【 カニグモ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

トリノフンダマシカニグモ

 葉の上にクモが。

この記事にはの画像があります。


 台形の角張った腹部に、長い腕4本をなにかを捕まえようと広げてじっとしています。
 カニグモの仲間です。


 クモに限らず昆虫は大きな写真を撮ろうとカメラを近づけると、するりと反対側に回るか、ぽとりと落ちるか、ぴょんと跳んでいくか、ぷんと飛んでいくか。
 とにかく逃げます。
 ところが。
 逃げません。

カトウツケオグモ

 広げていた腕をたたんだだけで、姿勢もほとんど変わりません。
 変なクモです。

 焦げ茶色の体に、白い腕。
 この色使いは、もしかして。
 鳥の糞の擬態?

Phrynarachne katoi

 クモには鳥の糞に擬態したと言われるトリノフンダマシというグループがありますが、カニグモは結構離れています。
 カニグモの仲間は巣を張らない待ち伏せ型のクモなので、獲物に気づかれないよう樹皮や葉のような色をした保護色っぽいのが多いのですが、逆に目立つ色。
 でも、それが鳥の糞なら気づかれても大丈夫でしょう。

 さて、このクモの名前は?
 クモのハンディ図鑑には載っていません。
 それでネットで色々探していると、カトウツケオグモ。
 名前がわかったのでさらに調べてみると、どうやら珍しいクモのようです。
 とはいえ、数万件ヒットするので、微妙な珍しさなのかもしれませんが。

カトウツケオグモ
Phrynarachne katoi
クモ目/クモ亜目/カニグモ上科/カニグモ科/ツケオグモ属

日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)

新品価格
¥6,050から
(2022/7/25 00:04時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カトウツケオグモカニグモクモ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 闇落ちした中二病的クモ?

 何年も前の岩湧山の写真の中から出てきたクモ。
 山頂の茅場の中に生えた草の葉に上に、黒くて小さいクモ。

この記事にはの画像があります。


 巣を作っていないので、徘徊型のクモ。
 徘徊型というと、人気があるのがハエトリグモの仲間。
 これもハエトリグモ?


 ゆっくり近づいて上の方から見てみると。
 なんか腹部が角張っていて、五角形。
 ハエトリグモの仲間ではなさそう。


 これは。
 カニグモだ!

ヤミイロカニグモ

 黒い色のカニグモの仲間。
 調べてみると、どうやら、ヤミイロカニグモ。
 闇色蟹蜘蛛。
 闇落ちしたカニグモ?
 なんか中二病っぽい名前です?

クモハンドブック

新品価格
¥1,650から
(2019/12/7 22:20時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤミイロカニグモカニグモクモ岩湧山

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

古い写真の中からみつけたいきもの マダニにやられた!?

 2018年の9月ですから古いというほどではありませんが、その分よく覚えています。

この記事にはの画像があります。


 いつもの低山トレッキングをおわって、1時間に1本のバスを待っていたとき。
 靴の中に何かがはいって違和感があったので、出そうと紐を緩めると。
 靴下になにか虫のようなものがついています。
 脚がたくさん生え、丸っぽくて、5ミリくらい。

 ダニ?

 からだにひっつくダニは、病気を媒介することもある吸血虫。
 たいへんだ!
 しかも、口が抜けにくいようになっていて、体を引っ張ると頭がとれて傷口に残り、化膿することがあります。
 そのため、ダニにかまれたときには自分で取らず、医者にとってもらうというのが基礎知識になっています。
 しかし、きもちわるい!

 ダニを取るべきか残すべきか。
 とりあえず、靴下をゆっくりずらしてみると。
 靴下についたままです。
 そして、ぽろりと落ちました。

 ダニがへばりついていたあたりには、傷は見えません。
 登山用で厚手だったから口が届かなかったのでしょうか。
 腹部がふくれていないように見えますので、血を吸っていないようです。


 ところが、靴下から落ちたダニをよく見ていると、なんかヘンです。
 ダニは鋏角類のクモ綱ダニ目の節足動物。
 クモの仲間なので見た目はよく似ていますが、クモは腹部と頭胸部が区別でき、ダニは頭胸部と腹部がひとつながりのように見えます。
 このダニは、頭部と腹部がはっきりと分かれています。
 ダニではありません、クモです。


 よく見てみると、8本の足のうち、前の4本が長めで横に広げるような形をしています。
 カニグモの特徴です。
 カニグモなら、人間にとって有害になる毒はありません。
 もちろん吸血はしませんし、病原菌が感染ることもありません。

アズチグモ?

ひっくりかえすと一層カニみたい
ただし上が頭胸部で下が腹部

 山道を歩いているときに、何かのきっかけで草などから落ち、靴と靴下の隙間に落ち込んでしまって出れなくなったのでしょう。
 びっくりしましたが、一安心です。

クモハンドブック

新品価格
¥1,620から
(2018/10/26 22:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アズチグモカニグモクモ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS