【 キツネノエフデ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年の梅雨のキノコらしくないキノコいろいろ

 キノコ。
 と言われて思い出すのは、多分いわゆるキノコ型のキノコ。
 シイタケやシメジのような。

 キノコは、菌類の内、胞子を作る大きな器官(子実体)を作るもののこと。
 小さいものはカビと呼ばれます。
 キノコは生物学的分類では担子菌(たんしきん)と子嚢菌(しのうきん)に分かれます。
 担子菌を見た目で分けると、キノコ型の「ハラタケ類」、キクラゲやサルノコシカケのようにヒダがない「ヒダナシタケ類」、丸かったり塔のような形をしている「腹菌類」。
 子嚢菌の見た目はいろいろな担子菌と似ています。

 ということで、今年の梅雨に出会った、キノコっぽくないキノコ、ハラタケ類以外のキノコです。

腹菌類のキヌガサタケ

まわりにあるレース状の部分が広がると、きれいです。
中華料理の食材でもあります。

腹菌類のキツネノエフデ


ヒダナシタケ類のシロソウメンタケ


ヒダナシタケ類のツガサルノコシカケ

サルノコシカケの仲間のキノコは何年も成長します。
そのため他のキノコとちがって硬く、
年輪のような輪があります。

子嚢菌のノボリリュウタケ

一見傘の形が崩れたハラタケ類のようですが、
胞子を作るのは「傘」の表面。
ハラタケ類のように傘の裏側ではありません。

 たった5種類。
 この間見かけたハラタケ類はもっとたくさん。
 さすが、キノコの代名詞となっているキノコです。
 その分、名前を探すのはたいへんです!

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2016/7/19 23:32時点)

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,640から
(2016/7/19 23:33時点)

日本の毒きのこ (フィールドベスト図鑑)

新品価格
¥2,052から
(2016/7/19 23:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キヌガサタケキツネノエフデシロソウメンタケツガサルノコシカケノボリリュウタケキノコ腹菌類ヒダナシタケ類担子菌子嚢菌

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨の金剛山のキツネノエフデ


 梅雨の金剛山(こんごうざん)

 金剛山一多くの人が歩く千早本道(ちはやほんどう)
 この時期の楽しみの一つが、透き通るような白いギンリョウソウと、スッポンタケ科のキノコ。

 キノコというと、シイタケのような傘を開いた形のイメージが強いかもしれませんが、スッポンタケは棒状のキノコ。

 高級中華料理食材のキヌガサタケもスッポンタケ科のキノコです。



 千早本道で見たことがあるのは、キツネノエフデとスッポンタケ。

 特にキツネノエフデは毎年見かけています。



金剛山の動植物は傷つけたり持ち帰ったりせず、マナーを守り、大切な自然を未来へ残しましょう。



2012年6月中旬 千早本道九合目

キツネノエフデ2012年6月中旬 千早本道九合目

キツネノエフデ2012年6月中旬 千早本道九合目
外皮に包まれたキツネノエフデ(多分)
上のキツネノエフデの隣にありました。
この白い皮を破ってキツネノエフデが飛び出してくるはずです。


2011年6月下旬 千早本道八合目付近

キツネノエフデ2011年6月下旬 千早本道八合目付近
根元の方に破けた外皮(ツボ)が残っています。
キノコになって時間がたつのかちょっとしおれています。


2010年7月中旬 千早本道八合目付近

キツネノエフデ2010年7月中旬 千早本道八合目付近
こちらほうが根本の外皮(ツボ)がわかりやすくなっています。





 キツネノエフデのシーズンは秋まで。

 運が良ければまだまだ出会えるかもしれません。



家でシイタケを栽培して、喰っちゃおう!しいたけ栽培セット(2セットまとめ買い)【送料無料】

価格:4,500円
(2012/6/17 21:28時点)
感想(22件)

見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)

新品価格
¥1,680から
(2012/6/17 21:31時点)

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,050から
(2012/6/17 21:32時点)

◆関連タグ◆ 〔キツネノエフデ〕 〔千早本道〕 〔梅雨の金剛山〕


■外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
金剛山を歩く
金剛山愛好会
金剛山 金剛山登山道・金剛山ハイキングコース
金剛山四季と風景の写真



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キツネノエフデキノコ千早本道金剛山金剛山のキノコ梅雨の金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

夏の金剛山で出会ったいきものたち 千早本道編

いざ、千早本道へ!

 7月の金剛山(こんごうさん)へ行ってきました。

 すでに書いているように某国の有名な観光地ではなく、大阪と奈良にまたがる標高1,000mを超える山のことです。

 京阪新の有名な山の一つで登山者も多く、周辺の小学校中学校などではよく耐寒登山に使われます。

 そんな山ですがまだまだ自然が豊かなようで、いろいろな生き物がいました。

 登ったのは7月末の梅雨明け後、初心者向きとされる千早本道です。


地衣類

 バス停からすぐ登山道に入ったところ。
 この辺りは民家もあり、まだ登山という雰囲気ではありません。

 しかし石垣には家の近所では見かけることのない地衣類がいくつもいました。
 多くは都市部ではなく山地に多い種類のようです。
 地衣類は乾燥にはタフですが、大気の汚染には結構弱いところがあります。
 金剛山が大阪にありながら、まだまだ大気汚染の影響が少ないということでしょう。

ヤリノホゴケ
ヤリノホゴケ



キウメノキゴケ?
キウメノキゴケ?



ロウソクゴケ?とカラクサゴケ?
ロウソクゴケ?とカラクサゴケ?



チャシブゴケ
チャシブゴケ



◆地衣類◆ 〔地衣類〕



苔類

 花崗岩(かこうがん)でできた山は至るところから水がわいています。
 そういうこところにはお約束の苔類(たいるい)です。

ジャゴケ
ジャゴケ



◆記事ナビ◆ 〔苔類〕



変形菌(粘菌)?

 山というと当然倒木も多く、そういうところによくいるのが変形菌(へんけいきん)粘菌(ねんきん)というほうがわかりやすいかもしれません

 南方熊楠(みなかたくまぐす)先生が研究対象にしたことで有名な変わった生き物です。
 見た目はカビかキノコのようですが、変形菌は非常にゆっくりですが移動します。
 それからバクテリアを食べますので、南方熊楠先生は動物だと主張していました。

 くわしくないので自信はありませんが、これも変形菌だとおもいます。

変形菌(粘菌)ススホコリ?
変形菌(粘菌)ススホコリ?




菌類

 豊かな山は植物以外にも菌類(きんるい)が豊富です。
 キノコというと秋が有名ですが、梅雨時にも結構キノコがあります。

 よく目にしたのが登山道に生えていて見るからに食べられなさそうです。

キノコ(名前は不明)
キノコ(名前は不明)



 こちらはキツネノエフデではないかと思います。

キツネノエフデ(多分)
キツネノエフデ(多分)



◆記事ナビ◆ 〔菌類〕



ギンリョウソウ

 そして梅雨時から夏にかけての山の定番の植物です。

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ



◆記事ナビ◆ 〔ギンリョウソウ〕



 登山道にはいろいろな草花がありますが、このときはホタルブクロの季節だったようで、いろいろなところで咲いていました。
 名前の由来は花の中に蛍を入れてしまえるような
ですが、もちろん袋にはなりそうにありません。

 でも何かでふたをすることができれば、きっときれいな蛍袋になるような気がします。

ホタルブクロ
ホタルブクロ



 中心に小さい花、周辺に大きな花が咲くアジサイは、ガクアジサイと呼ばれてアジサイの野生種と言われています。
 金剛山でいっぱい咲いているガクアジサイは、もしかしたら野生種なのでしょうか。

ガクアジサイ
ガクアジサイ



◆記事ナビ◆ 〔アジサイ〕



セミ

 ふと気がつくとセミの抜け殻が。
 近所で見かけるクマゼミやアブラゼミよりも小さいので、ヒグラシでしょうか。
 平野で鳴き声を聞くのはまだ先のことですが、標高が高い山、その頂上間近ですから、もういっぱい羽化しているのかもしれません。

ヒグラシ?のぬけがら
ヒグラシ?のぬけがら



◆記事ナビ◆ 〔セミ〕



金剛山登頂

 そして山頂広場です。
 正式な頂上はまだ先で、神社の神域ということで普通の人は行くことができません。
 このあたりが事実上の頂上でいいでしょう。

 大阪と奈良側の両方に展望が開けています。
 天気がよければ大阪湾や四国、淡路島が見えるということですが、もやっていて見えませんでした。
 それでも南河内地方のランドマークのPLの塔(大平和祈念塔)ははっきりと眼下に見えました。

金剛山から見たPLの塔(大平和祈念塔)
金剛山から見たPLの塔(大平和祈念塔)



 ここでちょうどお昼ごろ。
 昼食を食べたて一休みしたら、ダイヤモンドトレールを抜けて下山の道へ向かいます。

◆記事ナビ◆ 〔金剛山〕


■外部リンク■
 金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
 金剛山愛好会
 金剛山 金剛山登山道・金剛山ハイキングコース
  金剛山四季と風景の写真







Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 金剛山夏の金剛山夏の山地衣類変形菌キツネノエフデホタルブクロヒグラシ金剛山のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS