【 オニドコロ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の8月の緑色の花

 「緑色の花」というのはちょっと微妙な表現です。
 多くは薄い黄緑色で、人によっては白く見えるかもしれません。
 ということで、ここで見つからなかった場合は白い花もご覧ください。

8月の緑色の花 タグ:下赤阪の棚田の緑色の花8月の花

アキカラマツ
(秋唐松,秋落葉松)
Thalictrum minus
var. hypoleucum

被子植物門 双子葉類
キンポウゲ目
キンポウゲ科
カラマツソウ属
多年草
タグ:アキカラマツ


2016年上旬

オオバコ(大葉子)
Plantago asiatica

被子植物門 双子葉類
シソ目
オオバコ科
オオバコ属
多年草
タグ:オオバコ


2016年上旬

メヤブマオ(雌薮苧麻)の雌花
Boehmeria platanifolia

被子植物門 双子葉類
バラ目
イラクサ科
ヤブマオ属
多年草
タグ:メヤブマオ

ヤブマオやカラムシなどに似ていますが、大きく深い鋸歯と、尾状に伸びた葉の先が特徴。


2014年下旬

ホナガイヌビユ(穂長犬莧)Amaranthus viridis

被子植物門 双子葉類 ナデシコ目 ヒユ科 ヒユ属
一年草
タグ:ホナガイヌビユ


2015年中旬

同じ属のイヌビユに似ますが、イヌビユは葉の先がもうちょっとはっきりわかるほどへこみます。

イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa

被子植物門 単子葉類 イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物
タグ:イネ


2014年下旬

右側はもう咲き終わって穎が閉じてオシベの葯だけが飛び出しています。

稲の花は咲いている時間が短かく、それも朝に咲くのでなかなか咲いているところを見られません。

エノコログサ(狗尾草)
Setaria viridis

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
エノコログサ属
一年草
タグ:エノコログサ


2016年上旬

アキノエノコログサ(秋の狗尾草)
Setaria faberi

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
エノコログサ属
一年草
タグ:アキノエノコログサ

エノコログサよりも穂が長く、垂れるのが特徴。


2016年上旬

オヒシバ(雄日芝)
Eleusine indica

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
オヒシバ属
一年草
タグ:オヒシバ


2016年上旬

メヒシバ(雌日芝)
Digitaria ciliaris

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
メヒシバ属
一年草
タグ:メヒシバ


2016年上旬

コスズメガヤ(小雀茅)
Eragrostis poaeoides

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
カゼクサ属
一年草
花期:7~10月
タグ:コスズメガヤ


2016年上旬

シマスズメノヒエ(島雀の稗)
Paspalum thunbergii

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
スズメノヒエ属
多年草
南アメリカ原産
タグ:シマスズメノヒエ


2016年上旬

カヤツリグサ(蚊帳吊草)Cyperus microiria

被子植物門 単子葉類 イネ目 カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
一年草
タグ:カヤツリグサ


2015年中旬

コゴメガヤツリ(小米蚊帳吊)Cyperus iria

被子植物門 単子葉類 イネ目 カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
一年草
タグ:コゴメガヤツリ


2016年上旬

ヒメクグ(姫莎草)
Kyllinga brevifolia var. leiolepis

被子植物門 単子葉類
イネ目
カヤツリグサ科
ヒメクグ属
一年草
タグ:ヒメクグ


2016年上旬

オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro

被子植物門 単子葉類 ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草
タグ:オニドコロ


雄花 2014年下旬

同じヤマノイモ属のヤマノイモとよく似ています。

雄花の花序が上を向くところも同じですが、このオニドコロはどういうわけか、垂れるか横を向いてました。

ヤマノイモは花被片が白く広がらないので丸く見えますが、オニドコロは淡?緑色で花被片は小さいですが開きます。


雌花 2014年下旬

上に向く雄花花序に対して、雌花花序は下を向きます。
ところが、花自体は上を向いて咲きます。

雄花同様、ヤマノイモは花被片が白く開きませんが、オニドコロは淡黄緑色で開きます。

同じ花序にうちわのような丸くて平たいものがついていますが、それは成長している果実です。

緑色の花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 8月の花/SA-tanada8月の白い花/SA-tanada白い花/SA-tanada初秋の花/SA-tanada秋の花/SA-tanada8月の下赤阪の棚田の植物オニドコロ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年10月中旬の白~緑色の花

 10月の下赤阪の棚田はまだ花がたくさん。
 昆虫がいなくなる前に、受粉してしまおうという、駆け込み開花でしょうか。
 風媒花のイネ科は、草が枯れる冬の間に地面までタネを落とそうというのでしょうか。
 謎です。


白い花 タグ:下赤阪の棚田の白い花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱

タカサブロウ(高三郎)?
Eclipta thermalis

キク目
キク科
タカサブロウ属
一年草
タグ:タカサブロウ

アメリカタカサブロウかも。

ヒメジョオン(姫女苑)
Erigeron annuus

キク目
キク科
ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン

オオハルシャギク(大春車菊)
Cosmos bipinnatus

キク目
キク科
コスモス属
一年草
別名:コスモス
タグ:オオハルシャギク

イタドリ(虎杖,痛取)Fallopia japonica 雄花

タデ目 タデ科 ソバカズラ属
多年草
タグ:イタドリ

イヌホオズキ(犬酸漿)
Solanum nigrum

ナス目
ナス科
ナス属
一年草
タグ:イヌホオズキ

オランダガラシ(和蘭芥子)Nasturtium officinale

フウチョウソウ目 アブラナ科 オランダガラシ属
多年草
ヨーロッパ~中央アジア原産
別名:クレソン
タグ:オランダガラシ

シロバナキツネノマゴ
(白花狐の孫)
Justicia procumbens
var. leucantha

シソ目
キツネノマゴ科
キツネノマゴ属
一年草
タグ:シロバナキツネノマゴ

シロバナミゾソバ(白花溝蕎麦)
Persicaria thunbergii
form. albiflora

ナデシコ目 タデ科 タデ属
一年草
花期:7~10月
草丈:30~100cm
痩果
生育場所:湿った場所
分布:北海道~九州/在来種
タグ:シロバナミゾソバ

ビワ(枇杷)
Eriobotrya japonica

バラ目
バラ科
ビワ属
常緑高木
タグ:ビワ

双子葉植物綱
植物界 被子植物門
白い花
緑色の花 タグ:下赤阪の棚田の緑色の花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱

アキカラマツ(秋唐松,秋落葉松)
Thalictrum minus var. hypoleucum

キンポウゲ目 キンポウゲ科 カラマツソウ属
多年草
タグ:アキカラマツ

中心から細い針状のオシベがたくさん飛び出した面白い形の花。

花には、メシベ、オシベ、花びら、萼(がく)がありますが、種類によって無かったり、変化したりとバリエーションがいろいろあります。

キンポウゲ科はバリエーション豊富。
中でもカラマツソウ属は、花びらがなく、萼も開花後すぐ落ちてしまい、オシベばかりが目立ちます。

アレチウリ(荒れ地瓜)
Sicyos angulatus

ウリ目 ウリ科 アレチウリ属
蔓性一年草
北アメリカ原産の帰化植物
特定外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

液果の集合果
タグ:アレチウリ

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)Achyranthes bidentata var. fauriei

ナデシコ目 ヒユ科 イノコヅチ属
多年草
タグ:ヒナタイノコヅチ

双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱

オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro の雄花?

ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草
タグ:オニドコロ

オニドコロの雄花の特徴は、花柄が上向きに伸びることですが、これは下向き。
散りかけ?
それともまちがい?

葉を見てると、巻き付いていたササが折れて垂れ下がったようにも?

オヒシバ(雄日芝)Eleusine indica

イネ目 イネ科 オヒシバ属
一年草
タグ:オヒシバ

シマスズメノヒエ(島雀の稗)
Paspalum dilatatum

イネ目
イネ科
スズメノヒエ属
多年草
タグ:シマスズメノヒエ

ヒメクグ(姫莎草)
Kyllinga brevifolia
var. leiolepis

イネ目
カヤツリグサ科
ヒメクグ属
一年草
タグ:ヒメクグ

単子葉植物綱
植物界 被子植物門
緑色の花

 もう植物は出尽くしつつあるので、月と色の組み合わせの中で、新しい花が見つかったときのみリストをつくることにしました。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

新品価格
¥1,296から
(2016/11/11 22:42時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/1010月の下赤阪の棚田の植物アキカラマツオニドコロ白い花/SA-tanada緑色の花/SA-tanada10月の白い花/SA-tanada10月の緑色の花/SA-tanada白い花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 7月中旬の赤紫~紫~青紫・緑色の花・その他植物・地衣類編

 久しぶりに地衣類が登場する下赤阪の棚田ビオトープ。
 藻類と共生したカビ。
 でも、自分で栄養をつくる植物みたいな生き方をしています。


だんだんになっている下赤阪の棚田

植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
コマツナギ(駒繋)
Indigofera
pseudotinctoria
マメ目
マメ科
コマツナギ属
落葉小低木
タグ:コマツナギ
ホトケノザ(仏の座)
Lamium amplexicaule
シソ目
シソ科
オドリコソウ属
越年草
タグ:ホトケノザ
ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ
ムラサキカタバミ
(紫片喰)
Oxalis corymbosa
フウロソウ目
カタバミ科
カタバミ属
多年草
南アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
タグ:ムラサキカタバミ
被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
トキワハゼ(常磐爆)
Mazus pumilus
シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草
タグ:トキワハゼ
アジサイ(紫陽花)
Hydrangea macrophylla
var. macrophylla
ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属
落葉低木
タグ:アジサイ
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
青紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ヨメナ(嫁菜)Aster yomena
キク目 キク科 シオン属
多年草
タグ:ヨメナ
光のいたずらか、花弁のほのかに青い色がそれなりに再現できています。

色も形もノコンギクに似ていますが、ノコンギクが咲くのはもうちょっと先。

葉ももっと小さい鋸歯が並んでいますので、これはヨメナ。だと思います。
被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花
植物界
緑色の花
被子植物門 単子葉植物綱
オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro の雄花
ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草
タグ:オニドコロ
左は雄花。直立します。

右は雌花。花序は垂れますが、花は上を向きます。

ヤマノイモと見た目も生えているところも似ています。

でも、落ち着いてみれば、結構ちがうところがあります。

その一つは、葉の広さ。

幅が広くてハート型になっているのがオニドコロ。
幅が狭くて矢尻型になっているのがヤマノイモ。
被子植物門 単子葉植物綱
緑色の花
植物界
植物界
その他植物
被子植物門 単子葉植物綱
イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa
イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物
タグ:イネ
棚田の主役。

6月上旬に来た時にはまだ田植えがされていなかった田んぼですが、もうこんなに大きくなっています。
アオウキクサ(青浮草)
Lemna aoukikusa
オモダカ目
サトイモ科
アオウキクサ属
多年草
タグ:アオウキクサ
被子植物門 単子葉綱
その他植物
シダ植物門
ワラビ(蕨)Pteridium aquilinum
シダ綱 ウラボシ目 コバノイシカグマ科 ワラビ属
夏緑性
タグ:ワラビ
山菜のワラビです。

成長するとこんな感じ。

日当たりのいい草地によく生えます。
ですから棚田の周りはワラビにとっていいところです。
スギナ(杉菜)
Equisetum arvense
トクサ綱
トクサ目
トクサ科
トクサ属
夏緑性
タグ:スギナ
シダ植物門
その他植物
植物界
菌界
地衣類
子嚢菌門 チャシブゴケ菌綱
ツブダイダイゴケ(粒橙苔)Caloplaca flavovirescens
ダイダイキノリ目 ダイダイキノリ科 ダイダイゴケ属
痂状地衣類
別名:カロプラーカ・フラボヴィレスケンス
コンクリートにオレンジ色のシミみたいなのがついていたら、このダイダイゴケかも。

もともと岩場に着く地衣類ですが、コンクリートも大好きなようです。

これもコンクリートの上です。
子嚢菌門 チャシブゴケ菌綱
地衣類
菌界

 おなじみの花がたくさん出てきましたが、ちょっと視点を変えると、まだまだおもしろいいきものと出会うことができます。

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/077月の下赤阪の棚田の植物オニドコロイネワラビツブダイダイゴケヨメナシダ/SA-tanada地衣類/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS