【 キンポウゲ科の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ふくじゅそう はる さいていました

 フクジュソウが咲きはじめています。


 ちょうど旧暦のお正月ごろに咲き始めるので、「元日草(がんじつそう)」とも呼ばれます。

 近畿では自生地は少なく、大阪では北部の京都との境にあるだけ、だとか。


 このフクジュソウも公園で育てられているものです。

フクジュソウ
福寿草、献歳菊
Adonis ramosa
双子葉植物 キンポウゲ目 キンポウゲ科 フクジュソウ属の多年草

[山野草] フクジュソウ 2芽入り

価格:660円
(2021/2/23 00:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: フクジュソウ黄色い花春の花キンポウゲ科の花

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

夏に咲く白い花の蔓植物 仙人草

 8月。
 お盆前の一番暑い時期。
 山間の田んぼで咲いていた白い花。
 センニンソウ(仙人草)。
 キンポウゲ目 キンポウゲ科 センニンソウ属のつる植物。

センニンソウ

 白い花びらのように見えるのは白くなった萼。
 細いのはオシベ。
 たくさんのオシベで割と派手目。

仙人草

 でも、園芸植物のクレマチと同じ属。
 ヨーロッパ人が作り出したのか、クレマチスは色も形ももっと派手。
 センニンソウはいい感じの花だと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センニンソウクレマチスキンポウゲ科の花白い花夏の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

いちめんの白い花のじゅうたん 金剛山の二輪草

 春の大型連休の金剛山は花の季節。
 いろいろな種類の花が咲きますが、一番の人気はニリンソウ(二輪草)かもしれません。

 今年は冬が暖かく、去年のように花が早まるかと思ったのですが、大型連休のはじめの冷え込みのせいか、例年に近いような気がします。
 なのでニリンソウの見頃は大型連休後半のようです。

金剛山

 ニリンソウは名前のように茎の先に2輪咲きますが、同時には咲きません。
 1輪が遅れて咲きます。
 ですから見頃は咲きはじめではなく、2輪咲きそろったとき。

ニリンソウ

 金剛山では、いろいろな谷でニリンソウが咲いていますが、ここまで一面覆われているところは知りません。


 谷沿いにニリンソウが続くので、 多くの人が見に来ていても、まるで誰もいないような写真を写せるところもあります。


 大型連休が終わればブナなどの落葉樹が葉を伸ばし、あたりは暗くなり、ニリンソウは一年の眠りにつきます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウ白い花春の花キンポウゲ科の花金剛山の花金剛山

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年もさいこくさばのお うつむいて咲く白くて小さい花

 ニリンソウの季節はサバノオの季節。
 サイコクサバノオ(西国鯖の尾)も咲いています。


 小さくて可愛い花。
 人気があります。
 下向きに咲くので写真を撮るのはちょっとたいへん。
 だからでしょうか、去年はカタクリと同じように踏みつけられている株がありました。
 去年より数が減ってしまったのは、そのためでないことを願います。


 見ていると、ためらいもなく花をつまんで写真を撮りやすいように向きを変える人がいます。
 さわるのがたった一人ならだいじょうぶかもしれません。
 でも、そういう人が多ければ弱ってきて、やがて枯れるでしょう。
 触らなければ写真を撮っても、それが原因で枯れることはないでしょう。

サイコクサバノオ

 花の写真を撮る人は、まわりに気をつける。
 踏みつけない、触らない、カメラなどを当てない。
 それを守れば、これからも花の写真を取り続けることができるでしょう。
 守らなければ、やがて花はなくなってしまうでしょう。


 そして、まわりに気をつけるのは、自分の安全のためでもあります。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サイコクサバノオ白い花春の花キンポウゲ科の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

仲春の黄色く輝く花 姫立金花

 仲春。
 黄色い花が咲いていました。
 きらきらしたパラボラアンテナみたいな花は、キンポウゲの仲間の証。

ヒメリュウキンカ

 この植物は、ヒメリュウキンカ(姫立金花 Ranunculus ficaria)。
 在来種のリュウキンカに似ててちょっと小さめだからのようです。


 ということで、外来種。
 人間の管理から離れないように。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメリュウキンカ春の花黄色い花キンポウゲ科の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

小さな節分草の花の意外な秘密?

 節分の頃に咲き始めるセツブンソウ。
 キンポウゲ科の石灰岩地帯を好む好石灰植物。

小さなセツブンソウ
セツブンソウ

 キンポウゲ科の花といえば、萼(がく)。
 花の下にある緑色の葉っぱみたいな部分。
 変化が激しく、いろいろなパターンがあります。
 これが緑色の葉っぱみたいなのと、まるで花びらのようなものがあります。
 さらに、萼が花びらみたいになって、花びらそのものが無くなったり別のものに変わったりするものもあります。

 その組み合わせを調べてみたらこんなかんじになりました。

花弁\萼普通の萼咲くと落ちる萼花弁みたいな萼
普通の花弁 キンポウゲ属
フクジュソウ属等
   
花弁は小さい     ルイヨウショウマ属
キンバイソウ属
花弁は筒状     レンゲショウマ属
オダマキ属等
花弁は萼に隠れる     トリカブト属
花弁は蜜腺     セツブンソウ属
オウレン属等
花弁は無い   カラマツソウ属
モミジカラマツ属
イチリンソウ属
ミスミソウ属等

 じっくり見てみるとおもしろいのが、キンポウゲ科の花。
 セツブンソウは「花弁みたいな萼+花弁は蜜腺」型。
 花弁のように見えるのは、もちろん萼。
 先が黄色い雄蕊のようなものが蜜腺。つまり元は花弁。
 でも、正面から見てると普通のきれいな花に見えるのがおもしろいところ。

花を裏側から見ると萼がない!

 キンポウゲ科の花に出会ったら、横から見て緑色の萼があるかないかを確認して、どのタイプの組み合わせか考えてみるとおもしろいかもしれません。


セツブンソウの画像は別館にもあります。
【いきもの を ぱちり! セツブンソウ】

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: セツブンソウ花の文化園キンポウゲ科の花萼の花白い花春の花春植物

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

奈良・大阪なのに西国が絶滅危惧種で東国が普通種のふしぎ 西国鯖の尾と東国鯖の尾

 奈良と大阪の境にある金剛山。
 杉や桧が植林された山ですが、かろうじて本来あるべき自然がのこっています。
 そういうものにサバノオの仲間があります。
 キンポウゲ科シロカネソウ属の多年草で、果実がサバの尾ビレに似ているとされるのが由来。
 金剛山にはゴールデンウイーク頃に咲くサイコクサバノオ(西国鯖の尾)とトウゴクサバノオ(東国鯖の尾)があります。
 どちらも見落としてしまいそうなほど小さな、足下で咲く花です。

サイコクサバノオ


トウゴクサバノオ

 どちらも日本の固有種で、なぜかサイコクサバノオだけが奈良・大阪とも絶滅危惧 I 類(CR+EN)。
 これは「絶滅の危機に瀕している種」ということで、絶滅していない中では最も危険度が高いランクになります。

 サイコクサバノオは近畿以西の西日本に分布していますので、名は体を表しているようです。
 ところが、トウゴクサバノオは宮城県あたりから九州にかけて分布。
 ちょっと名前に偽りあり系のようですが、関東でよく見られるとされています。
 ともあれ、トウゴクサバノオのほうが分布が広いだけに、絶滅危惧種になりにくいのかもしれません。

 これがサイコクサバノオとトウゴクサバノオの果実。

サイコクサバノオの実


トウゴクサバノオの実

 熟すと合わせ目の線で割れ、タネをこぼす袋果(たいか)。
 袋が左右に分かれてV字型。
 魚の尾ビレというと、三角形か扇型をイメージします。
 ところが名前の由来となったサバの尾ビレは真ん中が大きく切れ込み上下にわかれたV字型。
 確かにサバの尾ビレにも見えないことはありません。

 でも、もうちょっと小さく可愛くきれいな花をイメージできる名前はなかったのかな、と思います。

■参考外部リンク■
大切にしたい奈良県の野生動植物(植物・昆虫類)のレッドリストが決定/奈良県公式ホームページ
大阪府/大阪府レッドリスト

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サイコクサバノオトウゴクサバノオ金剛山の花絶滅危惧種奈良CR+EN大阪CR+ENキンポウゲ科の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS