【 カトラ谷】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

どうしてヤマカガシは死ななければならなかったのか?

 【どうしてシロマダラは死ななければならなかったのか?】で思い出したことがあります。

この記事にはヘビの画像があります。


 今年の5月。
 同じ金剛山。
 ニリンソウが咲くカトラ谷。
 登山道にヤマカガシが倒れていました。
 大阪では準絶滅危惧(NT)のヘビです。
 腹を見せ、わずかに頭を動かしていますが、もう虫の息。
 状況からみて、登山者に危害を加えられたようです。


 ヤマカガシは毒ヘビで、毒の強さはハブやマムシ以上。
 猛毒です。
 しかし、毒牙が口の奥にあり、相当深く噛まないと毒が注入されないので、昔は毒がないと思われていました。
 また、人に向かってくるようなこともなく、噛まれて毒が注入されるのは、意図的に捕まえようとしたときなど、かなり限られるようです。
 今年、小学生が噛まれて一時意識不明になりましたが、それもヤマカガシを捕まえようとしたためのようです。


 山でヤマカガシに出会うことはよくありますが、こちらに向かってきたことはなく、たいてい無視されるか、逃げていくかどちらか。
 殺す必要はまったくありません。

 このヤマカガシが危害を加えられた経緯はわかりません。
 ヤマカガシが向かってくるような不幸な出会いがあったのかもしれませんが、可能性は人間の方から危害を加えたほうが高いでしょう。
 そうだとしたら、残念です。

ハンディ10日本のカメ・トカゲ・ヘビ (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,024から
(2017/10/21 21:55時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシヘビ金剛山の動物絶滅危惧種大阪NT金剛山カトラ谷

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

晩春の金剛山のお花畑のニリンソウと


 ゴールデンウイークころの金剛山は、野草の花のシーズンです。

 なかでも「お花畑」として有名なカトラ谷のニリンソウを見に行ってきました。



ニリンソウのお花畑がある金剛山の谷
ニリンソウのお花畑がある金剛山の谷




 ゴールデンウイークのお花畑ということで多くの人が登っていましたが、あいにくの曇空。

 ニリンソウの群生地につきましたが、みんな花を閉じています。



ほとんど開いていない曇りのニリンソウ
ほとんど開いていない曇りのニリンソウ




 天気がいい日でないと開かないと聞いたことがあるので、しかたありません。

 開いたニリンソウを見るのは、また来年。

 これを楽しむのが自然のおもしろさ。


ニリンソウ(二輪草)

キンポウゲ科 イチリンソウ属
多年草
ニリンソウ(二輪草)
一つの茎から花が二輪咲くことが名前の由来。
でも名前に反して1輪から2輪咲くと言われますが、やっぱり2輪が目立つような気がします。
キンポウゲ科ですので、白い花びらのようにみえるのは、萼です。




 一面のニリンソウの中にも所々で違う花が咲いていました。



 まずはエンゴサクの仲間。
 おそらくはヤマエンゴサク。


ヤマエンゴサク(山延胡索)

ケマンソウ科 キケマン属
多年草
ヤマエンゴサク(山延胡索)
ケマンソウ科ですので、花には(きょ)があります。




 そしてエンレイソウ。

 3枚の葉の中央からひとつの花が咲いています。

 緑色の花弁が地味ですが、実はこれも萼。
 花弁はありません。


エンレイソウ(延齢草)

ユリ科 エンレイソウ属
多年草
別名:タチアオイ
エンレイソウ(延齢草)



 花弁がないのがエンレイソウの仲間の特徴かというとそうではありません。

 同じ日のちはや園地では植えられたオオバナノエンレイソウが咲いていました。

 緑の部分は萼ですが、白い部分は花びら。

 なぜか近い仲間のエンレイソウは花弁をなくしたようです。



オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)

ユリ科 エンレイソウ属
多年草
オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)



 金剛山の初夏の花シーズンはまだ続きます。

 クリンソウの季節ももうすぐです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウ金剛山金剛山の花カトラ谷春の金剛山エンレイソウヤマエンゴサク青い花緑色の花萼の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

金剛山でヒキガエル

カトラ谷のヒキガエルと出会ったあたり
カトラ谷のヒキガエルと出会ったあたり



 金剛山のカトラ谷の道を登り、滝を超え、実を付けているクリンソウの斜面を超えてお地蔵さんがある尾根道までの最後の登り。


 ふと足元を見ると、土の上をよたよた歩くカエルがいました。



この記事にはヒキガエルの画像があります。





 黒い体の上にはイボイボがあり、跳ぶのが苦手なのかよたよたと這っています。

 その姿はギアナ高地にいる古い形を残しているカエルといわれるオレオフリネラを連想しますが、大きさはまったく違います。

 オレオフリネラは2センチくらいですが、こちらは4~5センチかそれ以上。

 たぶん、ニホンヒキガエル(日本蟇蛙)の子供……
 というか、オタマジャクシからカエルになってそんなに時間がたっていないものでしょう。


金剛山登山しているニホンヒキガエル?
金剛山登山しているニホンヒキガエル?


 さすが金剛山。

 いろいろな生き物に出会います。


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンヒキガエルカエル両生類金剛山カトラ谷金剛山の脊椎動物夏の金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS