【 キツツキ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

日本で一番身近なキツツキ こげら

 住宅地の中を歩いていると、街路樹からギーギーという声が。

 コゲラ。
 スズメくらいの大きさの鳥。
 街路樹にいます。

キツツキ

 日本で一番小さいキツツキで、日本で最も広い範囲に分布するキツツキで、日本で最も都市で見られるキツツキ。

 木をつついて食べ物を探しながら幹を枝を下から上へ上がっていき、隣の木へ移っていきます。

コゲラ

 身近でかわいい鳥なのに、今ひとつ注目度が低いような。

DVD付 新版 鳥 恐竜の子孫たち (小学館の図鑑・NEO)

新品価格
¥2,200から
(2024/3/2 00:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コゲラキツツキスズメくらいの鳥留鳥春の鳥

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

キツツキこつこつ冬の葉落とした木

 12月下旬。
 低山の溶けかけた雪に覆われた登山道を歩いていると。

 コツコツコツコツ

 キツツキが木をつつく音。
 そんなに大きい音じゃないので、縄張りを主張するドラミングじゃなく、食べ物を探しているようです。

 音のする方を見るのですが、天気がよく逆光気味でなかなか見つけられません。
 当たりをつけずに一つ一つ木を見上げていくと、見つけました。

Dendrocopos leucotos

 ちょっと大きいようなので、コゲラではないでしょう。
 このあたりで他にキツツキというと、オオアカゲラかアオゲラ。

 頭のてっペンが帽子のように赤い。
 胸に黒い縞模様。
 オオアカゲラのようです。

オオアカゲラ

 こちらのことを知ってか知らずか、ひたすら木をつつき続けています。
 寒い真冬。
 小さな鳥が春を迎えるためには、木の中に潜むまるまる太った虫がたくさん必要なのでしょう。

大赤啄木鳥

オオアカゲラ
大赤啄木鳥
Dendrocopos leucotos
キツツキ目 キツツキ科 アカゲラ属の留鳥
ハトより小さい鳥

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

新品価格
¥1,650から
(2023/1/3 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオアカゲラキツツキ目キツツキ留鳥ハトより小さい鳥冬の鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

葉が落ちたケヤキでコツコツ小さなキツツキ

 紅葉を見ていると小さなコツコツコツ。
 キツツキです。
 コゲラ。

シコクコゲラ

 コゲラは日本にいるキツツキの中でも最も小さく、唯一北海道から沖縄までいるキツツキ。
 しかもたくさんの亜種にわかれます。
 だからこのコゲラは西本州のシコクコゲラ?

 ケヤキをコツコツしたあと、どこかへ飛んでいきました。
 なかなかせわしない鳥です。

シコクコゲラ
四国小啄木鳥
Dendrocopos kizuki shikokuensis
キツツキ目 キツツキ科 アカゲラ属
スズメくらいの鳥

街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑

新品価格
¥1,782から
(2022/12/5 00:29時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シコクコゲラコゲラキツツキスズメくらいの鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

低山の山頂でケリケリと鳴いていた鳥は?

 秋。
 岩湧山。

 花が咲き始めた山頂の茅場を歩いていると。
「ケリケリケリケリ……」
 とけたたましく泣きながら鳥が飛んでいきました。

 この声はケリ。
 しかし、ケリは田んぼなどにいる平地の鳥。
 移動のために山を越えていったのでしょうか。

「ケリケリケリケリ……」
 鳴声の方を見ると枯れ木に鳥が止まっています。


 ケリっぽくありません。
 コンデジの最大ズームで見てみると。

 アオゲラです。
 緑色のキツツキの仲間。


「ケリケリケリケリ……」
 アオゲラが鳴きました。
 ケリじゃなかった。


アオゲラ
緑啄木鳥
Picus awokera awokera
キツツキ目 キツツキ科 アオゲラ属の留鳥
日本固有種

フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版

新品価格
¥4,180から
(2020/9/25 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アオゲラキツツキ固有種留鳥ハトより小さい鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの キツツキが甘味好きでもいいじゃないか!

 数年前の4月。
 桜の花を見に行ったとき。
 いろいろな鳥たちもやってきていました。
 ただ、鳥たちの目的は花見ではありません。
 蜜です。

 スズメ、メジロ、ヒヨドリなんかが定番です。
 ところが、違う鳥が。

 コゲラです。

コゲラ
小啄木鳥

 コゲラは小さなキツツキで、身近にいます。
 公園や街路樹をつついていますが、音が小さいので、だれも気づかなかったりします。
 キツツキですから木の中にいる虫を食べるのですが、蜜の誘惑には逆らえなかったようです?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コゲラキツツキスズメくらいの大きさの鳥留鳥ソメイヨシノ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山のゲラゲラ◇◇アオゲラとオオアカゲラ


 金剛山ではよく「コンコンコンコン……」とよく響く乾いた音を耳にします。

 大型のキツツキが木をつつく音ですが、なかなか姿を見せてくれません。

 近所にもいる小さなコゲラなら時折目にしますが。



 それがたった一日の間にコゲラでない2種類のキツツキを出会いました。



オオアカゲラ(大赤啄木鳥)Dendrocopos leucotos
鳥綱 キツツキ目 キツツキ科 アカゲラ属
ハトより小さい
留鳥

オオアカゲラ(大赤啄木鳥)
アカゲラとよく似ています。
見分け方はアカゲラよりも大きいということになっていますが、アカゲラと並んでくれることはありませんのであまり役に立ちません。

頭の天辺が赤くなっていることと、たたんだ翼の肩のところから続く白い線がないのでオオアカゲラとしました。

晩春の子育ての時期だったので、巣にエサを運んでいるところでした。




アオゲラ(緑啄木鳥)Picus awokera
鳥綱 キツツキ目 キツツキ科 アオゲラ属
ハトより小さい
留鳥

アオゲラ(緑啄木鳥)
「“青”ゲラ」というのにどう見ても「“緑”ゲラ」。

変に思いますが、昔は緑色のことを「青」と表現していましたので、おかしくはありません。

漢字も「緑」ですし。




 一日にたて続けに出会った二つのキツツキ。

 次に出会えるのはいつの事になるでしょう。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオアカゲラアオゲラハトより小さい鳥キツツキ金剛山の鳥金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

オオ!アカゲラと出会った高野山


 ちょっと遅れた桜を見に行ったゴールデンウイークの高野山。

 スルッとKANSAIの乗り放題の3dayチケットを使っても極楽橋(ごくらくばし)からはケーブルカーを使わずに不動坂(ふどうざか)を歩いて行くのが恒例です。



自然豊かな不動坂
自然豊かな不動坂




 「山」ですが、霊場として人間の手が加わっている高野山の中で、自然にふれあえる場所の一つだからです。

 舗装され、軽自動車が走れるほどの幅がある道で、ゆるやかな上りが続く1時間くらいの道です。

 途中杉林もありますが、広葉樹林も少なくありません。



ショウジョウバカマも終わってしまい、スミレも遅咲きの白くて小さいニョイスミレばかりになってしまってちょっと寂しい思いをしながら歩いていると、鳥の羽ばたく音が聞こえてきました。

 音の感じからすると、スズメよりももっと大きい鳥のようです。

 すると、ちょっと離れた木に鳥がとまりました。

 樹の幹に縦向きにとまって、白と黒のまだら模様。キツツキのコゲラのようです。

 しかしコゲラよりも大きくて頭のてっぺんが赤。

 キツツキのアカゲラです。



高野山で出会ったアカゲラ
高野山で出会ったアカゲラ




 小型のキツツキならコゲラが近所にもいますので珍しくはありませんが、もっと大きいアオゲラもアカゲラもまだ見たことがありません。

 高倍率のカメラを用意していたので、すぐ写します。

 アカゲラはこちらに気付いたようで、すぐ飛んでいってしまいました。

 その後、道を歩いていると何度かキツツキが木をつつく音が聞こえてきましたので、きっとあのアカゲラなのでしょう。

 コゲラはちょっと離れたりすると聞こえなくなるほど木をつつく音は小さいのですが、これくらいの大きさのキツツキの音は大きく、まるで森の神や妖怪が人間を惑わかそうとしているようです。



 家に帰ってパソコンの大きなモニタで見ながら念の為に図鑑で確認してみると、アカゲラではありません。

 アカゲラの頭は赤くなく黒、赤いのは後頭部だけ。
 そして腹の下のほうが赤。

 しかし画像のキツツキは頭のてっぺんが赤い上に、腹には黒い(まだら)模様、下の方は赤がちょっと煤けた感じで茶色っぽく見えます。

 なんと、オオアカゲラのようです。



オオアカゲラ(大赤啄木鳥)

オオアカゲラ(大赤啄木鳥)

キツツキ目 キツツキ科 アカゲラ属
留鳥
ハトより小さい





 環境庁は指定していないものの30都府県で準絶滅危惧種などに指定されています。
 高野山がある和歌山県でも環境の変化によっては絶滅危惧種になる可能性がある「準絶滅危惧種」に指定されています。

 オオアカゲラは一年中同じ所にいる留鳥。

 何度も通ったことのある道ですが、キツツキに出会ったのははじめて。

 次に来た時には、どんな生き物に出会えるのか楽しみです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオアカゲラキツツキハトより小さい鳥留鳥高野山の鳥高野山春の高野山不動坂レッドデータ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS