【 イモムシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

せっかく冬を乗り越えたというのに? ツマグロヒョウモン

 秋の終わりにスミレに産み付けられたツマグロヒョウモンの卵。
 そこから孵化したたくさんの幼虫のその後。

この記事にはイモムシの画像があります。


 2月。
 立春を迎えますが、10℃を下回る気温が続きます。
 よく見ていると、パンジーやビオラの葉がかけています。
 温かいときには葉を食べているようです。
 そして、大きいのも小さいのも寒い中でも頑張って生きています。
 ところが。

3センチを超え終齢かもしれない大きいのと


なぜか粉まみれの小さいの

劣化したプラ鉢の表面が原因?

 今年も冬が暖かったのに、春を迎えてから急に冷え込んだ日が続きました。
 その頃から幼虫の死骸が目立つようになってきました。
 12月1月を越えたというのに、春になってから?
 小さい幼虫ばかり死んでいます。
 寒さを乗り越えるために体力を使い果たし、暖かくなるのがまてなかったのでしょうか。

ひっくり返って固まっています

 3月になり、少しずつ暖かくなってきました。
 太陽が照らす日には、盛んにパンジーやビオラの葉を食べていきます。
 しかし、幼虫の数はどんどん減っていきます。
 寒さのピークは越えたはずなのに。
 多頭飼育崩壊は避けられますが、でも、なにがあったのか気になります。
 もしかしたら、スズメに食べられたのでしょうか。
 それとも、栽培品種のパンジーやビオラは、ツマグロヒョウモンの幼虫を殺すために遺伝子組み換えが行われているのでしょうか。
 たしかに、幼虫の数が減ってきたのは、あたたかくなってきてビオラやパンジーの葉を食べるようになってから、のような気がします。

花は大好きなようです

 桜が咲き始めた4月。
 ついに1匹がサナギになりました。
 卵からサナギまで、夏には1ヶ月で終わることが、およそ半年。
 夏には1週間だったサナギの期間ももっと長いのでしょうか。

捨てようと思っていたぼろぼろの鉢でさなぎになりました

蛹になりたてなのでまだオレンジ色

 そして、このサナギを含めて、ツマグロヒョウモンは6匹。
 20匹以上のほとんどが死んでしまったようです。
 野草のスミレばかり食べていた夏はこんなことはありません。
 やっぱり、遺伝子組換え?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン  幼虫  イモムシ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

恐怖、多頭飼育崩壊! ツマグロヒョウモン

 10月に鉢植えのスミレに産み付けられたツマグロヒョウモンの卵のその後。
 10日ほどで孵化しましたが、もうすぐ11月。
 夏でも蛹までは1ヶ月は必要です。
 幼虫のまま冬を越すようです。

この記事にはイモムシの画像があります。


 幼虫はみるみる育っていきます。
 そして、次々と生まれてきます。
 大きいのから小さいのまで、冬を迎えます。

黒くなっているので孵化直前の卵?

 もちろん、冬になると虫たちは活発に動くことはできません。
 命を終える種類も少なくありません。
 大阪なら真冬でも活動する虫もいますが、大抵は命を終えるか、じっとして冬の寒さを耐えるかのどちらか。
 ツマグロヒョウモンの幼虫は、冬でも動く派でした。
 気温が10℃を下回っても、お日様があたり暖かかったら、もそもそ動いて、スミレの葉を食べます。

黒くないので一齢幼虫?

 もちろん、暖かい時に比べてかなりのんびりですが、確実に食べています。
 そして、脱皮もして、大きくなります。
 冬の間にスミレを養生しようと思っていたのですが、それどころではありません。

樹脂製植木鉢の縁の裏で寒さをしのいでいます

 しかし、冬には強い味方があります。
 ビオラとパンジー。
 どちらもスミレの仲間ですので、大丈夫。
 ホームセンター行けば買えます。
 しかし、幼虫の数は結構多そう。
 一体いくつビオラを買えばいいのか。
 このままでは、多頭飼育崩壊していまします。

冬の間でも成長します

 「多頭飼育崩壊」は、複数のペットを無計画に飼い、繁殖を繰り返した結果、異様な数にふくれあがり、飼育環境が悪化する状況です。
 飼い主の生活空間を圧迫することも少なくありません。
 時折ニュースなどで報道される、ネコに占領された家や、無数のイヌが劣悪な環境に押し込められたブリーダーなどのこと。
 同じようにイモムシの多頭飼育崩壊しつつあります?

クスノキの落葉を置いたら裏にびっしり

 といっても、“駆除”もしたくありません。
 とりあえず、食べ物だけは用意しますが、特に寒さ対策やスズメ対策もせず、自然の流れに任せることにしました。
 あとは、多頭飼育崩壊に怯えながら? 春を待ちます。

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2017/1/19 22:03時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン  幼虫  イモムシ  冬越  多頭飼育崩壊 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

かなり意外な? 肉食系のイモムシ ヤドリガ

 9月に写した写真を見なおしていると、頭の尖った小さい虫がいました。
 テングスケバ。
 ウンカの仲間です。
 すっかり忘れていました。

この記事にはの画像があります。


 よくみると、この虫ヘンです。
 背中に白いものがついています。
 ウンカに近いアブラムシの仲間には、白いロウ物質をつけて体を守るものがありますが、これは翅の下で、どう考えても邪魔なだけ。

テングスケバとハゴロモヤドリガ

 これは、テングスケバがつくったものではありません。
 ハゴロモヤドリガ。
 ウンカやハゴロモなどに寄生する、蛾の幼虫です。
 ヤドリガは名前のように幼虫がセミやウンカなどに寄生する肉食系。
 と言っても、バリバリと食べるのではなく、寄生して“血”をもらう遠慮気味系?の肉食系。


 蝶や蛾の幼虫というと、植物の葉を食べる草食系のイメージですが、このように肉食系もいます。わずかですが。
 動物は、昆虫も脊椎動物も、実は植物を消化できません。
 植物を分解できる微生物を内蔵に住まわせ、分解してもらっているのです。
 ですから、動物は本来肉食。草食に向いていないのです。

 でも。
 だからこそ。
 動物が手を出さない植物を食べることができたから、蝶や蛾は昆虫の中でも種類を増やすことができたのでしょう。
 逆に草食が増えすぎたため、植物の取り合いの中から飛び出し、肉食に戻ったイモムシがいても不思議はありません。
 ところが蝶や蛾と同じように、植物食から分かれていったと考えられる蜂には、数多くの肉食の種類が現れましたが、蝶や蛾はそうではありません。
 なぜでしょう。

セミから落ちて蛹になろうとしているセミヤドリガの幼虫

 確かな理由はわかりませんが、一つの予想を。
 幼虫が肉食の昆虫の最大の問題は、生まれたての小さな幼虫がいかに食べ物にたどり着くか。
 蜂の場合は、食べ物になる昆虫などを麻痺させ卵と一緒に巣に入れる、直接卵を産み付ける、など親が積極的に、まるで子育てをするように行動します。

 蝶や蛾の場合、それをしない、いやできないに違いありません。
 蝶や蛾には蜂のように相手を麻痺させる毒針を持っていません。
 ほかの昆虫を運ぶこともできません。
 巣を作ることもできません。

 と考えると、ヤドリガの幼虫は、生まれた瞬間から寄生する相手を探すという結構ハードなサバイバルを行わなければならないのかもしれません。
 これは結構たいへんなこと。
 そうなら、蝶や蛾の仲間に、蜂のように寄生する種類が多くないことも納得できます。

日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2016/11/9 21:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: テングスケバ  ハゴロモヤドリガ  セミヤドリガ  イモムシ  寄生 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

増えすぎたスミレをどうしようかと思っていたらイモムシがたくさん食べてくれました。けれども

 家にはたくさんのスミレがあります。
 そのほとんどは、勝手に増えたもの。
 花は春にしか咲きませんが、咲かない花(閉鎖花)が春から秋まで種をつくり、まわりに飛ばしまくります。
 ですから、何かを植えている鉢から、何も植えていない鉢までスミレだらけになってしまいます。
 とってしまわなければならないのですが、成長している姿を見ると、ついつい先延ばしになってしまいました。
 花は来年の春まで咲かないというのに。

この記事にはの画像があります。



 そして、ある日。
 スミレの葉に黒いイモムシが。
 黒いだけではありません。
 黒い毛、いやトゲが生えています。
 スミレを食べる、トゲのある黒いイモムシ。
 ヒョウモンチョウの仲間にちがいありません。

この頃はまだスミレの葉に隠れるほどの大きさ

 ヒョウモンチョウはオレンジ色に黒い斑点がある翅のチョウのグループです。
 ヒョウモンチョウの中でもどうやら、ツマグロヒョウモンのようです。
 ツマグロヒョウモンの幼虫はスミレを食べます。
 増えすぎたスミレを食べてもらって、きれいな蝶の誕生を見ることができれば。
 と、様子を見ることにしました。

オレンジ色がなんとなく毒々しい幼虫さん

 とりあえず、見つけた幼虫を一つの鉢に集めました。
 葉が食べられ無くなってくると養生に回し、新しい鉢を用意します。
 ヒョウモンチョウの幼虫は頭がいいようで、徹底的に食べつくす前にほかに探しはじめます。
 あとどれくらいできれいな蝶が見られるのだろう。

 ところが。

脱皮直後の頭はオレンジ色

 幼虫は最終的に10匹以上。
 おそらく1匹のメスが産んだと思うのですが、大きさはいろいろ。
 どういうわけか成長に差があります。
 ともあれ、草食動物というのは食べ物の効率が悪く、とんでもない量の植物が必要となります。
 10匹以上がどんどん食べ、どんどん成長していくので、どんどんスミレの葉がなくなっていきます。
 養生がおつきません。

体長4センチ余りでおそらく終齢幼虫

 しかたがないので、近所の道端で雑草になっているスミレの葉をもらうことにしました。
 年に数度、きれいに草刈りされる場所なので、大目に見てくれる、はずです。
 スミレが減ってしまうと放浪をはじめてしまうので水槽に保護して、毎日束ねたスミレの葉を入れます。

 それをはじめて2日後、はじめて幼虫を見つけてから10日。
 2匹が蛹になっていました。

おしりのところ糸でくっつけて蛹になります

 そして1週間。
 すべての幼虫が蛹になったころ。
 最初の蛹から無事オスが羽化しました。
 ところが、蛹から出るのは一瞬、見逃してしまいました。残念。

タテハチョウの仲間らしく足は4本に見えます

一番目の2本は折りたたんでいます

 蛹になった順に羽化していき、無事全部羽化。
 羽化した蝶は翅が固まると空へと放します。
 最終的に蛹になったのは12匹。
 内、メスはたった3匹。
 オスとは1:3。
 メスが少ない理由は、よくわかりません。

オスのヒョウモンチョウ


メスのヒョウモンチョウ

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2016/8/25 20:52時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン  タテハチョウ  イモムシ  毛虫   

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イモムシもよく見てみるとちょっとカワイかったりします。ヒカゲチョウ

 イモムシ。

 ほとんどがチョウやガの幼虫で、気持ち悪いという人も少なくない虫。

この記事にはの画像があります。


 そのわりに興味がある人も少なかったりします。

 毛が生えて「ケムシ」と呼ばれたりしますが、どれも足があるのか無いのかわからない細長い体で、模様と大きさ以外に違いはないように思えるかもしれません。

 しかしよく見てみると、模様はもちろん、みんな個性的な姿をしています。

 そんな中で「かわいい」と言われるイモムシもいます。

 そんなイモムシが、ジャノメチョウの仲間。

 くびれた首に丸い頭に小さな角。

 特にコジャノメやヒメジャノメは、角がまるで耳のようで、別名「レッサーパンダ」。

 そんなジャノメチョウの仲間のヒカゲチョウの幼虫です。



 緑の頭に大きな耳のような角。

 レッサーパンダというわけにはいきませんが、なかなかかわいくありませんか?


 角と同じように尾も2本あります。


 ヒカゲチョウの成虫。

 翅の表裏に丸模様(蛇の目網様)がいくつもあるのが、ジャノメチョウの仲間の特徴。

タグ♦ かわいいイモムシ イモムシ

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2015/6/15 22:11時点)

イモムシハンドブック 2

新品価格
¥1,512から
(2015/6/15 22:11時点)

イモムシハンドブック 3

新品価格
¥1,512から
(2015/6/15 22:12時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒカゲチョウ  イモムシ  かわいいイモムシ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

植物の葉についてるイモムシは、なにもチョウやガの幼虫だけではありません。


 暖かくなると、あちこちに現れるのが、イモムシ。

 チョウやガの幼虫です。

 最近はイモムシの図鑑ができたりと、イモムシも注目を集めるようになってきました。

 それでも、どうしても名前が見つからないイモムシができてきます。



この記事にはの画像があります。




 そんなときは、もしかしたらチョウやガの幼虫でないかもしれません。

 それがハバチの幼虫。ハチの仲間です。

 意外かもしれませんがハチの仲間、ハチ目の昆虫はとても種類が多く、食べものもいろいろ。

 大きさも昆虫最小から昆虫最大級までと、昆虫界一の多様性。



 そんなハチ目の中でもっとも先祖に近いと言われるのが、幼虫が葉を食べるハバチ。

 葉を食べるのに効率的な体型なのか、幼虫はチョウやガの幼虫そっくり。

 そんなそっくりイモムシでも、見分けるポイントがあります。

 それは脚。



 昆虫の脚は胸部に生えた6本だけ。

 ところがイモムシは硬そうな6本の脚以外に、腹部にわやらかそうな足がたくさんついています。
 「腹脚」といいます。

 チョウやガの幼虫は、おしりの先も含めて2~5対の4~10本。

 ハバチの幼虫は、同じようにおしりの先から6~8対の12~16本。

 ちょうど5対と6対の間にチョウやガの幼虫とハバチの幼虫の境界があります。



ガの幼虫 ハスオビエダシャク
ガの幼虫 ハスオビエダシャク
シャクガの仲間は腹脚の数が少なくこれは2対
ガの幼虫 オオシマカタスヨトウ
ガの幼虫 オオシマカタスヨトウ
チョウ・ガ系のイモムシとして最大の5対
ハバチの幼虫 フタホシハバチ
ハバチの幼虫 フタホシハバチ
ハバチ系のイモムシ最大の8対
まるい頭につぶらな瞳もハバチ幼虫の特徴



 ということで、見知らぬイモムシと出会ったとき。

 あとで調べようと写真を撮るときは、腹脚もわかるように写しておくと、探すときのヒントになるかもしれません。



タグ♦ イモムシ

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2015/6/2 00:31時点)

イモムシハンドブック 2

新品価格
¥1,512から
(2015/6/2 00:32時点)

イモムシハンドブック 3

新品価格
¥1,512から
(2015/6/2 00:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イモムシ  ハバチ  ハスオビエダシャク  オオシマカタスヨトウ  フタホシハバチ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

毛さえなければ可愛いのに。マイマイガの幼虫


 すっかり暖かくなって暦の上ではもう夏。

 イモムシも盛んに行動しています。

 植物がいっぱいの万博記念公園、通称「万博公園」の自然文化園でもイモムシ発見。



この記事にはケムシの画像があります。





森に覆われた自然文化園
森に覆われた自然文化園
中央に小さく見えるのが太陽の塔




 イネ科の植物にひっついてる小さなイモムシは……

 大きな丸い頭にマンガみたいな縦長の目。

 「まるでNHK教育でやってるクレイアニメみたい」といわれるその姿。

 そう、マイマイガ(舞舞蛾)の幼虫です。



まだまだ小さいマイマイガの幼虫
まだまだ小さいマイマイガの幼虫




 体中長い毛に覆われたケムシですが、その愛嬌のある顔に惹かれてしまいます。

 もっとも、縦長の黒いところは目ではなくて模様。

 毛には毒はないようですが、アレルギー反応を起こすかもしれないので、触らないほうがよさそうです。



◆タグ マイマイガ イモムシ ケムシ ◆

■外部リンク■
自然文化園 | 独立行政法人 日本万国博覧会記念機構

NHKアニメワールド:プチプチ・アニメ【ニャッキ!】


イモムシの種類を調べるのに大活躍する本

イモムシハンドブック [ 安田守 ]

価格:1,470円
(2013/5/17 21:43時点)
感想(32件)

イモムシハンドブック(2) [ 安田守 ]

価格:1,470円
(2013/5/17 21:44時点)
感想(7件)

庭のイモムシケムシ [ 川上洋一 ]

価格:1,680円
(2013/5/17 21:45時点)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイマイガ  イモムシ  ケムシ  自然文化園  万博公園  害虫  かわいいイモムシ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる