【 アラカシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古い写真の中からみつけたいきもの そんなに珍しくなさそうなのに最近「見つかった」新種のタマバチ

 去年の4月。
 アラカシの花が咲く時期。
 どんぐりの仲間の雌花の写真を集めていたので、新しい枝の葉の付け根にできる雌花をさがしてると。
 小さな雌花に小さな虫がとまっていました。

この記事にはの画像があります。


 おそらく、植物に虫こぶを作らせる寄生昆虫。
 ハチのタマバチの仲間か、ハエのタマバエの仲間でしょう。
 その時はどんぐり類の雌花が目的でしたのでそのまま忘れてしまっていました。

小さなアラカシ雌花よりも小さな虫

 一年近くたって画像を見直していると、思い出しました。
 画像を拡大してみると、ちょっと大きめの頭部と丸い腹部。そして重ねた翅は4枚?
 ハチのタマバチの仲間のようです。

ハエというよりハチっぽい

 アラカシに虫こぶをつくるタマバチを調べてみると。
 意外と種類が少ないようで、マスダアラカシタマバチばかり。
 それに似ています。

雌花に産卵?

 マスダアラカシタマバチは、なんと2010年に九州大学の伊都キャンパスで見つかったばかりの新種だったのです!
 21世紀の日本の大学のキャンパスで新種が見つかるなんて!
 しかもそれと同じ種が数百キロ離れた大阪で見つかるとは!
 これは奇跡だ!

マスダアラカシタマバチ?
マスダアラカシタマバチ?

 と思ったのですが、少し誤解していたようです。
 どうやら新種が見つかったというより、だれも種として発表していなかっただけのようです。

方眼は1cm×1cm

 まず、アラカシなどの常緑のコナラ属アカガシ亜属はアジアのみに分布、つまりヨーロッパやアメリカにはないのです。
 だから、ヨーロッパ人にもアメリカ人にも見つけられなかっただけ。
 そして、どうも日本にはタマバチの仲間を調べる人は少なく、存在が知られていても論文が発表されていないものもあるようなのです。
 そのひとつが、マスダアラカシタマバチ。

 ということは、新種発見のチャンスが雑木林にころがっている! かもしれません?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マスダアラカシタマバチタマバチ寄生蜂アラカシ錦織公園の虫春の錦織公園錦織公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

アラカシ(粗樫)-コナラの座を狙っている木〈錦織公園の樹木〉

 コナラの次は、もしかしたらコナラ以上にあるかもしれないと言われる、アラカシです。

常緑樹 どんぐりの木

アラカシ(粗樫)Quercus glauca

被子植物門 双子葉類
ブナ目 ブナ科 コナラ亜科 コナラ属 アカガシ亜属
タグ:アラカシ

常緑高木 半陰樹 どんぐりの木
花期:4~5月 雌雄同株異花 ♂尾状花序 風媒花
果熟期:11~12月 堅果 1年成
葉:単葉 互生 長楕円形(尾状・楔) 単鋸歯
樹皮:平滑(皮目)
自生地域:宮城・石川~沖縄
成長適地:丘陵~低山
レッドリスト:大阪府2014-記載なし/環境省2015-記載なし
錦織公園内分布:園内林各所(一部を除きほぼ全域)

錦織公園の樹木の話をすると何かと出てくるのがアラカシ。
コナラ同様公園を代表する樹木の一つ。

コナラとちがって日陰でも芽生えが育つことができる半陰樹。
一度森になってしまったらなかなか新しい木が育つことができないコナラとちがい、森のなかでも若木が育つことができます。
そのため、園内には様々な大きさのアラカシを見ることができます。

上の画像の左は葉の表、右は裏。

名前のように葉の形もシラカシに似ます。
アラカシのほうが表面の色が濃く、幅があり、縁のギザギザ(鋸歯)は半分から先にしかありません。
葉の裏は白っぽい緑色。

ただ、葉の細いアラカシもあるので、似ているだけにシラカシかなと思ったら、複数の特徴を調べるほうがいいでしょう。

果実は種が殻で覆われる堅果。

春に花が咲いて、その冬には実が熟す1年成。

どんぐり(堅果)はコナラより短く、丸いラグビーボール型。
ただし、真ん中より先(花柱側)のほうが太くなります。

どんぐりの帽子(殻斗)はコナラとちがって横の縞模様なのは、シラカシと同じ。

樹皮は「平滑」とされますが、実際は小さな皮目(幹が呼吸するための粒状に見える部分)がたくさんあり、「ざらざら」という感じになります。

樹皮でシラカシと見分けるのは難しいですが、アラカシのほうが表面のつぶつぶが多いような気がします。

大きくなったアラカシは、上の右の画像のように樹皮に縦の筋や溝が入ることがありますが、必ずしもすべての樹皮がこうなるわけではありません。

右はアラカシの冬芽。

常緑樹と言っても、冬はじっとしているように見えて、春に芽吹くための用意をしています。

新芽はウロコのようなもの(芽鱗)で多い、寒さなどから芽を守っています。
芽鱗は、葉の根元にある小さな葉のような托葉が変化したものとされます。

伐採された若いアラカシの年輪。

乾燥しているので、樹皮・コルク層と材(木を支える部分)の間に隙間があります。

中心から外側に向かって筋が入ってわかりにくいですが、これは年輪の間がわりと広いように見えます。
日当たりのいいところで育ったのでしょう。

アラカシは伐採に強く、幹を切り倒してもすぐたくさんの芽を出し、あっという間にたくさんのアラカシの幹になります。
その性格を活かし、垣根に使われることもあります。
錦織公園では、河内の里の表門の左右の垣根などに使われています。

荒地のようなところに生える植物は、時間とともに入れ替わっていきます。これを「遷移」といいます。
遷移をしていき、最後に植物の変化がなくなることがあります。その状態を「極相」といいます。
大阪平野部では、極相はカシ類。

内陸では、アラカシとシラカシ。現在、低山のカシ類はアラカシのほうが多いようですが、シラカシも少なくはないようです。
ところが、錦織公園では圧倒的にアラカシのほうが多く、シラカシはごく限られた場所でしか見かけません。
どうやら、公園を作るときにアラカシが積極的に植えられたようです。

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】アラカシ単木 1.2m

新品価格
¥1,296から
(2017/4/16 21:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アラカシ錦織公園の樹木錦織公園樹木/Nishikoori-park陰樹/Nishikoori-park常緑樹/Nishikoori-park高木/Nishikoori-parkブナ科/Nishikoori-park

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

どんぐりの種類が増えていっぱいに! 秋から冬の錦織公園

 晩秋の錦織公園で見られるどんぐりの木(ブナ科)8種類の記事を公開した直後、もう1種類のどんぐりの木を見つけました。
 ということで、新たに出会ったものを含めて錦織公園の9種類(IWO調べ)のどんぐりの木をあらためて紹介します。

ブナ科
┣クリ属
┃┗【クリ(栗)Castanea crenata

落葉高木

モンブランケーキの材料にもなる食べる栗です。

「どんぐり」というイメージではありませんが、ブナ科の立派などんぐりの木。

里山では定番の木の一つなので、公園にもあちこちにあります。
元からあったものと植栽されたもの、両方があるのかもしれません。

ただ、盛んに集める人がいるので、クリの実を目にすることはありません。
中身の無いイガ(殻斗)は山のように見かけますが。

もちろん、公園の管理者の許可無くクリを大量に持ち帰るのは、やってはいけないことです。

普通にスーパーなどで目にするクリよりも小さいクリもあります。
山などに自生していて、「柴栗(しばぐり)」と呼ばれます。

クリの野生種と言われ、つまりお店で売っているクリは実が大きくなるように改良された栽培品種。
でも植物学的には、同じ「クリCastanea crenata」。

錦織公園では、小さなクリは未舗装の林の中で見かけますので、こちらは元から生えていたクリかもしれません。

┣シイ属
┃┗【ツブラジイ(円椎)Castanea crenata

常緑高木

旧記事を書いた直後に見つけたどんぐりの木。

アク抜きをしないで食べられるどんぐりなので、里山で不作の時の食べ物(救荒植物)として育てられることもあります。

錦織公園では、食べられるどんぐり3種のひとつ。
ただし、ほかの2種はどんぐりができなかったり、木が小さく量が少なかったりで、それなりの量が集められるのはこのツブラジイだけ。

ブナのように殻斗(どんぐりのぼうし)が全体を覆っているのがツブラジイ。
ただ、ブナとイヌブナは殻斗の中にはどんぐり二つ。
ツブラジイやスダジイは、一つだけ。

同じシイ属のスダジイとは、同じ種とされることもあるほどよく似ています。
スダジイとくらべると、名前のようにどんぐりが丸くて小さい(上左)のがツブラジイですが、中には長め(上右)のもあり、ほかの特徴と合わせて考える必要があります。

ほかには、樹皮が平滑(ツブラジイ)と縦に裂ける(スダジイ)、幹は真っ直ぐ伸びる(ツブラジイ)とよく分枝する(スダジイ)などがあります。

錦織公園では、北東の山谷千樹の径の竹林の近くと、河内の里つつじの丘の鉄塔の近くにあります。
鉄塔付近は公園以前からの木が残されているとききましたので、救荒用に植えられていたものかもしれません。

錦織公園のものは、成長した木でも樹皮が平滑、途中での分枝がほとんどない、どんぐりは丸いものが多い、ということで、ツブラジイとしました。

┣ブナ属
┃┗【イヌブナ(犬椈)Fagus japonica

落葉高木

大阪では山の標高の高いところに生える樹木。
ほんとうに高いところにはブナが生えますので、その周囲、杉が植林されていないところにブナやミズナラなどと混ざって生えているようです。

そんな木がどうして標高100メートル余りの里山公園にあるのかはわかりません。

ほかの種類の樹木のようですが、葉脈から分かれた支脈の先が凹むという、普通の葉と逆の葉縁はブナの仲間の特徴。
少なくとも、ブナ属なのはまちがいないでしょう。

標高の低いところでも育つことはできるようですが、ほかの樹木に負けてしまうので自生していない、ということも聞きます。

しかし、錦織公園ではほかの木々にあまり邪魔されない日当たりの尾根に生えているというのに、花もどんぐりも見たことがありません。
そしていつ見ても調子が悪そうで、気になります。
やはり温かいところは苦手なのでしょう。

ということで、このどんぐりを食べることは不可能です。

┣マテバシイ属
┃┗【マテバシイ(馬刀葉椎)Lithocarpus edulis

常緑高木

温暖な沿岸部に自生する常緑樹。
街路樹に使われますが、ここには自生していなかったと思います。

ということで、石畳の里でしか確認できていません。

どんぐりが細長いのが特徴。
そしてアク抜きしなくても食べることができるどんぐり。
むかしは炒って食べたそうです。

ただ、どんぐりが熟すのには、およそ1年半が必要。
小さいのに時間がかかります。

錦織公園のどんぐりの内、アク抜きがいらない数少ないどんぐり。

木が小さく1箇所でしか確認されていませんので、誰かがどんぐりをまいたのかもしれません。

┗コナラ属
 ┣コナラ亜属
 ┃┣コナラ節
 ┃┃┗【コナラ(小楢)Quercus serrata

落葉高木

公園内で一番多い樹木と言われるどんぐりの木。
大阪の里山では最もポピュラーな樹木で、葉は肥料、幹はホダ木や薪や炭などいろいろ利用されていました。

引き伸ばしたラグビーボールのようないかにもどんぐりらしい形。
ただし、形にはバリエーションがあり、アラカシのように丸いものからマテバシイのように細長いものまでいろいろあります。

殻斗(どんぐりの帽子)にはウロコのような模様があり、アラカシやシラカシと見分けることができます。

元から生えていたものもあると思いますが、多くが植林されたものでしょう。
里山ではよくある、切られた幹の周りから枝がたくさん伸びたおもしろい形の台場切りされたコナラは見られません。

 ┃┣クヌギ節
 ┃┃┗【クヌギ(櫟)Quercus acutissima

落葉高木

近畿の里山ではコナラと並んでポピュラーな樹木ですが、錦織公園ではコナラほど多くありません。

どんぐりが大きく横から見ると四角、殻斗が反り返った太いトゲに覆われているのが特徴。
近縁のアベマキ似ていますが、ここにはないようです。
葉や樹皮はクリに似ています。

 ┃┗ウバメガシ節
 ┃ ┗【ウバメガシ(姥目樫)Quercus phillyraeoides

常緑高木

常緑で、強い刈り込みにも耐えることができるので、垣根によく使われます。
ただ、そういうウバメガシにどんぐりはあまりできません。

鱗状の殻斗はコナラに似て、どんぐりはコナラ以上にラグビーボールのような形をしています。
2個セットで枝につき、マテバシイと同じように熟すのに1年半ほどかかります。

上質な木炭の材料としても有名で、炭焼きの盛んなところでは里山にもよく植えられるようです。
大阪南部や和歌山などでは海岸林によく生えます。

園内でも垣根に使われているところもありますが、大きく育っているところもあります。
特にどんぐりの森のはずれには、大きなウバメガシの小さな林があります。

 ┗アカガシ亜属
  ┣【アラカシ(粗樫)Quercus glauca

常緑高木

人の手が入った照葉樹林でよく見かける常緑樹。
大阪丘陵部のほったらかしのままの森(極相)の主要な樹木と考えられます。

ということで、園内ではあちこちに大きいのから小さいのまでいろいろ生えています。
園内のコナラは植樹されて30年以上。
老木が多く、このままではアラカシだらけになると言われています。

どんぐりは心なしが真ん中より先のほうが一番太くなっているのが特徴。
でも、どんぐりによって差が大きいので単純にどんぐりの形だけでは見分けられません。

殻斗は横縞模様で、シラカシと同じ。

ウバメガシと同じ刈り込みにも強いようで、河内の里では垣根に使われています。

  ┗【シラカシ(白樫)Quercus myrsinifolia

常緑高木

アラカシによく似た常緑樹どんぐりですが、錦織公園では少数派。
限られたところにしか生えていません。

どんぐりは中央あたりが一番太くなりますが、そんな感じのアラカシのどんぐりもありますので、ちょっと注意が必要。
葉もどんぐりもアラカシによく似て、なれないと見分けるのがむずかしい。
そんなとき、公園ではとりあえず「アラカシ」とすれば大体あっていると思います。

どんぐりがたくさんがまとまってつくのはシラカシの特徴。

名前は葉や幹が白いのではなく、木材になる部分(材)が白いことが由来。

「白」に惑わされないように。

 ということで、新しく追加された錦織公園のどんぐり。  まだ生えていても不思議じゃないどんぐりはありますので、これからも新しい発見があるかもしれません!

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

どんぐりハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/11/2 20:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: どんぐりクリツブラジイイヌブナマテバシイコナラクヌギウバメガシアラカシシラカシ

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

秋です。いろんなどんぐりを見てみよう! 錦織公園

 冬も間近の晩秋。
 どんぐりの季節。
 ということで、錦織公園へどんぐりを見に行ってきました。

 錦織公園のどんぐりの木、つまりブナ科の樹木は8種類(IWO調べ)。
 さあ、どんな感じでしょうか。

ブナ科
┣クリ属
┃┗【クリ(栗)Castanea crenata
食べる栗のクリです。
「どんぐり」というイメージでないかもしれませんが、ブナ科の立派などんぐりの木です。
もともと里山にはよくある木ですので、錦織公園にもあちこちにあります。
ただ、盛んに集める人がいるので、クリの実を目にすることはありません。
中身の無いイガ(殻斗)は山のように見かけますが。
もちろん、公園の管理者の許可無くクリを大量に持ち帰るのは、やってはいけないことです。
普通にスーパーなどで目にするクリよりも小さいクリもあります。
山などに自生していて、「柴栗(しばぐり)」と呼ばれます。
クリの野生種と言われ、つまりお店で売っているクリは実が大きくなるように改良された栽培品種。
でも植物学的には、同じ「クリCastanea crenata」。
錦織公園にも実の小さな栗がありますので柴栗かもしれません。
┣ブナ属
┃┗【イヌブナ(犬椈)Fagus japonica
大阪では山の標高の高いところに生える樹木。
ほとんどの山が標高1000メートル以下でスギやヒノキが植林されまくっているので、生えているところは限られます。
そんな木がどうして標高100メートル余りの里山公園にあるのかはわかりません。
公園を作ったとき勢いで植えてしまったのでしょうか。
ほかの種類の樹木のようですが、葉脈から分かれた支脈の先が凹むという、普通の葉と逆の葉縁はブナの仲間の特徴。
今のところたった2本しか見つけていません。
大阪では平野部よりも寒いところで育つ樹木のためか、錦織公園では花もどんぐりも見たことがありません。
そしていつ見ても調子が悪そうで、気になります。
┣マテバシイ属
┃┗【マテバシイ(馬刀葉椎)Lithocarpus edulis
温暖な沿岸部に自生する常緑樹。
ここにはちょっと場違いかも。
ということで、石畳の里でしか確認できていません。
どんぐりが細長いのが特徴。
そしてアク抜きしなくても食べることができるどんぐり。
むかしは炒って食べたそうです。

ただどんぐりが熟すのには、およそ1年半が必要。
小さいのに時間がかかります。
錦織公園のどんぐりの内、アク抜きがいらない唯一のどんぐり。
同じマテバシイ属のシリブカガシはまだ確認できていません。
┗コナラ属
 ┣コナラ亜属
 ┃┣コナラ節
 ┃┃┗【コナラ(小楢)Quercus serrata
公園内で一番多い樹木と言われるどんぐりの木。
大阪の里山では最もポピュラーな樹木で、肥料から材料や燃料といろいろ利用されます。
引き伸ばしたラグビーボールのような形で、どんぐりらしい形。
殻斗(どんぐりの帽子)にはウロコのような模様があります。
元から生えていたものもあると思いますが、多くが植林されたもののようです。
そのため、里山ではよくある、切られた幹の周りから枝がたくさん伸びたおもしろい形の台場切りされたコナラは見られません。
 ┃┣クヌギ節
 ┃┃┗【クヌギ(櫟)Quercus acutissima
近畿の里山ではコナラと並んでポピュラーな樹木ですが、錦織公園ではあまりありません。
どんぐりが大きいのと、横から見ると四角、殻斗が反り返った太いトゲに覆われているのが特徴。
葉や樹皮はクリに似ています。
 ┃┗ウバメガシ節
 ┃ ┗【ウバメガシ(姥目樫)Quercus phillyraeoides
常緑で、強い刈り込みにも耐えることができるので、垣根によく使われます。
ただ、そういうウバメガシにはあまりどんぐりはできません。
鱗状の殻斗はコナラと似ていますが、どんぐりはコナラ以上にラグビーボールのような形をしています。
2個セットで枝につき、マテバシイと同じように熟すのに1年半ほどかかります。
上質な木炭の材料としても有名で、炭焼きの盛んなところでは里山にもよく植えられるようです。
またマテバシイと同じように海岸林によく生えます。

公園でも垣根に使われているところもありますが、大きく育っているところもあります。
特にどんぐりの森のはずれには、大きなウバメガシの小さな林があります。
 ┗アカガシ亜属
  ┣【アラカシ(粗樫)Quercus glauca
人の手が入った照葉樹林でよく見かける常緑樹。
ほったらかしのままの森(極相)の主要な種と考えられます。
ということで、園内ではあちこちに大きいのから小さいのまでいろいろ生えています。
園内のコナラは植樹されて30年以上。
老木が多く、このままではアラカシだらけになると言われています。
どんぐりは心なしが真ん中より先のほうが一番太くなっているのが特徴。
でも、どんぐりによって差が大きいので単純にどんぐりの形だけでは見分けられません。
殻斗は横縞模様で、シラカシと同じ。
  ┗【シラカシ(白樫)Quercus myrsinifolia
アラカシによく似た常緑樹どんぐりですが、錦織公園では少数派。
限られたところにしか生えていません。
葉もどんぐりもアラカシによく似ています。
どんぐりは中央あたりが一番太くなりますが、そんな感じのアラカシのどんぐりもありますので、ちょっと注意が必要。
どんぐりがたくさんがまとまってつくのはシラカシの特徴。
名前は葉や幹が白いのではなく、木材になる部分(材)が白いことが由来。
ですから、外から見ただけではわかりません。
「白」に惑わされないように。

 広い錦織公園には今の季節たくさんのどんぐりが転がっています。
 見つけた時にはどの木のどんぐりか調べてみると、おもしろいと思います。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園


どんぐりハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/11/2 20:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: どんぐりクリイヌブナマテバシイコナラクヌギウバメガシアラカシシラカシ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

どんぐり専門図鑑の『どんぐりハンドブック』片手に長居植物園へ行ってみました。


 秋はどんぐりの季節。


 どんぐりというのは一般的にはブナ科シイ属の果実のことです。
 漢字では「団栗」と書きます。


 どんぐりにもいろいろと種類はありますが、何という木なのかははわかりません。
どんぐりハンドブック
いわさ ゆうこ著
八田 洋章監修
税込価格:¥1,260
出版:文一総合出版
発行:2010年11月

 そこでドングリから植物を調べる図鑑の文一総合出版の『どんぐりハンドブック』を買いました。

 ということで、百聞は一見にしかず。
 さっそく『どんぐりハンドブック』を使ってどんぐりを調べに長居植物園(ながいしょくぶつえん)へ行ってみました。

 今回使ったのは初版第2刷です。



どんぐり とは

 まずはどんぐりの簡単な説明。


 どんぐりは、種のどんぐりにキャップがかぶさったような形をしています。

 どんぐりの部分は硬い(から)で覆われています。
 花が咲く被子植物(ひししょくぶつ)の実にはふつう栄養を蓄える胚乳(はいにゅう)を持ちますが、どんぐりは胚乳はなく、子葉(しよう)が変わりに栄養を蓄えています。

 子葉とは最初にでてくるはのことで、「双葉(ふたば)」と呼ばれるあの葉のことです。

 ということで、どんぐりの中身はほとんどが双葉です。

 どんぐりの仲間のクリも同じで、食べるところが子葉、つまり双葉ということです。


【むかごと種をくらべると】

よく見るどんぐりの形
よく見るどんぐりの形

 どんぐりの見分けるポイントとなるのが、どんぐりの帽子みたいになっている部分です。
 殻斗(かくと)と呼ばれますが、別名「総苞片(そうほうへん)」。ドクダミの白い花びらみたいな部分と同じです。

 この殻斗の形とどんぐりの包み方が見分けるポイントとなります。



ひとつめのどんぐりです


一つ目のどんぐり

一つ目のどんぐり

殻斗:輪状
どんぐり:花柱よりがふくらみあたまでっかち、たてに筋がはいる




 ということで、18ページからはじまる「どんぐり一覧」を見てみます。

 「殻斗が輪状」のなかから縦に筋が入るものを選らぶと、シラカシとアラカシの2種類。
アラカシの葉
アラカシの葉

アラカシ(粗樫)
ブナ科コナラ属


 どんぐりのかたちはシラカシが「卵形」で、アラカシが「花柱よりがふくらみ」とあります。

 このどんぐりはなんとなくずんぐりむっくりなので、アラカシ、にちがいありません?
 はたして?

 隣の木に札が下がっていました。

 そこに書かれていたのが「アラカシ」。

 正解のようです。



ふたつめのどんぐりです


二つ目のドングリ

二つ目のどんぐりと殻斗
二つ目のどんぐりと殻斗
二つ目のどんぐり
二つ目のどんぐり

殻斗:棘状でぐるぐる巻き
どんぐり:丸い




 ふたたび『どんぐりハンドブック』の18ページを開きます。

クヌギの葉
クヌギの葉

クヌギ(櫟、椚、橡)
ブナ科コナラ属

 「殻斗がトゲ状」はカシワ、クヌギ、アベマキの三種。
 トゲがぐにぐにと曲がっているのは、クヌギとアベマキ。

 クヌギとアベマキのどんぐりはよく似ていて、なかなか見分けるのは難しそうです。

 わかりやすい違いは葉の裏が白いほうがアベマキで、そうでないほうがクヌギです。

 どんぐりそばにある木はクヌギだと思うのですが、今ひとつすっきりしません。

 しかたがありません。

 ここは植物園。
 ちょっと探せば名札があります。

 ということで、正解もすぐ確認できました。

 やはりクヌギでした。




 閉園間際で時間がなかったので2種類しか見つけられませんでしたが、じっくり探せばもっとあるかもしれません。



どんぐりハンドブック
いわさ ゆうこ著
八田 洋章監修
税込価格:¥1,260
出版:文一総合出版
発行:2010年11月


■外部リンク■
大阪市立長居植物園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: どんぐりアラカシクヌギ秋の実堅果長居植物園ハンドブック(文一総合出版)

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる