【 クダホコリ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ちっちゃい虫の謎が少しとけた!

 大阪近辺の低山で変形菌を見かけたとき、ときおりひっついている謎の小さな虫。

この記事にはの画像があります。


 昆虫なのかダンゴムシなのか、はたまたダニか何かの仲間か。
 その謎の虫の正体がやっとわかった!
 かもしれません。

 たぶん。
 トビムシ。
 その中のヤマトビムシの仲間?

原生粘菌ツノホコリとヤマトビムシの仲間?
ツノホコリ

 種までわかったわけではありませんが、とりあえずトビムシらしいとわかったことはけっこううれしい。

ツノホコリの子実体になりそうな変形体とヤマトビムシの仲間?
ヤマトビムシ

 トビムシは脚が6本ですが、昆虫ではありません。
 昆虫と同じ節足動物門の六脚亜門ですが、昆虫とは兄弟の内額類。
 顎が飛び出している昆虫とちがって頭部の中に入っていて、翅がない虫の仲間。
 トビムシの仲間は朽ちかけた落ち葉の下などにたくさんいますが、ヤマトビムシの仲間には変形菌を食べるものもいるようです。

変形菌クダホコリの子実体とヤマトビムシの仲間?
クダホコリ

 よくみかけるちっちゃい虫のことがちょっとわかって、なんかうれしい。

ヤマトビムシ亜科
Pseudachorutinae
節足動物門 六脚亜門 内顎綱 トビムシ イボトビムシ科 ヤマトビムシ亜科

昆虫 新版 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

新品価格
¥2,178から
(2022/10/14 00:13時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマトビムシトビムシ内顎類ツノホコリクダホコリ原生粘菌変形菌

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年は少なくて小さい? 変形菌のクダホコリ

 6月の金剛山で出会った変形菌。
 いつもは色々出会うのに、今年はとても少ないような気がします。

管埃

 少しオレンジがかった赤い色で、ウインナーソーセージのような形のものがたくさん並んでいます。
 多分クダホコリ。

クダホコリ

 いつも出会うクダホコリは、もっと大きな塊ですが、小さいのがぽつんとあるだけ。
 今年の短い梅雨のせいなのかな?

クダホコリ
管埃
Tubifera ferruginosa
変形菌門 コホコリ目 ドロホコリ科

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,278から
(2022/7/8 00:00時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クダホコリ変形菌金剛山の変形菌金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨 変形菌と食べる虫たち ふしぎがいっぱい

 梅雨は変形菌の季節。
 いや、他のシーズンもいるのですが、変形菌素人にとって梅雨は見つけやすい季節です。

 金剛山の千早本道八合五勺付近。
 たぶんクダホコリ。
 里山でもよく見かける普通の変形菌。


 よく見ると、小さな虫がいます。
 カタツムリは多分、コハクガイの仲間じゃないかと思います。
 その隣りにいるのは?


 昆虫のようですが、こんな小さい虫は、ほんとまったくわかりません。
 変形菌はそんなに栄養があるのでしょうか?
 変形菌はそんなにいつもあるようなものじゃないと思うのですが、食べ物は大丈夫なのでしょうか?
 ふしぎがいっぱいです。

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,278から
(2020/7/6 22:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クダホコリ変形菌コハクガイ金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年の変形菌・粘菌との出会いは、ちょっと少ないなぁ

 変形菌は梅雨以外にも活動していますが、見つけやすいのが梅雨。  今年の梅雨は、はじまった途端大雨でしたが、その後は天気は悪いものの、雨は中途半端。
 そのためでしょうか、なかなかいい感じの変形菌とは出会えない梅雨でした。

森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん

新品価格
¥1,728から
(2016/7/30 21:54時点)

 「変形菌」。
 昔は「粘菌」とよばれていました。
 小さくて胞子で増えるところはカビと同じです。
 ただ、胞子から生まれると動きまわって微生物などを食べます。
 そういうところはアメーバと同じ。
 あるときはアメーバ、あるときはカビ。
 変形菌は面白い生き物です。

 バリエーションに乏しい今年の梅雨時の変形菌・粘菌です。

変形菌類 モジホコリ亜綱

ウツボホコリ
ケホコリ目ウツボホコリ科
近寄るとスポンジ状の表面が見たはずなのですが、何故か近寄りませんでした。
失敗。
クダホコリ
コホコリ目ドロホコリ科
上のオレンジ色が、時間がたつと下の白いチョコレート色になります。
アミホコリ?
コホコリ目アミホコリ科
小型のキノコでこのような形をしているものがあります。
これは傘の形になってないようなので、変形菌だと思います。

原生粘菌類 ツノホコリ亜綱

ツノホコリ目ツノホコリ科
原生粘菌類は、変形菌とよく似た姿をしています。
でもとても小さく、子実体(胞子を作る部分)の構造にちがいがあるので、変形菌とは別のグループになっています。
ただ、ツノホコリの仲間は変形菌とおなじくらいの大きさがあるので、よく目立ちます。
IWOでは、変形菌と原生粘菌を合わせたものを「粘菌」としています。
ツノホコリ
名前のように子実体が角のようになっています。
白いヌルヌルのものは、子実体になる前の変形体だと思います。
エダナシツノホコリ幼菌?
タマツノホコリ
“角”をたくさんはやすツノホコリの中で、網状で丸くなるタマツノホコリ。
きれいな構造です。

日本変形菌類図鑑

新品価格
¥3,984から
(2016/7/30 21:55時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 変形菌原生粘菌粘菌ウツボホコリクダホコリアミホコリツノホコリエダナシツノホコリタマツノホコリ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

理由はよくわからないけれど色がかわいい変形菌

森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん

新品価格
¥1,728から
(2015/7/12 21:45時点)

 梅雨時の里山で出会える変わった生き物、変形菌。

 アメーバのように食べ物を求めて動きまわり、単細胞だけど時には10センチをこえるものすごく大きく、カビやキノコみたいになって胞子で増える。

 ほんとうに変な生き物です。

 そして、どうしてそんな必要があるのかわからないほどカラフル。

 黄色い変形菌はこの前紹介しました。

 今度はオレンジの変形菌。

 まずは、まんまるのかわいいマメホコリ。

 この前は動きまわる変形体でしたが、今回は胞子をつくる子実体。

 キノコのようなものです。


 でもこれは胞子を作っている最中のもの。

 胞子が完成するとこげ茶色になって、かわいくなくなります。

 次はクダホコリ。

 こちらも胞子を作っている最中の子実体。


 胞子ができるとやっぱり茶色になってしまいます。

 どちらの変形菌もきれいな色で現れるのは、わずかな間だけ。

 里山で朽ちかけた切り株を見つけたら、そこにいるかもしれません。

タグ♦ 変形菌

粘菌―驚くべき生命力の謎

新品価格
¥3,780から
(2015/7/12 21:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメホコリクダホコリ変形菌粘菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山の粘菌たち カビでも地衣類でもないよ!


 変形菌(へんけいきん)。

 または粘菌(ねんきん)。

 ちょっとわかりにくい生き物です。

 多くの種類は目で見えるほどの大きさがあり、水滴が広がるように食べ物を探すためにとてもゆっくり動きまわる変形体になります。
 大きさはちがいますがアメーバそっくりです。

 あるとき変形体は動くのをやめ、胞子が詰まった子実体(しじつたい)を作ります。
 カビそっくりです。

 ということで、昔はカビの仲間と思われていましたが、今はアメーバの仲間に入っています。



この記事にはいろいろなカビのようなものの画像があります。





 「粘菌」というのはどちらかと言うと古い言葉で、現在では複数の分類が含まれています。

 そのため「変形菌」という言葉もよく使われているようですが、専門家でなければ馴染みのある「粘菌」方が使いやすいこともあります。

 といってもわかりにくいので、表にしてみました。かなり大雑把ですが。

 ただ変形菌の素人が作ったものですので、参考程度にお願いします。



生物
ドメイン 真核生物 真正細菌 古細菌
アメーボゾア オピストコンタ ア|ケプラスチダ その他

コノーサ その他


粘菌 その他


変形菌 原生粘菌 細胞性粘菌
バクテリアなど
亜綱 真正粘菌
亜綱
ムラサキ
ホコリ亜綱
ツノホコリ亜綱
アメ|バなど 動物やカビなど

メタン菌など

モジホコリなど ムラサキホコリ
など
ツノホコリ
など
タマホコリ
カビ類
アクラシス類

植物など 緑藻など



 変形菌以外はものすごく大雑把です。

 動物はカビと同じでその横が植物。
 反対側にアメーバと一緒にあるのが粘菌。
 その中にあるのが変形菌。

 ただ、「粘菌」という言葉は粘菌自身と同じようにつかみどころのないところがありますので、その時々に応じた解釈をしてください。



 ということで、梅雨の金剛山で出会った粘菌たちです。




いろんな粘菌と出会った金剛山モミジ谷



真正粘菌亜綱

「変形菌」のことで、粘菌として扱われていたものの多くが含まれます。



クダホコリ

クダホコリの若い子実体

クダホコリの子実体が付いていた
朽木

コホコリ目
ドロホコリ科
クダホコリ属

出会った場所:モミジ谷

鮮やかな色がまるで花が咲いたようです。
変形菌ファンはこの美しさに惹かれる人も多いそうです。

子実体が完成したクダホコリの仲間?

子実体が完成したクダホコリの
仲間?がついている木

出会った場所:モミジ谷

この中から黒いつぶつぶの中から胞子が飛び出て増えます。



ケホコリの仲間?

コケの間から顔を出したケホコリの仲間?の子実体?

コケに覆われた朽木についていた
ケホコリの仲間?の子実体

ケホコリ目
ケホコリ科

出会った場所:モミジ谷



ホネホコリの仲間?

ホネホコリの仲間?子実体?変形体?

ケホコリの仲間?と同じ木についていたホネホコリの仲間?

モジホコリ目
カタホコリ科

出会った場所:モミジ谷

カビのようにも見えますが、複雑な形でつながっています。
カビの場合は、一度分かれた菌糸は重なることはあってもつながることはありません。
ですからこれはカビではありません。

また白い色で光合成ができそうにないので地衣類でもありません。

ホネホコリかどうかはわかりませんが、変形菌だと思います。




ツノホコリ亜綱

以前は変形菌でしたが、違うところがあるということで、別の分類になってしまいました。



タマツノホコリ

タマツノホコリの子実体

タマツノホコリの子実体がついていた朽木

ツノホコリ目
ツノホコリ科
ツノホコリ属

出会った場所:モミジ谷



ツノホコリの仲間

ツノホコリの仲間の子実体

ツノホコリの仲間の子実体がついていた朽木

ツノホコリ目
ツノホコリ科

出会った場所:山頂付近


ツノホコリの仲間の子実体

ツノホコリの仲間の子実体がついていた土留めの丸太木

出会った場所:千早本道

胞子はこの細い突起の表面につきます。
変形菌は子実体の中に出来ます。




 梅雨時などの湿気が多い時によく現れる粘菌たち。

 カビのように見えて水っぽい感じがして、菌糸(糸状のもの)が見えなかったら、それは粘菌かもしれません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 変形菌粘菌金剛山梅雨の金剛山クダホコリタマツノホコリツノホコリケホコリホネホコリ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS