【 ウメノキゴケ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

地衣類の静かな、でも熾烈な戦い

 地衣類。ちいるい。
 コケみたいだけど、コケでない不思議な生き物。
 光合成をして生きていますが、植物ではありません。
 カビとノリみたいな藻類(そうるい)が一緒になった生き物。

 カビがコケみたいな形になって、その中に小さな部屋をたくさん作り、その部屋に入った藻類が光合成して、栄養をカビに渡すかたちで共生しているのが地衣類。
 たとえるなら、カビに家を用意してもらっているので、藻類が家賃を払っているようなもの。でしょうか。

地衣類らしい?ウメノキゴケ

 地衣類の特徴のひとつは、ものすごく成長が遅いこと。
 ウメノキゴケという種類は1年で数ミリしか大きくなりません。
 実は、植物の世界は太陽の光を奪い合う戦いの毎日。
 より光を受けようと成長を続けているのです。
 成長が極端に遅いというのは、あっという間に成長の早い植物に覆われ、太陽の光が遮られてしまいます。

 ですから地衣類はコケと場所と光の取り合いをよくしています。
 コケも成長が早い生き物ではありませんが、さすがに地衣類よりおそいということはありません。
 つまり、コケが先に場所を取っていまい、さらに地衣類の上に乗ってくれば光を遮られてしまいます。

苔も生えないコンクリートに生える地衣類のツブダイダイゴケ

 ところが、地衣類は植物の成長を妨げる物質(地衣成分)を作り、それでコケの成長を抑えているようです。
 成長が遅いのですから、作りだされる地衣成分の量も決して多くはないでしょう。
 地衣成分の地衣類か、成長が早いコケか。
 地衣類とコケが隣り合っている場所では、なにもないように見えますが、実は静かに地衣類とコケの戦いが繰り広げられているのです。

 そんなところに出会うと、どうしても地衣類を応援してしまいます。

地衣類とコケがせめぎ合っているコンクリートの上

地衣類はヒメジョウゴゴケ?

コケはエゾスナゴケ?

 もちろん、鉢に勝手に生えていたコケを育てて苔玉を作るくらいコケも好きです。

街なかの地衣類ハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2018/12/20 21:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメジョウゴゴケウメノキゴケエゾスナゴケ地衣類コケ蘚類

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

これぞウメノキゴケ!? 梅の木じゃないけど

 ウメノキゴケ。
 漢字では「梅ノ樹木毛」。
 名前に「コケ」とありますが、地衣類というコケとはまったくちがう生き物。
 コケは植物ですが、地衣類は、強いて言うなら菌類。
 キノコかカビ。
 それが光合成をする藻類と共生したもの。

 地衣類の代表格と言えるウメノキゴケ。
 名前のように梅の木についていることが多いですが、ほかの木にもつきますし、石などにもつきます。
 そのウメノキゴケと出会いました。


 場所は和歌山県九度山町の丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)の石造大鳥居。
 ここは、高野山の参道の一つ、町石道(ちょういしみち)のスタート地点、慈尊院の上にあります。
 慈尊院と丹生官省符神社を結ぶ石階段の途中に町石道の始まりを表す百八十町の石の卒塔婆(そとば)がたてられています。
 その隣りにあるのが、石造大鳥居。


 梅の木についていないこと以外は典型的とも言えるウメノキゴケかもしれません。
 『「木毛」ウォッチングのための手引き 中級編 近畿の地衣類』によるとウメノキゴケの特徴は。

灰白色から灰緑色
葉状(平たい苔類のコケのような形)
大きさは10cm以上になることも
地衣体の中央部に裂芽(ちいさなつぶ)がある
通常は子器(胞子をつくるところ)はつけない
樹皮状や岩上で生育する普通種

腹面は黒だけど先端は淡褐色
葉縁にはシリア(黒くて短い毛のようなもの)がない

 おお、ぴったり!
 ウメノキゴケです。

 ウメノキゴケなどが木に寄生して枯らすという人が時折います。
 石(多分、栄養がないことで有名な花崗岩)の上でこれだけ大きくなるのですから、樹木からの栄養で育っているわけでないことは明らかでしょう。

 この鳥居が立てられたのは宝永ニ(1705)年。
 ただし、この場所には明治四十三(1910)年に移されたそうです。
 それからおよそ100年。


 地衣類はとても成長が遅く、1年で数ミリと言われます。
 10センチ育つためには数十年。
 このウメノキゴケはここに移されてしばらくたってから芽を出したようです。
 人間の寿命と同じくらい生きているかもしれません。
 町石道の歴史とくべると一瞬ですが、それでもかぞえきれないほどの巡礼者を見送ってきたのでしょう。

(「木毛」ウォッチングのための手引き) 地衣類初級編

新品価格
¥2,057から
(2018/3/23 21:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウメノキゴケ地衣類丹生官省符神社石造大鳥居高野山町石道

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

迷探偵は地衣類の汚名を雪げるのか? その2


 間が開いてしまいましたが、【迷探偵は地衣類の汚名を雪げるのか?】の続きです。



 インターネットでいまだよく目にするのが「地衣類(ちいるい)が木を枯らす」という冤罪。
 ひどいものになると地衣類が樹木に「寄生」していると書いてあるものもあります。

 そんなことはありません。
 地衣類は樹木の表面にひっついていますが、少なくとも寄生はしていません。



梅の木についている奈良公園のウメノキゴケ
梅の木についている奈良公園のウメノキゴケ




 「地衣類」というのは、見た目はコケに似ているようですが、コケとはまったくちがう生き物です。

 「コケ」は大きくなれませんが葉緑体で光合成をする植物です。

 地衣類はちょっとややこしい生き物。

 なぜなら体はカビと同じ菌類(きんるい)。
 それが光合成を行う藻類(そうるい)をとりこんだもの。

 つまり二つのちがう生き物が合体した生き物。



 藻類に住むところを世話してあげる代わりに藻類が光合成した栄養をもらうのです。
 カビのように何かを溶かして食べるのではありません。

 ですから、菌類でも寄生はしないのです。

 ただ場所を借りてひっついているだけ。
 着生しているのです。

 このように地衣類や生き物に対する知識不足が、地衣類が樹木に寄生するというような冤罪を引き起こしているようです。



 ただ木を枯らさないはずの地衣類が木を枯らす稀な例としてあげられるのが、ウメノキゴケとツツジです。

 葉を落とした冬のツツジを見ていると、ときおり枯れた小枝の先にウメノキゴケが覆うようについているものがあります。

 この小枝を枯らしたのが、ウメノキゴケだというのです。



ツツジの小枝を枯らしているように見える高野山のウメノキゴケの仲間
ツツジの小枝を枯らしているように見える高野山のウメノキゴケの仲間




 たしかに地衣類のウメノキゴケがツツジの新芽を覆って枯らしているように見えます。

 しかし見れば見るほど違和感があります。

 平たいウメノキゴケは小枝に巻きつかず、覆うと言うよりものっかているように見えることです。

 小枝を枯らしているのではなく、小枝では足場が不安定で困っているようにも見えます。



ツツジの枯れた小枝にしがみついている錦織公園のナミガタウメノキゴケ
ツツジの枯れた小枝にしがみついている錦織公園のナミガタウメノキゴケ




 そしてもっと不思議なのが、ツツジとウメノキゴケの成長速度の差です。

 地衣類は成長がとても遅いので有名ですが、柏谷博之著『地衣類のふしぎ』のよるとウメノキゴケの成長は直径で年5.4mm。

 つまり、ウメノキゴケの端っこは1年たってもたった3mmも伸びないことにないます。

 ツツジの成長速度はわかりませんが、どう考えても年間ミリレベルとは思えません。

 どうしてツツジよりもはるかに成長が遅い地衣類がツツジの新芽を覆うことができるのでしょうか。

 つまり、ツツジが成長を止めたので地衣類が覆ったのです。
 それも時間をかけて。



 ただ成長の遅い地衣類は、自分より早いコケに勝つために成長を阻害する物質(地衣物質)を作り出している可能性があるそうです。

 とはいえ、地衣類のまわりでコケが広い範囲で枯れているのは見たことがないので、その地衣物質もそれほど強力なものではないでしょう。

 そもそも地衣類の成長速度からすると、そんなに大量に作れないはずです。



ツツジだけでなく自分も枯れてしまった金剛山のウメノキゴケの仲間
ツツジだけでなく自分も枯れてしまった金剛山のウメノキゴケの仲間




 もしかするとウメノキゴケの地衣物質が意図せずツツジの新芽の成長を止め、そのまま枯らしてしまった可能性もあるかもしれません。

 たまたまウメノキゴケがついた部分が何らかの理由で枯れてしまったのですが、ウメノキゴケはそのまま成長していたという可能性も十分ありえます。

 そもそもツツジが枯れて直射日光がガンガン当たるようになると、ウメノキゴケもいずれ枯れてしまうでしょう。
 または枝が折れて地面に落ちてしまうかもしれません。

 どちらにしてもウメノキゴケにとってひっついているツツジが枯れると得があるとは思えません。



 最後にウメノキゴケがツツジに寄生、つまりツツジから栄養や水を盗んだり、ツツジの体を分解して食べたりしていることは、ありません。

 ですから「地衣類がツツジに寄生している」という人は、地衣類のことを理解していないので、ご注意を。



◆タグ ウメノキゴケ 地衣類 ◆

地衣類を調べる図鑑

(「木毛」ウォッチングのための手引き) 地衣類初級編

新品価格
¥2,000から
(2013/9/18 21:19時点)

近畿の地衣類 (「木毛」ウォッチングのための手引き 中級編)

新品価格
¥2,500から
(2013/9/18 21:19時点)

校庭のコケ―野外観察ハンドブック

新品価格
¥2,000から
(2013/9/18 21:20時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 地衣類ウメノキゴケ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

摩耶山天上寺の地衣類の木


 兵庫県南東部の六甲山地(ろっこうさんち)
 神戸市の西端あたりから宝塚(たからづか)市あたりまで東西にいくつもの山が連なる山地です。
 もちろん有名な六甲山(ろっこうざん)も含まれます。

 その六甲山地のほぼ中央にあるのが摩耶山(まやさん)


大きな地図で見る
六甲山地と摩耶山の地形図



元摩耶山天上寺(現摩耶山歴史公園)のコブシ
元摩耶山天上寺
(現摩耶山歴史公園)のコブシ
 弘法大師(こうぼうだいし)空海(くうかい)が中国から持ち帰った釈迦(しゃか)の生母の摩耶夫人(まやふじん)(ゴータマ・シッダールタの母マーヤー)の像を、ここにある天上寺(てんじょうじ)に安置したことに由来します。

 しかしその天上寺も1976年に賽銭(さいせん)泥棒の放火によって全焼、現在は摩耶山の別の場所に移っています。

 現在、元の天上寺の場所は摩耶山歴史公園として整備されています。

 その摩耶山歴史公園に生えている1本のコブシの木。
 その葉をすっかり落とした幹にいろいろな地衣類(ちいるい)が着生していました。


葉状地衣類

 「ようじょうちいるい」。
 コケの苔類と同じように葉っぱのように平たく広がる地衣類です。
 苔類のコケとのわかりやすい違いは、色が青みがかった灰色か黄緑色がかった灰色をしていることと、コケよりも薄いことです。

ウメノキゴケ科と思われるもの

ウメノキゴケ(梅ノ樹木毛)
ウメノキゴケ(梅ノ樹木毛)
ウメノキゴケ科
キウメノイキゴケ(黄梅ノ樹木毛)
キウメノイキゴケ(黄梅ノ樹木毛)
ウメノキゴケ科

ゴンゲンゴケ(権現木毛)
ゴンゲンゴケ(権現木毛)
ウメノキゴケ科




痂状地衣類

 「かじょうちいるい」。
 コケよりもしみのような感じの地衣類です。
 薄く広がり、ところどころに胞子をつくるための盛り上がりがあるようなものです。

チャシブゴケ科と思われるもの

コナイボゴケ(粉疣木毛)
コナイボゴケ(粉疣木毛)
チャシブゴケ科
レカノラ・スブインメルゲンス?
レカノラ・スブインメルゲンス?
チャシブゴケ科


トリハダゴケ科と思われるもの

トリハダゴケ(鳥肌木毛)の仲間?1
トリハダゴケ(鳥肌木毛)の仲間?1
トリハダゴケ科?
トリハダゴケ(鳥肌木毛)の仲間?2
トリハダゴケ(鳥肌木毛)の仲間?2
トリハダゴケ科?


モジゴケ科と思われるもの

モジゴケ(文字木毛)
モジゴケ(文字木毛)
モジゴケ科
モジゴケ(文字木毛)の仲間1
モジゴケ(文字木毛)の仲間1
モジゴケ科

モジゴケ(文字木毛)の仲間2
モジゴケ(文字木毛)の仲間2
モジゴケ科




 さすがに樹状地衣類(じゅじょうちいるい)は見かけることはできませんでしたが、これがただ1本の木で見つけた地衣類です。
 しかも目的の六甲山牧場へ向かうためにほんの数分木の周りを回っただけです。

 それでこれだけの地衣類を育んでいるというのは、恐るべき木です。


地衣類だらけでも元気な冬芽をつけているコブシ
地衣類だらけでも元気な冬芽をつけているコブシ



◆記事ナビ◆ 〔地衣類〕

■外部リンク■
摩耶山天上寺




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 地衣類摩耶山天上寺モジゴケウメノキゴケキウメノキゴケゴンゲンゴケコナイボゴケ六甲山地

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

これぞ本当のウメノキゴケ!

 ケヤキや桜など梅以外の植物で見かける葉状(ようじょう)地衣類(ちいるい)のウメノキゴケ。

 念願かなってついに梅の木で立派なウメノキゴケを見ました。
 多分。

梅の木のウメノキゴケ[奈良公園]
梅の木のウメノキゴケ[奈良公園]


 ウメノキゴケの特徴はのいくつかあります。
 その一つが裂芽(れつが)と呼ばれる細かいつぶつぶが中心に集中して外側には無いこと。

裂芽は地衣体の周辺には少ないように見えるウメノキゴケ(ちょっと不安)[奈良公園]
裂芽は地衣体の周辺には少ないように見えるウメノキゴケ(ちょっと不安)
[奈良公園]


 そして地衣類の本体になる地衣体(ちいたい)の裏側の周辺部は薄い褐色で、短い根のような偽根(ぎこん)が無いこと。

偽根が見当たらないウメノキゴケの地衣体の裏側[奈良公園]
偽根が見当たらないウメノキゴケの地衣体の裏側[奈良公園]



 まだちょっと不安なところはありますが、梅の木のウメノキゴケでした。


◆記事ナビ◆ 〔ウメノキゴケ〕 〔地衣類〕 〔奈良公園〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウメノキゴケ地衣類奈良公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

箕面公園の地衣類



箕面公園へ


 まだまだ地衣類(ちいるい)蘚苔類(せんたいるい)の区別もあやふやなところがありますが、とりあえず名前探しをしてみました。

 地衣類はそれこそそこらじゅうにいますが、地衣類強化期間として最初に意識して訪れた大阪北部の箕面公園(みのおこうえん)の地衣類です。
 見たのは紅葉の季節でしたが、地衣類には季節はあまり関係ありませんので、今でも見た目はそれほど変わらないはずです。

地衣類については 記事【「ちいるい」ってなに?】



箕面で見た地衣類を分類してみたら


 木が多く水が豊富なところはコケにに覆われて生長が遅い地衣類はなかなか苦労しているようです。
 そんな中でも岩の上などで見かけた地衣類です。

痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ
痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ



痂状(かじょう)地衣類レプラゴケ?
痂状(かじょう)地衣類レプラゴケ?



葉状地衣類ウメノキゴケ科?
葉状地衣類ウメノキゴケ科?



樹状地衣類ヤリノホゴケ?
樹状地衣類ヤリノホゴケ?



 としてみましたが、まだまだ自信がありません。

 地衣類の分類が難しい最大の理由は、似たものがいっぱいあるということです。
 もちろん地衣類の中でも区別しにくいものが多いですし、コケの蘚類(せんるい)苔類(たいるい)はもちろん、藻類(そうるい)まで似たものがいっぱいです。


収斂進化?


 蘚苔類、つまりコケは花も咲きませんし種もできませんが、葉緑体が光合成を行うことで基本的な栄養を作り出しているということで、植物と分類されています。

 地衣類の体をつくっているのは菌類(きんるい)です。つまりカビやキノコと同じ生き物です。
 菌類は自分で栄養を作り出すことができないので、周りのものを分解して栄養として取り込んでいます。

 ですからコケと地衣類は生物進化でみるとまったくちがう生き物ですが、こんなに似ているということは、彼らの生活環境にはあのような形が似合うのでしょうか。

 まったくちがう生き物が同じ環境でよく似た姿になっていることを収斂進化(しゅうれんしんか)といいますが、これも収斂進化なのでしょうか。

タグ〔収斂進化〕



植物とコケと地衣類


 ブログやホームページを見ても地衣類を植物として扱っていることが多く、特に名前に「コケ」がつくのでコケと同じと思っている人もいるようです。

 地衣類はそこら中にいますが、コケと同じ扱いにしてもふつうは何も困りません。
 実際古典的な二界説では地衣類も植物になります。
 ですから地衣類を植物としてもコケの仲間としても何も問題は無いでしょう。

 でも、こういう細かいことを区別していくことから生き物を理解していくことにつながっていくのではないかと思います。

大阪府営 箕面公園


地衣類の記事は カテゴリ[地衣類]
箕面公園の記事は タグ〔箕面公園〕






››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヘリトリゴケレプラゴケウメノキゴケヤリノホゴケ地衣類箕面公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

「ちいるい」ってなに?



「地衣類」は「ちいるい」です


 あまり聞かない言葉ですが、「ちいるい」は、漢字では「地衣類」と書きます。
 漢字を見ても地面と服にかんけいがありそうなことしかわかりません。

 結論を先に言うと、服ではありません。いきものです。

 でも動物ではありません。植物でもありません。ではなんでしょう?

 「地衣類」です。

まるでしみや汚れのような痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ(多分)[高野山]
まるでしみや汚れのような
痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ(多分)[高野山]




カビやキノコ?


 地衣類と呼ばれるいきものの基本は菌類(きんるい)です。
 簡単に言うと、カビやキノコの仲間です。

 カビやキノコというのは、動物のように動きませんので、植物の仲間と考えられていました。
 しかし光合成をしない、つまりは自分で栄養を作り出せない生き物なので、植物とは違ちがう生き物と考えられるようになりました。

コケの苔類みたいな葉状(ようじょう)地衣類のウメノキゴケ(多分)[高野山]
コケの苔類みたいな
葉状(ようじょう)地衣類のウメノキゴケ(多分)[高野山]




菌類の食事 地衣類の食事


 ではどうやって栄養を得ているのでしょう。

 カビやキノコは他の生き物や生き物だったものに取り付いてそれを分解するなどをして栄養をとりこんでいます。
 こういうところは食べ物を消化吸収する動物に似ているかもしれません。

 しかし同じ菌類であっても地衣類は違うのです。

 それは体の中にほかの生き物がいて、その生き物がつくりだした養分をもらっているのです。
 その生き物は藻類(そうるい)
 藻類は光合成によって養分を作り出せます。

 そういう点では動物のサンゴにちょっと似ています。

コケの蘚類みたいな樹状(じゅじょう)地衣類のヤリノホゴケ(多分)[高野山]
コケの蘚類みたいな
樹状(じゅじょう)地衣類のヤリノホゴケ(多分)[高野山]




コケのようでコケでない


 地衣類が住んでいるのは森の中から高い山の岩場に南極まで。
 人間以外の多細胞の生き物の中では、もっとも広い範囲に住んでいると言われています。
 ということで実は珍しくもなんともない生き物。ただ気にとめていないだけです。

 日当たりがちょっとわるい木の幹や、いつも湿っているようなコンクリート上にいるものがよく目につきます。

 地面や岩の上などにべったりと広がっている様子から名前に「コケ」と付いているものが多く、確かに見た目もコケと見分けがつかないものも少なくありません。
 しかしコケは植物、地衣類とは全然違う生き物です。


 実は今までコケと思っていた中にも地衣類はいるのかもしれません。


◆記事ナビ◆ [地衣類] 〔地衣類〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 地衣類ヘリトリゴケウメノキゴケヤリノホゴケ高野山菌類

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる