ダイサギとチュウサギはよく似ていています。

見分け方の一つが口。

クチバシの切れ込み(口角)が目の下あたりまでがチュウサギ。
目の下をこえて後まで行っていたらダイサギ。

ということで、チュウサギ。
鳥綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界

 いそうでなかなか出会えなかったサギと出会えました。
 今回はチュウサギ。
 水辺ならどこにでもいるアオサギとはまだ。
 会えるのはいつか、楽しみです。

タグ♦ 下赤阪の棚田の2015年
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2015/8/6 20:16時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/077月の下赤阪の棚田の動物チュウサギオオシロカネグモカイエビヌマガエルトノサマガエルクモ/SA-tanada虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 6月上旬の昆虫以外の動物編

 暖かくなって虫たちとたくさん出会うようになった6月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 もちろん、水が入った田んぼの中にはすでにいろんな生き物たちがいます。

この記事にはの画像があります。



水が張られた下赤阪の棚田と嶽山

動物界
節足動物門
鋏角亜門 クモ綱
イオウイロハシリグモ
(硫黄色走蜘蛛)
Dolomedes sulfueus
クモ目
キシダグモ科
ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ
ササグモ(笹蜘蛛)
Oxyopes sertatus の幼体
クモ目
ササグモ科
ササグモ属
タグ:ササグモ
鋏角亜門 クモ綱
動物界 節足動物門
甲殻亜門 鰓脚綱
カイエビ(貝蝦)Caenestheriella gifuensis
双殻目 カイエビ科 Caenestheriella属
カブトエビ、ホウネンエビとともに田んぼの甲殻類。

でも知名度は一番低い。

名前のように二枚貝のような殻を持ています。

貝と同じようにその殻の中に体を全部しまうことができます。

でもやわらかいので、どれだけ防御の役に立つかはわかりません。
ホウネンエビ(豊年蝦)Branchinella kugenumaensis
無甲目 ホウネンエビ科 ホウネンエビ属
タグ:ホウネンエビ
お腹を上に向け、背中を下にむけて泳ぐ変わった甲殻類。

でも、餌を食べるときは下を向くこともあります。
甲殻亜門 鰓脚綱
節足動物門
動物界
環形動物門
貧毛綱
フトミミズ (太蚯蚓)類 Pheretima
ナガミミズ目 フトミミズ科 フトミミズ属
大きめのミミズです。

よく見ると田んぼの土に這った跡があります。

ミミズは水中でも窒息することはありません。

でも、太陽の光が苦手ですので早く土にもぐらないと大変です。

時に畦に穴を開けて田んぼの水を抜くことがあるので、農家には嫌われることもあります。
貧毛綱
環形動物門
動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
両生綱
ツチガエル(土蛙)Rana rugosa の幼生
カエル目 アカガエル科 アカガエル属
タグ:>ツチガエル
別名イボガエル。

というか、こちらのほうが有名。

オタマジャクシはどれもよく似ているのでいつも困ってしまいます。

体に黒いまだらもようがあるので、ツチガエルのおたまじゃくしとしました。

もちろん、この棚田にいるカエルです。
ヌマガエル(沼蛙)Fejervarya kawamurai
無尾目 アカガエル科 ヌマガエル属
タグ:ヌマガエル
オタマジャクシは尾のまだら模様でヌマガエルとしました。

蛙になってもツチガエルに似ていますが、背中の「イボ」が細長く「イボ」っぽくないのが特徴です。

まだまだ小さいですが、成体(カエル)になったヌマガエルもいました。
トノサマガエル(殿様蛙)Rana nigromaculata ?の幼生
カエル目 アカガエル科 アカガエル属
タグ:トノサマガエル
お腹のほうがふくらんだいかにもオタマジャクシらしい姿。

そして背中の「八」字型の模様からトノサマガエルに。

カエルには出会いませんでした。

ヌマガエルよりも成長が遅いのでしょうか。
両生綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)
Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥
タグ:モズ
鳥綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界

 やっと田植えが始まったばかりというのに、オタマジャクシはカエルになり、カイエビやホウネンエビも大きくなっています。

 ところが、カブトエビはみかけません。

 もとからほとんどの田んぼにはいないのですが、いつもいる田んぼにも今年はいません。

 カブトエビ、どうした?

タグ♦ 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/066月の下赤阪の棚田の動物カイエビホウネンエビフトミミズツチガエルヌマガエルトノサマガエルクモ/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 5月下旬のチョウ目・クモ目・脊椎動物編

 はじめてやあまり出会いのなかった生き物ばかりで長くなった5月の下赤阪の棚田ビオトープの生き物たちの紹介も、これでおわり。

 いろいろな種類の生き物がいます。

この記事にはの画像があります。



中学校側から見た黒い土が見えている棚田

動物界
節足動物門
六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
キムジシロナミシャク Asthena corculina
チョウ目 シャクガ科 Asthena属
銀地に波模様のガ。

感じ方は人それぞれですが、こんな“きれい”なガも少なくありません。

幼虫はミズキを食べます。

ということは、この棚田の何処かにミズキがあるのかも。
ヒメヤママユ Saturnia jonasii jonasii
チョウ目 ヤママユガ科 Saturnia属
毛が伸びる前の小さなクスサンかと思ったら、ちがう種類でした。

舗装道路の上を歩いていたのですが、葉を食べつくして新しい食べ物をさがしている途中?

成虫はいかにも「蛾」らしいガ。
六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
動物界 節足動物門
鋏角亜門 クモ綱
チュウガタシロカネグモ Leucauge blanda
クモ目 アシナガグモ科 シロカネグモ属
シロカネグモの仲間は、銀色の腹部が特徴。

種類によっては、イカやタコのように色を変えることができるのもいるそうです。

横に倒れたような水平な巣をつくるのもシロカネグモの仲間の特徴です。
ササグモ(笹蜘蛛)Oxyopes sertatus の幼体
クモ目 ササグモ科 ササグモ属
タグ:ササグモ
巣を張らないクモ。

もちろん食べるのはほかの虫。

ですからササの葉以外にもいます。

というか、ササ以外で見かけることのほうが圧倒的に多いクモ。
鋏角亜門 クモ綱
節足動物門
動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス
キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥
タグ:キジ
棚田では鳴き声はよく耳にするキジ。

春には母衣(ほろ)打ちも聞こえていました。

でも姿はあまり見せてくれません。

メスはもっと姿を見せません。
ハシボソガラス(嘴細烏)
Corvus corone
スズメ目
カラス科
カラス属
全長50cm
留鳥
タグ:ハシボソガラス
鳥綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
両生綱
ニホンアマガエル
(日本雨蛙)
Hyla japonica
カエル目
アマガエル科
アマガエル属
タグ:ニホンアマガエル
トノサマガエル(殿様蛙)
Rana nigromaculata
カエル目
アカガエル科
アカガエル属
タグ:トノサマガエル
両生綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界

 文字通り出会った生き物ではなく、紹介しているのは写真が撮れたものだけ。

 ということで、動物はどうしても虫が多くなってしまいます。

 でも、種類が多くておもしろいのが虫だったりします。

 田んぼに水が入ると、もっといろいろな虫が増えてきます。

 虫嫌いの人には申し訳ありませんが、楽しみです。

タグ♦ 下赤阪の棚田の昆虫 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2015/6/20 20:15時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/055月の下赤阪の棚田の動物キムジシロナミシャクヒメヤママユチュウガタシロカネグモササグモキジ昆虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる