【 イヌツゲ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

イヌツゲ(犬黄楊)-薄暗い林冠下二傑のひとつ〈錦織公園の樹木〉

 錦織公園の樹木の3番目はなんとイヌツゲ。
 おもいっきり地味な樹木ですが、3番目には理由があります。

常緑樹 林冠下の木

イヌツゲ(犬黄楊)Ilex crenata

被子植物門 真正双子葉類 モチノキ目 モチノキ科 モチノキ属
タグ:イヌツゲ

常緑低木~高木 陰樹 林冠下の木
花期:5~7月 雌雄異株 ♀単生花序 ♂散形花序
果熟期:10~12月 核果 黒
葉:単葉 互生 楕円形 単鋸歯
樹皮:平滑(皮目)
自生地:本州~九州
成長適地:丘陵~低山の尾根から湿原の周辺
レッドリスト:大阪府2014-記載なし/環境省2017-記載なし
錦織公園内分布:園内林各所(一部を除きほぼ全域)

薄暗い林床に生える樹木。
そのためか、雑木林ではありふれた木ですが、まったくと言ってもいいほど見向きもされません。

普通、植物は日当たりのいいところで育ちますが、イヌツゲは日当たりの悪いところで何十年も生き続けることができる陰樹。

樹高はコナラアラカシよりも低く、成長も遅いので、林冠(樹木が太陽光を集めるために空に向かって枝葉を広げた面)の下の薄暗い場所で左右に枝を広げて少しでも光を集めようとしているようです

普通の樹木は、薄暗いところでは光を求めて枝を上へ上へと伸ばしますが、イヌツゲは上よりも前後左右に広げようとします。
あえて薄暗いところを選んだためか、その場所でも最大限光を浴びられるようにしているようです。

林冠の下で左右に枝葉を広げている姿は、森が二重になっているように見えます。(上の画像の真ん中あたりで左右から道を挟み込んでいるようなのがイヌツゲ)

鋸歯は小さいのが間隔を空けてあるので、鋸歯がないように(全縁)に見えます。

葉は小さく密生させています。
薄暗いところで光を集めようと密生さているのかもしれません。
大きい葉の場合、1枚が枯れてしまうと大きな場所が空いてしまいます。
小さい葉の場合は、小さな場所だけですみます。
小さい葉が順番に枯れれば、大きな葉1枚が枯れるよりも損失は少なくてすみます。

樹皮は割れも裂けもなく、少し筋が入る程度で、つぶつぶ(皮目)が目立ちます。

成長が遅いため年輪の間隔が狭く、材の部分は色の白くきれいです。
ただ何十年かけても人間の腕や脚くらいの太さにしかなりませんので、あまり木材としては使われないようです。

名前に「イヌ」がつくものは「役に立たない」という意味があると言われます。
つまり、「イヌツゲ」は「役に立たないツゲ」という意味になります。

花は白くてきれいですが、小さいことと、薄暗いところで咲くこと、そもそも木自体が注目されないことで、ありふれた木ですが見たことない人も少なくないかもしれません。
下左の画像は雄花。

果実は液果。
汁気の多い実の中に硬い殻に覆われた種子がある核果(下右の画像)です。

イヌツゲの枝をよく見ると、緑色の実のようなもの(下左の画像)がよくついています。
これは虫こぶ(虫嬰,五倍子(ふし))と言われるもので、虫などが寄生しているもの。
なぜか、植物は寄生されるとこのような「こぶ」をつくることがあります。

これはイヌツゲタマバエというハエの幼虫が寄生したもので、「犬黄楊芽玉五倍子(いぬつげめたまふし)」と言います。

薄暗い林床でも育つということで、公園内の至る所にイヌツゲの幼木(上右の画像)が育っています。
小さいと別の植物のようです。

錦織公園では数多くの種類の樹木が植えられたそうですが、イヌツゲは植樹されず元から樹木の一つではないかと思います。
そもそも、イヌツゲの植樹は想像できません。

刈り込みに強いので垣根に使われることがありますが、錦織港では垣根に使われていないようです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イヌツゲ  錦織公園の樹木  錦織公園  樹木/Nishikoori-park  陰樹/Nishikoori-park  常緑樹/Nishikoori-park  低木/Nishikoori-park  モチノキ科/Nishikoori-park  林冠下の木/Nishikoori-park 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 6月上旬の白・黄色・赤い花編

 棚田に水が張られ、田植えが始まった6月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 植えられたイネはまだまだ小さいですが、水が張られただけでいろいろな生き物が集まっています。

 でも植物の方はいつもの顔ぶればかり?


水が張られた6月上旬の下赤阪の棚田

植物界
白い花
被子植物門
双子葉植物綱
イヌツゲ(犬黄楊)Ilex crenata の雄花
ニシキギ目 モチノキ科 モチノキ属
常緑低木
名前は「ツゲ」ですが、モチノキの仲間。

「イヌ」がつくのはあまり役に立たないから。

なら、どうしてここに植えられているのかは、わかりません。

花は小さく葉の陰に隠れてしまうので見逃してしまいそうです。
サカキ(榊)Cleyera japonica
ツツジ目 モッコク科 サカキ属
常緑小高木
ヒサカキよりちょっと遅れて咲くサカキ。

葉っぱと同じように花もちょっと大きいようです。

大木の影になるようなところでも育つため成長が遅く、人間よりちょっと大きい程度でも樹齢数十年てこともあります。
サンゴジュ(珊瑚樹)
Viburnum odoratissimum var. awabuki
マツムシソウ目 スイカズラ科 ガマズミ属
常緑高木
タグ:サンゴジュ
表面がテカテカしたところがモチノキの仲間っぽいですが、ガマズミ属。

花の咲き方もどことなくモチノキっぽい?
ヒメジョオン(姫女苑)Erigeron annuus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン
ハルジオンが咲きはじめたと思ったら、もうヒメジョオンが咲きはじめていました。

さすがハルジオンより花期が長いだけのことはあります。

ハルジオンは花弁がもっと細く糸のよう。

葉がすぼまって茎についているのがヒメジョオン。
ハルジオンは茎に巻きつくようになっています。
ドクダミ(蕺草)
Houttuynia cordata
コショウ目
ドクダミ科
ドクダミ属
多年草
タグ:ドクダミ
ホタルブクロ(蛍袋)
Campanula punctata
キク目
キキョウ科
ホタルブクロ属
多年草
タグ:ホタルブクロ
シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:シロツメクサ
ソバ(蕎麦)
Fagopyrum esculentum
タデ目
タデ科
ソバ属
一年草
中国南部地域原産?
タグ:ソバ
双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
ニワゼキショウ(庭石菖)
Sisyrinchium rosulatum
キジカクシ目
アヤメ科
ニワゼキショウ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:ニワゼキショウ
単子葉植物綱
被子植物門
白い花
植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ
日本在来種のタンポポとそっくり。

花の下にある総苞片が反り返っているいるのがセイヨウタンポポ。

と言われますが、実際は遺伝子が混ざりあっていることもあり、単純に見た目で判断はできません。

でも、総苞片が反り返っているのはセイヨウタンポポ系ってことは言えるでしょう。
コモチマンネングサ(子持ち万年草)Sedum bulbiferum
ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
越年草
タグ:コモチマンネングサ
多肉植物が含まれるベンケイソウ科。

CAM型光合成という、夜にためた二酸化炭素を使って昼間に光合成をするちょっとかわった植物。

乾燥地帯に適応した光合成ですが、日本ではちょっと損かもしれません。
カタバミ(酢漿草,片喰)
Oxalis corniculata
カタバミ目
カタバミ科
カタバミ属
多年草
タグ:カタバミ

イヌガラシ(犬芥子)
Rorippa indica
アブラナ目
アブラナ科
イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ
コメツブツメクサ
(米粒詰草)
Trifolium dubium
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物
タグ:コメツブツメクサ
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
赤い花
被子植物門
双子葉植物綱
アメリカフウロ(あめりか風露)Geranium carolinianum
フウロソウ目 フウロソウ科 フウロソウ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:アメリカフウロ
色が薄くて小さいので在来種のようですが、外来種。

ということで、この棚田でもあちこちで見かけます。
ユウゲショウ(夕化粧)
Oenothera rosea
フトモモ目
アカバナ科
マツヨイグサ属
多年草
アメリカ大陸原産の帰化植物
タグ:ユウゲショウ
双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
チガヤ(茅萱)
Imperata cylindrica
イネ目
イネ科
チガヤ属
多年草
タグ:チガヤ
単子葉植物綱
被子植物門
赤い花
植物界

 暖かくなってきて、棚田の周りは花盛り。

 種類も増えてきました。

 おなじみの花ばかりですが。

タグ♦ 下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/06  6月の下赤阪の棚田の植物  イヌツゲ  サカキ  サンゴジュ  ヒメジョオン  セイヨウタンポポ  アメリカフウロ  コモチマンネングサ 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

錦織公園で大阪の里山の樹木を考えてみました。[樹木編]


 錦織公園(にしこおりこうえん)は大阪の河内地方の丘陵地帯に残された里山を利用した府営の公園です。

 里山というのは、人間がつくりだした林のビオトープ
 自然の姿ではありません。

 「人間がつくりだした林」。
 気になります。

 そこで錦織公園の中でも河内地方の農家と里山をイメージした「河内の里」にある標高差10mもないような小さな丘のビオトープ、その中を通る山辺の道沿いに生えている樹木を調べてみました。




豆畑と河内の里の里山




 方法は、簡単でちょっといいかげん。

 出入口は2つ。
 「山頂」を通った1本道の山辺の道を歩きながら、遊歩道に近い木、手が届きそうな木の種類をチェックしていきます。

 また目立つ大きな木が生えている場合は少し離れていてもカウントしました。
 もちろん、その手前に木がない場合に限りますが。



 ちょっと耳慣れない単語が出てくるかもしれませんが、その説明はこの記事に。
【錦織公園で大阪の里山の樹木を考えてみました。[キーワード編]】



錦織公園河内の里の里山の樹木(IWO勝手調べ)

常緑樹 落葉樹
高木(5m以上) 低木(3m以下) 高木 低木
頂上 クスノキ 1

クサギ 1

ヒサカキ 1

コナラ 2

ヤマモモ 1

イヌブナ 1

途中上 クロガネモチ 3 イヌツゲ 1 コナラ 4

ヒサカキ 2

ネジキ 4

アカマツ 1

クサギ 1

ネズ 1





途中下

イヌツゲ 1 コナラ 8





ヤマザクラ 7

出入口 ヤブツバキ 1 イヌツゲ 3 コナラ 1

アカマツ 2 ホンシャクナゲ 1 ヤマザクラ 1


陽樹 半陰樹 陰樹

「陽樹」「半陰樹」「陰樹」の判別は下記のサイトを参考にさせていただきました。
雑木林の遊歩道~小さき者へ~
A Small Garden
「陽樹」「陰樹」の判別はまだ確定されていないようですので、資料によって変わります。

※これは「いきもの は おもしろい!」が勝手に調べたもので、錦織公園や関連機関等とは関係ありません。



 このように圧倒的にコナラが多いのは里山の証拠。

 樹高5mを超える高木ばかりになっていますが、林間を覆うほど茂っているのはコナラとヤマザクラくらい。
 ほかの陽樹は細く隙間に割り込んでいるようで、半陰樹や陰樹は低木状態のまま隙間があくのを虎視眈々と狙っているようでした。



植物の紹介

15本
コナラ(小楢)
被子植物門 双子葉植物綱 ブナ目 ブナ科 コナラ属
落葉高木
陽樹
別名:ホウソ

関東以西の里山ではクヌギと並んでポピュラーな樹木。
当然錦織公園でもいたるところに生えています。

クヌギ同様シイタケの榾木(ほだぎ)や木炭の原料、また薪にも使われていましたので、とても大切な樹木でした。

近くの金剛山や葛城山でもポピュラーな樹木のひとつです。
山ではミズナラやブナと一緒に生えていますが、標高の低いところに生えるのはコナラだけです。

ミズナラと同じようにコナラも陰樹とする資料もありましたが、今回は陽樹として扱いました。

錦織公園ではクヌギも少なくないのですが、ここではみかけませんでした。




8本
ヤマザクラ(山桜)
被子植物門 双子葉植物綱 バラ目 バラ科 サクラ属
落葉高木
陽樹

日本に自生する桜の一つ。
江戸後期にソメイヨシノが作られる前には「桜」といえはこのヤマザクラだったと考えられています。
錦織公園では里山部分の至る所に生えています。
この河内の里の山辺の道でもあちこちに生えていました。




5本
イヌツゲ(犬黄楊)
被子植物門 双子葉植物綱 ニシキギ目 モチノキ科 モチノキ属
常緑低木~高木
陰樹

名前に「ツゲ」とありますが、ツゲはトウダイグサ目。
目(もく)からちがいますのでまったくちがう植物です。
ツゲに似ていてもツゲのように使えないから「“イヌ”ツゲ」なのでしょう。
低木が基本ですが、時折高く育つものもあります。




4本
ネジキ(捩木)
被子植物門 双子葉植物綱 ツツジ目 ツツジ科 ネジキ属
落葉小高木
陽樹

樹皮がねじれているように斜めに筋が入っているのが名前の由来。
ツツジ科らしく花は小さな壺状のものがたくさん並んでつきます。

山の木々の切れ目の日のあたりのいいところによく生えています。
ツツジ科らしく酸性土壌にも強いことが特徴です。




3本
アカマツ(赤松)
裸子植物門 マツ綱 マツ目 マツ科 マツ属
常緑高木
陽樹
別名:メマツ(雌松)

樹皮が赤味がかっているいことが名前の由来。
明るく乾燥して痩せた土地を好みますので、木の伐採が繰り返されて土地が乾燥して痩せてくるとアカマツが目立つようになります。
その後松葉が積もって肥沃になると広葉樹も育つようになり、アカマツは競争に負けて減っていきます。
里山でアカマツが多いというのは、激しく伐採された名残で、アカマツが少ないとあまり激しく伐採されていないことになります。

アカマツはマツタケが採れるので有名ですが、それは土が肥沃になり過ぎないように手入れをすることでアカマツ林が維持されているわけで、手入れをされないと次第に広葉樹林に変わっていき、マツタケも採れなくなってしまいます。


クロガネモチ(黒鉄黐)
被子植物門 双子葉植物綱 モチノキ目 モチノキ科 モチノキ属
常緑高木
半陰樹

温かいところを好む樹木。
火災を防ぐために家の周りに植えられることもありました。
街路や公園に植えられることもあり、身近な樹木の一つです。


ヒサカキ(姫榊)
被子植物門 双子葉植物綱 ツバキ目 ツバキ科 ヒサカキ属
常緑小高木
半陰樹

山地に自生しますが、垣根などに使われることもあります。
神社の神事などに使われるサカキの仲間で、サカキよりも小さいことから「姫榊」が訛(なま)ってヒサカキになった、という説もあります。
乾燥に強く、里山から照葉樹の極相林まで幅広く生えます。




2本
クサギ(臭木)
被子植物門  双子葉植物綱 シソ目 シソ科 クサギ属
落葉小高木
陽樹

名前の由来は葉がくさい臭がするかららしいので、確認しなければ。

他の木が生えていないところにも生えるパイオニア植物の一つ。
ということは、この辺りは結構大きなコナラが生えている場所ですから、このクサギは消えていく運命なのかもしれません。




1本
ネズ(杜松)
裸子植物門 マツ綱 マツ目 ヒノキ科 ビャクシン属
常緑高木
陽樹

名前の由来は葉が固くネズミも避けて通ると言われることから。
針葉樹らしく痩せた乾燥地に生えます。
日当たりのいいところを好む陽樹ですが、コナラに負けているようです。

錦織公園の表示では「ネズミサシ」になっています。


クスノキ(樟,楠)
被子植物門 双子葉植物綱 クスノキ目 クスノキ科 ニッケイ属
常緑高木
半陰樹

関東以西では街路樹や神社など人の生活の範囲ではよく目にしますが、山の中ではみかけません。
そのため史前帰化植物ではと言われます。
虫よけになる樟脳の成分が含まれ、材木にも防虫作用があるということで、色々利用されていたようです。

クスノキがあるのは里山の証になるかもしれません。


ヤマモモ(山桃)
被子植物門 双子葉植物綱 ヤマモモ目 ヤマモモ科 ヤマモモ属
常緑高木
半陰樹

名前に「桃」がつきますが、モモはバラ目バラ科モモ属。

乾燥にはあまり強くありませんが、窒素固定菌と共生しているため栄養のすくいないところでも育ちます。
そのため里山はもちろん街路樹や庭木によく使われ、身近な樹木の一つです。

錦織公園でもあちこちで見かけます。


イヌブナ(犬※ぶな)?
被子植物門 双子葉植物綱 ブナ目 ブナ科 ブナ属
落葉高木
陰樹

ブナとよく似ていますが、ブナよりも低いところから生えます。
大阪では金剛山などの山の中腹くらいから生えますが、どうしてこのような低いところに生えているのかよくわかりません。
間違っている可能性のほうが高そうです。

※「ぶな」の漢字は手偏に「無」


ヤブツバキ(藪椿)
被子植物  双子葉類 ツツジ目 ツバキ科 ツバキ属
常緑高木
陰樹

いろいろ品種改良されているツバキですが、その元になった野生種のツバキがヤブツバキです。
照葉樹林を代表する樹木の一つです。


ホンシャクナゲ (本石楠花)
被子植物門 双子葉植物綱 ツツジ目 ツツジ科 ツツジ属
常緑低木
半陰樹


ツクシシャクナゲの一種で、外国に日本のシャクナゲとして最初に紹介されたので「ホンシャックナゲ」と呼ばれます。
日本は多くの種類のシャクナゲが自生していますが、ホンシャクナゲは中部地方以西の本州と四国の山地に自生します。

これは自生していたものか植えられたものかはわかりません。



 ちょっと耳慣れない単語が出てきたかもしれませんが、その説明はこの記事に。
【錦織公園で大阪の里山の樹木を考えてみました。[キーワード編]】



◆タグ 里山 錦織公園 ◆

■参考外部リンク■
大阪府営 錦織公園


都市の樹木433 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/12/9 00:00時点)

照葉樹ハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/12/9 00:01時点)

樹皮ハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/12/9 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 里山  錦織公園  ヒサカキ  クサギ  クロガネモチ  イヌツゲ  ネジキ  ホンシャクナゲ  ヤブツバキ 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる