【 カエル】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

残念ながらニホンアカガエルのオタマジャクシ全滅……VU→EX?

 大阪府の絶滅危惧種ニホンアカガエル。
 絶滅か現状維持か一進一退を繰り返していました。
 その結果が出てしまいました。

 絶滅です。
 今年のオタマジャクシは。
 おそらく。

 原因は池がほぼ干上がったこと。
 それもまだカエルになるまえの4月中旬。

干上がった池

 水抜き用の排水口のまわりと水たまりのようなものが数箇所。
 中に入れませんので、高倍率のカメラでのぞいてみても、オタマジャクシの姿は見えません。
 20個以上の卵塊があったと言うのに。

わずかに残った水に生き延びていればいいのですが

 もちろん、オタマジャクシからカエルになって池から出ていった、と考えることもできます。
 しかしこの池では4月はまだオタマジャクシ。
 小さなカエルになって陸にあがってくるのは5月から6月。

本当ならこれくらいのオタマジャクシがいたはず
2017年4月のオタマジャクシ

 この池は冬にはいつも水が無くなるのですが、水車のところの淀みは水が無くならないのでいつもそこに生き残っていました。
 ところが今年は水の流れが早く流されたようで、ほとんど卵は残っていません。
 少ないながらオタマジャクシが生まれましたが、いなくなってしまいました。
 サギが来ていたという話もありますので、すべて食べられたのかもしれません。

まだ元気だった3月のオタマジャクシ

 理由はどうであれ、いつもは生き延びるオタマジャクシが見当たらなくなったという事実はかわりありません。
 開園しておよそ30年。
 それを乗り越えてきたニホンアカガエルがこれでいなくなるとは思えません。

 ただ、心配です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエルカエルアカガエル絶滅危惧種大阪VU錦織公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ニホンアカガエル まさか絶滅!!! EN→EX?

 2月下旬に確認したニホンアマガエルの卵塊
 3月上旬にもあることを確認。
 掃除はされていないようです。
 ただし、水車の淀みの卵塊が1個になっていました。
 流されたようです。

池の底にたくさんころがるニホンアカガエルの卵塊

ニホンアカガエルの卵塊

 ところが。

 3月中旬。
 ニホンアカガエルの卵塊が無くなっていました。
 あんなにたくさんあったのに。
 池まで掃除された?
 絶滅危惧種が絶滅してしまった!

 と思ったのですが、よく見ると水底に黒くて小さいものが。
 カメラで写して拡大してみると。
 小さなオタマジャクシ型。

池底の泥の上でじっとしている小さなオタマジャクシ

 どうやら孵化して卵塊が崩れてしまったようです。
 EN→EXではなく、EN→VUくらい?
 ほっとしました。

孵化が終わって崩れた卵塊

 春です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエルカエルアカガエル産卵絶滅危惧種大阪VU錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ニホンアカガエル 絶滅危惧種、絶滅を免れたが! CR+EN→EN?

 2月下旬。
 今年もニホンアカガエルの産卵が見られました。

卵を見つけやすい水車の淀み

 1月2月の一番寒い時期に冬眠から目覚めて産卵すると言われますが、ここではちょっと遅く、だいたい3月くらいの産卵になります。
 今年は冬が暖かかったからか、2月下旬には産卵が見られました。
 ところが。

 ここ数年の傾向として、産卵数は一年ごとに多い少ないを繰り返しています。
 去年は、確認できた卵の塊は全体で数個。
 とすれば、今年は多いはず。
 ところが。

 たくさんの卵が産み付けられる水車の淀み。
 今年は5個、卵の塊が5つ。
 去年は0個一昨年は25個
 なぜか今年は少ない。

ニホンアカガエルの卵の塊
ニホンアカガエルの卵塊

 少し気になることがあります。
 今年は水車の淀みの水の流れが早い。
 ニホンアカガエルは水の流れのないところに卵を生みます。
 こんなに流れていれば産卵しないでしょう。
 この流れは人工的に水を循環させて作っています。
 つまり、夜間はモーターを止め水の流れは止まっているはず。
 卵の数が少ないのは流されたのかもしれません。

 この水は上の池から流れてきます。
 池は水車の淀みよりもずっと広いのですが、この季節水を減らしているの水深が浅く、卵は水車の淀みのほうが多いのが常です。
 ところが。

上の池

 今年は上の池にはたくさんの卵塊が。
 水がにごり、水面が光を反射するので見にくいのですが、数えられたのは21個。
 この場所でこんなにたくさんの卵塊を見たことはありません。

池底にたくさん転がる卵の塊のようなもの

 今年は流す水量を増やすため水位が上がったので産卵しやすくなったのでしょう。
 管理の人が気を利かせて水車の淀みの卵塊を移したのかもしれませんが。

拡大すると卵塊のよう

 結果的になんとか絶滅は免れたようです。
 しかし、最近の環境の変化からすると、まだまだ安心はできないようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエルカエルアカガエル産卵絶滅危惧種大阪VU錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

晩秋の金剛山で出会ったアカガエル。それは?

 山頂付近でブナが色づきばじめた晩秋の金剛山。
 赤いカエル、アカガエルと出会いました。

草の陰のとびこみました

 場所は千早本道五合目と五合五勺の間。
 標高800メートル付近。
 アカガエルが含まれるアカガエル属は種類が多いカエルの属。
 身近なのは、トノサマガエルや外来種のウシガエルなどがいます。
 その中でも体が赤くなるカエルで金剛山にいる可能性があるのは、ヤマアカガエル、ニホンアカガエル、タゴガエル、ナガレタゴガエルの4種でしょうか。
 この4種はよく似ていて、低山の場合は生息地が重なることもあり、じっくり見ないとわかりません。

カメラを近づけると外に出てきました

 まずは、ニホンアカガエルかそうでないか。
 登山口の集落から300メートル以上なので、どちらかというと平地の方を好むニホンアカガエルの可能性は低いと思いますが念の為。
 見分け方は割と簡単。
 鼻からお尻まで伸びる背側線がまっすぐだったらニホンアカガエル、目の後ろの黒いところで浅く折れ曲がっていたらほかのアカガエル。
 このアカガエルは。

ちょっと薄れていますが
画像の中央あたりで筋が浅く折れ曲がっています

 浅く折れ曲がっています。
 やはりニホンアカガエルではありません。

こちらは別の場所のニホンアカガエル
真っ直ぐです

 あとは、指先がまっすぐ尖っていたらヤマアカガエルかニホンアカガエル、指先が丸くなっていたらタゴガエルかナガレタゴガエル。
 そして顎から喉のあたりにかけて黒褐色だったらナガレタゴガエル、薄い褐色の斑点ならタゴガエル。
 ちなみに、黒い斑紋が並んでいたらヤマアカガエル、斑点も斑紋もなく白かったらニホンアカガエル。
 このアカガエルは。

 指先は丸くなっているようす。
 タゴガエルか、ナガレタゴガエルです。
 白地に薄い褐色の斑点がたくさんあります。
 タゴガエルです。

 ただし、色の個体差は大きいようですので、違っている可能性を完全に排除はできません。
 それでも指先から少なくともタゴガエルの仲間であることは確かなようです。
 さらに、「金剛山 ナガレタゴガエル」で検索してみても金剛山での目撃情報は上位にランキングされていないので、ナガレタゴガエルの可能性はかなり低そうです。


 というわけで、このアカガエルは、金剛山のタゴガエルという結論に至りました。
 繁殖期には沢でよく鳴いているので、納得です。

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥4,763から
(2018/10/31 21:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タゴガエルアカガエルカエル金剛山の脊椎動物金剛山の動物金剛山千早本道

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

やっぱりニホンアカガエル 絶滅危惧I類へ?! VU→CR+EN

 錦織公園の大阪の絶滅危惧種、ニホンアカガエル。
 ランクは絶滅危惧II類(VU)。
 「大阪府内において絶滅の危険が増大している種」。

この記事にはカエルの画像があります。


 成体になったらきれいな赤色の体。
 1月から2月の一番寒い時期に冬眠から目覚めて、池などに産卵するのが特徴のカエル。
 毎年年明けに卵塊が見られるのですが、2年前、いつも産卵しているところの水がきれいに抜かれていました。
 その後水は張られましたが、一つも卵塊は見られません。
 これで絶滅するのでは、と心配していたのですが、翌年には30個近い卵塊を発見。
 オタマジャクシになり、夏には小さなカエルが草陰に見られるようになりました。

錦織公園の絶滅危惧I類のニホンアカガエル
錦織公園の絶滅危惧I類のニホンアカガエル

 ところが。
 今年は水こそありましたが、卵塊が一つもありません。
 3月になっても。
 奥の池にかろうじて数個。

落ち葉の上にある上の池のニホンアカガエルの卵塊
卵塊

 池は落葉も少なく、きれいになっています。
 今年も掃除したようです。
 そのときに卵を流してしまったのでしょうか。
 下の池にはコイとブルーギルがいるので、そこでオタマジャクシが無事に育つのは、とても難しいでしょう。

 掃除のときに卵塊をバケツなどにとっておいて、終わってから戻せば問題ありません。
 または、上の池に移してもいいでしょう。
 掃除で流したのか、それとも今年は産卵するカエルが少なかったのかはわかりません。
 錦織公園は大阪府営の公園。
 大阪府が自身で指定した絶滅危惧種を絶滅させることはないよう願います。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園
大阪府/大阪府レッドリスト・大阪の生物多様性ホットスポット

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエルカエル産卵絶滅危惧種大阪VU錦織公園都市公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山の源流部で出会ったアカガエルにはそっくりさんがいた!

 金剛山の山頂近く、標高1000メールほどのところでカエルと出会いました。
 このすがたは、アカガエル。
 まだちっちゃいので幼体。


 大阪にいる(大阪側ですがモミジ谷は実は奈良県)アカガエルは、ニホンアカガエルと、ヤマアカガエル。
 名前から想像できるように、山に住むヤマアカガエルと、主に低地に住むニホンアカガエル。
 でも、ニホンアカガエルは山に住むこともあるので注意が必要。
 わかりやすいちがいは目の後ろから伸びている背側線が真っ直ぐだとニホンアカガエル、ゆるくV字に曲がればヤマアカガエル、。

錦織公園のニホンアカガエルの幼体はまっすぐ

 このカエルはゆるく曲がっています。
 さすがに標高1000メートルではヤマアカガエルでしょう。

金剛山出会った幼体はゆるくV字

 と思っていたら、金剛山にはヤマアカガエルに似たカエルがいます。
 それは、タゴガエル
 タゴガエルも背側線はゆるく曲がり、ヤマアカガエルによく似ています。
 ちがいは、ヤマアカガエルの背中は茶色(赤味)が強く、腹部(横腹にも)黒斑があること。

以前出会った金剛山のタゴガエルはかなり茶色かった!

 ということで考えると、このカエルはどうやらタゴガエルのようです。
 たしかに、沢の源流部。
 水量が乏しいので産卵はヤマアカガエルよりもタゴガエル向き。
 もちろん、ヤマアカガエルの幼体が数百メートル登山してきた可能性は否定しませんが。

どうやらタゴガエル?

 繁殖期の5月から6月にかけては谷筋では嫌というほど鳴き声を聞きますが、めったに姿を見ることがないタゴガエル。
 幼体と出会ったのは、珍しいこと?

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/9/7 17:39時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タゴガエルヤマアカガエルニホンアカガエルカエル両生類金剛山の動物金剛山

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

山で出会ったヤマカガシとヒキガエル

 金剛山の下山途中。
 林道を歩いていると、突然足下で動きが。
 びっくりしましたが、どうやらヘビのようです。

この記事にはヘビカエルの画像があります。


 体は黒くて太い筋も間がちょっと赤い。
 ということは、ヤマカガシ?
 でも、なんかヘンです。
 頭が異様に大きいような。
 まさかヤマカガシ型のUMA?


 落ち着いてよくみてみると、どうやら食事中のようです。
 くわえているのは、カエル。


 ヒキガエルでしょうか。
 足の方から飲み込んでいます。


 見たとおり、ヤマカガシの頭はヒキガエルよりもずっと小さく、飲み込めるようには思えません。
 無理に飲み込もうとして、ヘビが窒息してしまいそうです。
 しかし。
 ヘビは結構思い切った進化をした動物で、細い体になったものの、自分より大きい生き物を食べることができます。
 さらに歯が内側を向いていて、噛みつかれると逃げられないようにもなってます。


 自分よりも大きな生き物を食べることができる。それも丸呑みで。
 ヘビは結構すごい肉食動物かも!

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/21 22:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシヒキガエル金剛山の動物金剛山ヘビカエル

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる