【 カンサイタンポポ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·タンポポ  ·カンサイタンポポ  ·ケンサキタンポポ  ·セイヨウタンポポ  ·3倍体雑種タンポポ  ·春の花  ·黄色い花  ·キク科の花  ·タンポポハンドブック  ·カンサイタンポポ  ·キク科科/SA-tanada  ·頭状花序/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·黄色い花  ·冬の花  ·春の花  ·カンサイタンポポ  ·タンポポ  ·タンポポハンドブック  ·ハンドブック(文一総合出版)  ·春の花  ·黄色い花  ·錦織公園  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/01  ·1月の下赤阪の棚田の植物  ·ゲンゲ  ·セトガヤ  ·スズメノテッポウ  ·カンサイタンポポ  ·棚田の植物  ·1月の花/SA-tanada  ·3月の下赤阪の棚田の植物  ·ツクシ  ·ホトケノザ  ·ヒメオドリコソウ  ·カンサイタンポポ  ·セリ  ·下赤阪の棚田の2014年  ·下赤阪の棚田201403  ·春の花  ·シダ/SA-tanada  ·小寒  ·二十四節気  ·ポプラ  ·ヤドリギ  ·ロゼット  ·カンサイタンポポ  ·タンポポ  ·カンサイタンポポ  ·セイヨウタンポポ  ·黄色い花  ·春の花  ·雑草

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

『タンポポハンドブック』でいろいろたんぽぽさがし

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

 毎年春になるとスミレと並んで気になるのが、タンポポ。
 それも、在来種タンポポと外来種タンポポとその雑種の勢力図。
 今年は待望の『タンポポハンドブック』の出版で、楽しくなりました。

 ということで、『タンポポハンドブック』で最近写したタンポポ写真の分類を。

在来種 カンサイタンポポ

花の集まり(頭状花序)の下にある葉(総苞片)が反り返らずにピタリとひっついているのが多くの在来種の特徴。
カンサイタンポポは、近畿より西に分布して、外側の総苞片(外片)が内側の総苞片(内片)の半分以下。






在来種 ケンサキタンポポ?

外片はない片の半分より長く、ちょっとふわっとした感じでゆるく内片を覆います。
ちょっとゆるいカンサイタンポポのように見えますが、とりあえずケンサキタンポポ(仮)。



外来種 セイヨウタンポポ

外片が大きく反り返っているのが特徴。
反り返り方にはいろいろあり、花の柄(花柄)につくほど反り返ります。
とすると、これはちがうかも?




雑種の3倍体タンポポ?

在来種のタンポポとセイヨウタンポポが交配した雑種。
外片が反らない在来種タンポポと、思いっきり反り返るセイヨウタンポポの両方の遺伝子があるためか、横方向に開きます。
ただ、外見での区別は難しく、遺伝子を見なければはっきりとしたことはわからないようです。




 『タンポポハンドブック』で紹介されている在来種のタンポポは30種。
 近畿地方でも数種が分布しています。
 カンサイタンポポ以外の在来種もあるはず。
 まだタンポポの季節は続きます。
 『タンポポハンドブック』を手にして、出会えるかな?

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポ  カンサイタンポポ  ケンサキタンポポ  セイヨウタンポポ  3倍体雑種タンポポ  春の花  黄色い花  キク科の花  タンポポハンドブック 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

カンサイタンポポ(関西蒲公英)-下赤阪の棚田のキク科

 在来種のタンポポ。
 大阪ではカンサイタンポポが圧倒的です。

カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum

被子植物門
双子葉類
キク目
キク科
タンポポ属
タグ:カンサイタンポポ

多年草
草丈:10~30cm
花期:2~5月
花色:黄
舌状花が集まった頭状花序
雌雄両全種
果実:痩果
自然分布:近畿~九州
生息場所:草地


2015年3月下旬
カンサイタンポポ
2014年4月中旬

カンサイタンポポがかたまって咲いているところがありました。

タンポポの花は、小さな花が円盤状に集まった頭状花序(とうじょうかじょ)。
細長い1枚の花弁に見えるのが、実は一つの花。

そのため、花序(花の集まり)の下についた緑色の部分は、萼(がく)ではなく苞(ほう)。
タンポポの場合は苞片(ほうへん)、全体でまとまったら総苞片(そうほうへん)と言います。

総苞片は外側の短い外片と、内側の長い内片に分かれます。

外片が反り返ってなく、内片の半分以下の長さがカンサイタンポポの特徴です。


2015年3月下旬

種についている白い綿毛(冠羽)は萼が変化したもの。

花のときは子房の上に萼やオシベやメシベがある子房下位。
果実が熟しはじめると萼が冠羽へと変化し、冠羽柄が伸び、おなじみの姿になります。

そうなった果実は風で飛ばされあちこちに広がっていきます。
ただ木や丘に囲まれたようなところは障害になるようで、大きな緑地公園などの丘や樹木に覆われた中心部では、在来種のタンポポが多かったりします。


2015年11月上旬

鏃(やじり)が縦に並んだような姿がタンポポの葉の特徴。
ただ、切れ込みのないものや目立たないもの、逆に切れ込みの深いものや、さらに粗い鋸歯(縁のギザギザ)のあるものまで様々。

カンサイタンポポの葉は、わりと矢印がきれいに並んでいるものが多いようです。
下赤阪の棚田でもきれいな矢印並び型が多いような気がします。


2015年2月下旬

ロゼット 2015年4月下旬

タンポポというと、在来種の地域タンポポと、外来種のセイヨウタンポポ

在来種は根茎が太く栄養を蓄えているので、まわりの草が育って影になっても耐えることができます。
セイヨウタンポポは根茎が細く、日当たりの良いところでないと枯れてしまいます。

ということで、道端や造成地のように草木の少ない「荒れた」ところによく生えるのがセイヨウタンポポ。
カンサイタンポポは植物の多いところでも生き残ることができます。

花が咲きはじめてもロゼットのまま 2015年2月下旬

在来種のタンポポを外来種のタンポポが駆逐しているように見る理由の一つは、人間によって環境が悪化して在来種よりも外来種のほうが生えやすい場所が増えたから、と言われます。

つまり、セイヨウタンポポが在来種の住むところを奪ったのではなく、人間が在来種が生きていけないような環境にしたところに、セイヨウタンポポがやってきたのです。
そのほか様々な原因が考えられ、単純なことではないようです。


2015年4月下旬
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンサイタンポポ  キク科科/SA-tanada  頭状花序/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  黄色い花  冬の花  春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

タンポポは思っている以上にいろいろあります。そんな時には『タンポポハンドブック』!

 タンポポ。
 身近な野草の一つ。
 そして、昔から日本にあった「在来種」と、最近外国からやってきた「外来種」があり、最近在来種が減って外来種が増えてる、ともいわれます。
 在来種と外来種のちがいは、花の下にある緑色の総苞片(そうほうへん)が反り返っているか、いないか。
 ところが!


 タンポポの種類は在来種と外来種の2つ、ではありません。
 在来種はいくつもあり、しかも地域ごとに種が違い、それも種によって分布の範囲が違っていたりと、とても複雑。
 外来種だって複数あります。
 じつは、タンポポの世界はとても複雑だったのです。

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/3/1 20:55時点)

 そんなタンポポ世界への心強いガイドが『タンポポハンドブック』!
 文一総合出版のハンドブックシリーズの最新刊。
 雑種も含めおよそ30種のタンポポが載っています。
 見分けるポイントになる総苞片の索引表、そして綿毛のついた「タネ」の一覧もあります。
 みんな同じ見えるタンポポも、こんなにちがいがあったとは!
 もちろん、タンポポについての説明や、タンポポに似た植物も載っています。

 ということで、錦織公園へ行ってきました。

 まだタンポポの季節にはちょっと早いようですが、桜木の里の東側の日当たりのいいところで咲いていました。


 さあ、総苞片は?


 反り返っていません。
 在来種です、
 しかし、大阪で咲く在来種は数種類あります。
 このタンポポの特徴は。

 外側の総苞片(外片)は、内側の総苞片(内片)の半分よりずっと短い。
 総苞片の先の突起(角状突起)が小さい。
 そして大阪で咲いている。
 たくさん咲いているので、見てみると、みんな特徴は同じ。


 ここで『タンポポハンドブック』登場。
 調べてみると、カンサイタンポポがぴったり。
 ここはカンサイタンポポだらけのようです。
 ただ、角状突起がちょっと大きいのもあります。
 『タンポポハンドブック』によると、中にはそういうのもあるようなので、カンサイタンポポでしょう。
 きっと。


 タンポポの花の季節はこれから。
 しばらくは『タンポポハンドブック』の出番は続きます。

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/3/1 21:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンサイタンポポ  タンポポ  タンポポハンドブック  ハンドブック(文一総合出版)  春の花  黄色い花  錦織公園 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田のいきもの2015年 1月中旬の花編


 寒い日が続く1月。

 そして新暦で一年の始まりの1月。

 大阪南東部にある、金剛山の麓の棚田。

 日本の棚田百選にも選ばれた、下赤阪の棚田。

 一年の始まりですが、棚田は春を前にして力を蓄えているように、あまり目立った生き物たちの活動はありません。

 でも、よく見ていると、なんだか春の兆しが少しだけ感じられます。




一年の始まりを迎えた下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:1月の下赤阪の棚田の植物



植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
キク目
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:カンサイタンポポ
花(頭状花)の下の総苞片(そうほうへん)が反り返っていないので、在来種。

大阪の黄色い在来種ということで、カンサイタンポポとしました。

もちろん、外来種タンポポと遺伝子が混ざる交雑がすすんでいるので、遺伝子を調べるまでは本当のことはわかりません。
コセンダングサ(小栴檀草)Bidens pilosa var. pilosa
キク目 キク科 センダングサ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:コセンダングサ
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
Solidago canadensis var. scabra
キク目 キク科 アキノキリンソウ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:セイタカアワダチソウ
オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ
キク目
黄色い花 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目
アブラナ(油菜)
Brassica rapa
フウチョウソウ目
アブラナ科
アブラナ属
二年草
食用作物
別名:ナノハナ(菜の花),
 ナタネ(菜種)
タグ:アブラナ

春の花の代名詞。

ちょっと咲くのが早かったのか、しおれています。
ソシンロウバイ
(素心蝋梅)
Chimonanthus praecox
 f. concolor
クスノキ目
ロウバイ科
ロウバイ属
落葉低木
タグ:ソシンロウバイ

強い香りがあります。
その他の目
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
白い花
被子植物門 双子葉植物綱
ビワ(枇杷)
Eriobotrya japonica
バラ目 バラ科 ビワ属
常緑高木
タグ:ビワ

花は咲き終わったばかりのようです。
コハコベ (小繁縷) Stellaria media
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
越年草
タグ:コハコベ
タネツケバナ(種漬花)Cardamine scutata
フウチョウソウ目 アブラナ科 タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ
被子植物門 双子葉植物綱
白い花
植物界
青紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
Veronica persica
シソ目 オオバコ科 クワガタソウ属
越年草
ヨーロッパ原産
外来種のオオイヌノフグリやタチイヌノフグリは下の花弁だけ小さくなっていますが、これはあまり変わりません。
ちょっと不思議です。
被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花
植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ゲンゲ(紫雲英,翹揺)Astragalus sinicus
マメ目 マメ科 ゲンゲ属
越年草
別名:レンゲソウ(蓮華草),レンゲ
タグ:ゲンゲ

小さい花が集まった散形花序(さんけいかじょ)。

花の数が少ないのは、まだ寒いから?
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)Lamium purpureum
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:ヒメオドリコソウ
単子葉植物綱
被子植物門
赤紫色の花
植物界
緑色の花
被子植物門 単子葉植物綱
セトガヤ(瀬戸茅)Alopecurus japonicus
イネ目 イネ科 スズメノテッポウ属
一年草
タグ:セトガヤ
スズメノテッポウとよく似ています。

ちがいはオシベの花粉がつまった葯(やく)の色。

白ければセトガヤ、オレンジ色ならスズメノテッポウ。
スズメノテッポウ(雀の鉄砲)Alopecurus aequalis
イネ目 イネ科 スズメノテッポウ属
一年草
史前帰化植物
タグ:スズメノテッポウ
葯が白っぽくてセトガヤのようですが、よく見ると薄いオレンジ色。

花が咲き終わって葯の役割も済んで色が薄くなったのでしょうか。
被子植物門 単子葉植物綱
緑色の花
植物界



 1月になっても12月と同じように黄色い花はキク科が圧倒的。

 キク科が虫も少ない冬に花を咲かせるのは、どんな秘密があるのでしょうか。

 実は、冬でも温かい時には小さなハエなどが飛ぶこともあります。

 そんな時はライバルが少ないだけに、キク科は有利かも。

 生き物は不思議だらけです。



タグ♦ 1月の下赤阪の棚田の植物

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/01  1月の下赤阪の棚田の植物  ゲンゲ  セトガヤ  スズメノテッポウ  カンサイタンポポ  棚田の植物  1月の花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 3月下旬のアブラナ科・ナデシコ科以外の植物編


 立春を過ぎたころの下赤阪の棚田。

 ツクシが顔を出し、2月の棚田とは比べ物にならないほどの花が咲いていました。

 その春の棚田ビオトープのアブラナ科・ナデシコ科以外の草花と木です。




梅が咲いてる3月の下赤阪の棚田




植物界
被子植物門
双子葉植物綱
シソ目
ホトケノザ(仏の座)
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草

花はシソ科特有の5枚の花びらがまとまった唇形花(しんけいか)。

春の七草の一つと同じ名前ですが、こちらではありません。
春の七草の「ホトケノザ」は、キク科のコオニタビラコのこと。

有毒植物ではないようですが、山菜でもありませんので、おいしくないのでしょう。きっと。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

街の公園でも咲いているような帰化植物。

シソ科らしい唇形花でホトケノザに似ていますが、葉のつき方や色が違っているの見分けるのは簡単です。

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
シソ目 オオバコ科 クワガタソウ属
越年草
別名:瑠璃唐草
ヨーロッパ原産の帰化植物


どこでも咲いている雑草。

外来種ですが、色がきれいなことやあまりにも当たり前過ぎるからでしょうか、日本の自然をイメージする画像に使われることがあります。

シソ目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
カンサイタンポポ(関西蒲公英)
キク目 キク科 タンポポ属
多年草


外来種のセイヨウタンポポとよく似ています。
見分け方は、花の根本に付いている緑色の小さな葉(総苞)がピタリと閉じているのが在来種のタンポポ、反り返っているのがセイヨウタンポポ。

ところが遺伝子の調査をしてみると、必ずしもこの見分け方が当てはまるわけではないことがわかってきました。

しかしそういう遺伝子検査をすることもできませんので、見た目で決めています。
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100


在来種のタンポポよりも多くなってきていると言われる外来種のタンポポ。

花の根本にある総苞が反り返っているのが特徴。

環境省の要注意外来生物と日本生態学会の日本の侵略的外来種ワースト100に「外来タンポポ種群」として指定されています。
キク目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目 セリ目・バラ目
セリ(芹)
セリ目 セリ科 セリ属
多年草


春の七草にも同じ名前の植物がありますが、ホトケノザとちがってこちらは同じ。

水辺や水の中でも生えますので、田んぼで見かけますが、下赤阪の棚田では一部の水路でしか見かけていません。
ウメ(梅)
バラ目 バラ科 サクラ属
落葉高木

棚田のあちこちに植えられていますが、数はそれほど多くないので自家用でしょうか。

その他の目
双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱
クサスギカズラ目
スイセン(水仙)
クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 スイセン属
多年草


田んぼに使われていないところにまとまって植えられていましたので、これも自家用かもしれません。
クサスギカズラ目
単子葉植物綱
被子植物門
植物界
シダ植物門
トクサ綱
トクサ目
スギナ(杉菜)の胞子茎のツクシ(土筆)
トクサ目 トクサ科 トクサ属


春を代表する山菜の一つ。

普通の植物と違う奇妙な姿は、シダ植物のため。

ツクシはシダ植物の胞子を作る部分のこと。
そのため葉緑素を持たないので緑色はしていません。

ツクシが胞子を飛ばしてしおれ始めることに緑色のスギナを出してきます。

スギナは光合成して栄養を作る栄養茎です。
トクサ目
トクサ綱
シダ植物門
植物界



 三大雑草と言われるのがキク科、マメ科、イネ科ですが、秋にはよく見かけていたキク科が咲いているのはタンポポだけ。

 ちょっと意外な感じもしますが、ロゼットではキク科がいっぱいありましたので、もっと暖かくなるとキク科ばかりになることでしょう。



タグ♦ 3月の下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部

要注意外来生物リスト[外来生物法]
日本の侵略的外来種ワースト100 - Wikipedia


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 3月の下赤阪の棚田の植物  ツクシ  ホトケノザ  ヒメオドリコソウ  カンサイタンポポ  セリ  下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田201403  春の花  シダ/SA-tanada 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

小寒。冬至より一陽起るが故に陰気に逆う故、益々冷ゆる也



寒の入り


 読みは「しょうかん」。毎年1月6日ころです。

 このころは「(かん)()り」と呼ばれて寒中見舞いを出す時期。

 年賀状がまだ配達されてくるのにおかしいと思うかもしれませんが、本来のお正月が来るのは大寒(だいかん)から春分(しゅんぶん)を挟んで雨水(うすい)までのまでの1か月ほどの間です。今の暦で言うと1月22日ごろから2月19日ごろまで。
 冬至の後に新年が来る今のグレゴリオ暦とちがい立春基準の旧暦との差でしょう


まだまだ寒さが小さい?


 「小寒」は寒さがまだ大きくなっていないという意味から付けられたそうですが、実際は一年で一番寒さが厳しくなるのは小寒のころと言われています。

 厳しい寒さの中生きている昆虫を目にする機会はめっきり減ってしまいました。
 落葉樹もすっかり葉を落としてまるで枯れているようです。

新芽を準備して春を待つヤドリギのポプラ
新芽を準備して春を待つヤドリギのポプラ



 しかし落葉樹もよく見ると枝の先では新年を目指して新芽が丸い塊となって芽吹く日を待ち遠しく思っているようです。


春を準備して待っています


 そして地面をよくみるとタンポポなどが茎をまったく伸ばさず葉を地面に張り付け「たロゼット」という状態で春を待っています。

 よく見ると、もう春への準備が着々と進んでいます。

ロゼット状態で春を待つ植物(カンサイタンポポ?)
ロゼット状態で春を待つ植物(カンサイタンポポ?)




二十四節気のほかの記事は タグ二十四節気


●二十四節気の日付がわかります
二十四節気および雑節 平成22年 (2010)




キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 小寒  二十四節気  ポプラ  ヤドリギ  ロゼット  カンサイタンポポ 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

タンポポ探検隊初出動!



タンポポ探検隊


 いつの間にか結成されたタンポポ探検隊です。
 桜も咲いたので、いよいよ出動です。

 タンポポはそこら中に勝手に生えている雑草なのですが、よく見かけるのは外国からやってきたセイヨウタンポポで、日本に昔から生えているタンポポは減っていると言われます。

 そこで近所に日本のタンポポがあるかどうかを探してみよう! ということになったのです。


外国のタンポポと日本のタンポポ


 外国のタンポポと日本のタンポポのちがいを見分けるのは簡単です。

 黄色い花びらの付け根を外側から包み込んでいる、小さい葉が集まったような緑の部分を総苞片(そうほうへん)といいます。
 その総苞片(そうほうへん)の下の方が外側へ向かって()(かえ)っているのが外国のタンポポ、()(かえ)っていないのが日本のタンポポだそうです。

日本のタンポポ(多分カンサイタンポポ)
日本のタンポポ(多分カンサイタンポポ)



外国のタンポポ(多分セイヨウタンポポ)
外国のタンポポ(多分セイヨウタンポポ)



 もっとも酵素分析(こうそぶんせき)の結果によると、それだけで単純に区別することはできないようなのですが、そんな分析ができる機械もありませんので、ここは単純に総苞片(そうほうへん)()(かえ)りだけでチェックです。


初出動!


 さあ、探検隊出動!

 タンポポは荒地でも生えることができる雑草。すぐ発見です。
 そしてチェック。

 総苞片(そうほうへん)()(かえ)りは……

 ありません!
 日本のタンポポ、おそらくカンサイタンポポです。

 となりのも、そのとなりのも、そのまたとなりのも……
 すべて()(かえ)っていません。

 出動して数分。いとも簡単に日本のタンポポ発見です。

カンサイタンポポ(多分)
カンサイタンポポ(多分)




問題解決?


 探検でもなんでもなくなってしまいました。

 いやいや、ここで探検は次の段階です。
 近所のタンポポをもっといろいろチェックしてみます。

 公園や空き地、団地やマンションのまわりの緑地を歩いて回りました。

 するとおもしろいことがわかってきました。

 セイヨウタンポポがあるところは、セイヨウタンポポばかり。
 カンサイタンポポがあるところは、カンサイタンポポばかり。
 両方が混ざっているのは、ほとんど見かけません。
 混ざることがまったく無いとはいえませんが、きれいに住み分けができているようです。


セイヨウタンポポとカンサイタンポポ


 タンポポがまわりにほかの草が生えないような成分を出しているのでしょうか。
 いやいや、タンポポのまわりに雑草がたくさん生えているところも少なくありません。

 それなら、これほどきれいに住み分けができているのはとても不思議なことだと思います。

 セイヨウタンポポが日本のタンポポの生えるところを奪っていったというのは、ちょっとちがうのでは、という気がしてきます。


 いやいや結論はまだ早いでしょう。
 もうちょっとタンポポ探検を続けなければなりません。


キッズ スペース
タンポポを()つけたときは、(はな)をひっくりかえしてみましょう。

キッズgoo




タンポポのほかの記事は タグ〔タンポポ〕


●[タンポポ(「福原のページ(植物形態学・分類学など)」)
●[タンポポ属植物雑学事典





››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポ  カンサイタンポポ  セイヨウタンポポ  黄色い花  春の花  雑草 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる