【 アジサイ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/8  ·8月の下赤阪の棚田の植物  ·アジサイ  ·タチスズメノヒエ  ·ウツギ  ·ソシンロウバイ  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·裂開果/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/6  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·紫色の花/SA-tanada  ·青紫色の花/SA-tanada  ·青い花/SA-tanada  ·ウツボグサ  ·トキワハゼ  ·アジサイ  ·ヤグルマギク  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/2  ·2月の下赤阪の棚田の植物  ·カブ  ·ダイコン  ·アジサイ  ·ヤマヤブソテツ  ·イノモトソウ  ·ネズミノオゴケ  ·春の七種  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/06  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·クリ  ·イヌマキ  ·イネ  ·ウツボグサ  ·アジサイ  ·ノキシノブ  ·キランソウ  ·アジサイ  ·ガクアジサイ  ·城ヶ崎(Hydrangea)  ·シロガク(Hydrangea)  ·花の文化園  ·梅雨の花  ·夏の花  ·青い花  ·ヤマアジサイ  ·大石ヶ峰  ·紀泉山脈  ·梅雨の花  ·夏の花  ·青い花  ·アジサイ  ·分水嶺  ·シチダンカ  ·アジサイ  ·金剛山  ·金剛山の花  ·夏の花  ·青い花  ·ちはや園地  ·梅雨の金剛山

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年8月初旬の乾果

 「乾果」は、文字のように水気の少ない実のこと。
 ですから普通は「くだもの」ではありません。
 見た目も地味なものが多かったりします。


植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果 タグ:裂開果
〉〉〉豆果 1部屋で左右に割れる裂開果

シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens

双子葉類
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ

〉〉〉豆果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉蒴果 さくか:放射状に分かれる裂開果

ウツギ(空木)Deutzia crenata

双子葉類
バラ目
ジサイ科
ウツギ属
落葉低木
別名:ウノハナ(卯の花)
タグ:ウツギ

6月に白い花を咲かせていたのが、実をつけていました。

熟すにはもうちょっと時間が必要だと思いますが、大きさはこのまま。

結構長い間残っています。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)
Chimonanthus praecox
f. concolor

双子葉類
クスノキ目
ロウバイ科
ロウバイ属
落葉低木
タグ:ソシンロウバイ

こちらが咲いていたのは2月。

結構時間がかかりますが、蒴果なのでそれほど大きくありません。

蝋細工のような花に対して、まるで別の植物のような果実です。

アジサイ(紫陽花)
Hydrangea macrophylla
var. macrophylla

双子葉類 ミズキ目 アジサイ科 アジサイ属
落葉低木
タグ:アジサイ

このアジサイは全体に装飾花が咲く栽培品種。

果実ができない不稔と言われているので、これらも熟す前に枯れてしまうでしょう。

〉〉〉蒴果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
〉〉〉〉長角果 ちょうかくか:長い角果

イヌガラシ(犬芥子)
Rorippa indica

双子葉類
アブラナ目
アブラナ科
イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ

〉〉〉〉長角果
〉〉〉角果
〉〉裂開果
果実 〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ハキダメギク(掃溜菊)
Galinsoga quadriradiata

双子葉類
キク目
キク科
コゴメギク属
一年草
タグ:ハキダメギク

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果

タチスズメノヒエ(立ち雀の稗)Paspalum urvillei

単子葉類 イネ目 イネ科 スズメノヒエ属
多年草
南米原産の帰化植物

果実のつき方からスズメノヒエの仲間なのがわかります。

スズメノヒエかなと思ったのですが、穂のつき方がやたらと多いので、ちがうようです。

株立になり、ほかの植物を枯らすアレロパシー作用を持つと言われているので、相当な雑草だと思うのですが、ここではあまり目立っていないような。

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉堅果 けんか:木質化した果皮に種子が覆われた閉果

クヌギ(櫟)Quercus acutissima

双子葉類
ブナ目
ブナ科
コナラ属
落葉高木
タグ:クヌギ

まだまだ若い実です。

クリ(栗)Castanea crenata

双子葉類
ブナ目
ブナ科
クリ属
落葉高木
タグ:クリ

〉〉〉堅果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/8  8月の下赤阪の棚田の植物  アジサイ  タチスズメノヒエ  ウツギ  ソシンロウバイ  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  裂開果/SA-tanada 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 草花
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年6月初旬の紫~青紫~青い花

 6月の下赤阪の棚田ビオトープの紫色の花というとウツボグサ。
 色合いや大きさ、円柱状に並ぶ花もなんかいい感じです。


紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

ウツボグサ(靫草)
Prunella vulgaris ssp. asiatica

シソ目
シソ科
ウツボグサ属
多年草
別名:夏枯草(かこそう)
タグ:ウツボグサ

ふさふさと軸にたくさん並んだ花は、あまりシソ科っぽくないように感じます。

今年は群落を見つけましたが、どうして今まで気づかなかったのか不思議な場所でした。

トキワハゼ(常磐爆)
Mazus pumilus

シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草
タグ:トキワハゼ

ムラサキサギゴケに似ていますが、花が小さい方。

トキワハゼは1センチくらいでムラサキサギゴケは2センチくらい。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
青紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の青紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

アジサイ(紫陽花)
Hydrangea macrophylla var. macrophylla

ミズキ目 アジサイ科 アジサイ属
落葉低木
タグ:アジサイ

アジサイの花の色は土の酸性度で変わります。
酸性だと青、アルカリ性だと赤。リトマス試験紙と逆です。

もともと大阪の丘陵部の土壌は酸性。
田んぼも酸性。

ということで、青みが強いのかもしれません。

ヤグルマギク(矢車菊)
Centaurea cyanus

キク目
キク科
ヤグルマギク属
ヨーロッパ原産。
別名:矢車草(やぐるまそう)
一年・越年草
タグ:ヤグルマギク

舌状花が切れ込み、ちょっとキク科っぽくはありません。

そのちょっとかわった舌状花がたくさん並んでいる姿が由来です。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花
青い花 タグ:下赤阪の棚田の青い花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

キュウリグサ(胡瓜草)
Trigonotis peduncularis

キク目
ムラサキ科
キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
青い花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/6  6月の下赤阪の棚田の植物  紫色の花/SA-tanada  青紫色の花/SA-tanada  青い花/SA-tanada  ウツボグサ  トキワハゼ  アジサイ  ヤグルマギク 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月の植物いろいろ

 2月の下赤阪の棚田ビオトープで出会った生き物たち。
 その植物で、花でも実でもロゼットでもないものを集めてみました。


春の七種
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

春の七種(春の七草)は、1月7日に七種類の野草と野菜を入れたおかゆを食べ、一年の無病息災を願う行事です。
それがどうして2月の棚田なのでしょう。

それは、もともと旧暦の行事ということ。
旧暦の正月はだいたい1月下旬から2月中旬にかけて。
今年は2月14日。

そしてもう一つ。
春の七種のうち、5種類の野草は田んぼに生える雑草と言われます。
それならば、野草が多い下赤阪の棚田にもあるはず。
ということで、春の七種を探してみました。

芹 せり

和名:セリ
学名:Oenanthe javanica
セリ目 セリ科 セリ属
多年草
分布:北海道~九州
適地:湿地や畦道
タグ:セリ

水分が多いところを好み、棚田ではいつも水が染み出るようなところや水路の中などに生えています。

薺 なずな

和名:ナズナ 学名:Capsella bursa-pastoris
アブラナ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
分布:北海道~九州
適地:道端,公園,畑
タグ:ナズナ

別名「ペンペングサ」は、ハート型の果実を三味線のバチにみたてたもの。

空地にも生えるような結構しぶとい雑草。

御形 ごぎょう

和名:ハハコグサ 学名:Gnaphalium affine
キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草
分布:北海道~沖縄
適地:人里の道端、田の畦
別名:おぎょう
タグ:ハハコグサ

植物っぽくないグニャグニャとした形と、綿毛に覆われて白っぽく見えるのが特徴。

棚田ではあまり多くない野草。

繁縷 はこべら

和名:コハコベ
学名:Stellaria media
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
越年草
分布:北海道~九州
適地:道端,公園,畑
タグ:コハコベ

外来種のミドリハコベがよく似ています。

茎が赤いのがコハコベ。緑はミドリハコベ。

仏の座 ほとけのざ

和名:コオニタビラコ 学名:Lapsana apogonoides
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草
分布:本州~九州
適地:湿地を好む
タグ:コオニタビラコ

湿り気のあるところを好みますが、棚田ではあまり見かけません。

これは小さい葉が羽のように並んでいないので、コオニタビラコでないかもしれません。

菘 すずな

和名:カブ 学名:Brassica rapa var. rapa
アブラナ目 アブラナ科 アブラナ属
越年草
分布:アフガニスタン原産
適地:代表的な野菜
タグ:カブ

野菜のカブ。野生化はしていません。

葉の形からカブじゃないかと思いますが、自信はありません。

畑に植えられています。多くはありませんので自家用でしょう。

蘿蔔 すずしろ

和名:ダイコン 学名:Raphanus sativus var. longipinnatus
アブラナ目 アブラナ科 ダイコン属
越年草
分布:地中海原産
適地:代表的な野菜
タグ:ダイコン

ダイコン。野菜で野生化はしていません。

カブの隣りにありました。

こちらは葉の形からダイコンだと思います。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
春の七種
植物いろいろ
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

アジサイ(紫陽花)の冬芽
Hydrangea macrophylla
var. macrophylla

ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属
落葉低木
タグ:アジサイ

春が待ち遠しそうにふくらんできています。

クヌギエダイガフシ(椚枝毬五倍子)

クヌギ(櫟)Quercus acutissima
ブナ目 ブナ科 コナラ属
落葉高木
タグ:クヌギ

クヌギにできたこぶ。

植物は寄生した生き物を覆うようにコブを作ることがあります。

「虫嬰(ちゅうえい)」「虫こぶ」とよばれ、古くは「五倍子(ふし)」と呼ばれていました。

これはクヌギエダイガタマバチというハチが寄生しています。

なぜかクヌギのドングリにそっくり。

虫嬰・虫こぶは専門的な本などでは「ゴール(gall)」と書かれることがあります。
虫こぶを作らせる寄生生物は昆虫からダニ、線虫にカビにウイルスと様々。
それで「虫」という言葉は適切ではない、ということのようです。

ところが、「虫」の旧字体「蟲」は、人間よりずっと小さい動物全般を指し、昆虫はもちろんトカゲやミミズだって含みます。
さら「三尸の虫」のように、得体のしれない見えない寄生生物のようなものも含みます。
『蟲師』の「蟲」ですね。

ということで、虫こぶに「虫」の字を使うことはまったく問題ありません。
虫こぶの専門家の方にとって「虫」=「節足動物」なのかもしれませんが、さにあらず。
ということで、専門家ではありませんのでわかりやすい「虫嬰」「虫こぶ」を主に使っていきます。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
植物いろいろ
隠花植物
植物界
シダ植物門 シダ綱

ヤマヤブソテツ(山藪蘇鉄)
Cyrtomium fortunei var. clivicola

ウラボシ目 オシダ科 ヤブソテツ属
常緑性

細かく切れ込んだ葉というシダのイメージを壊すシダ。

短剣のような先が尖った葉が並ぶシダ。

ヤブソテツの仲間はよく似たものが多いので、まちがっているかもしれません。

小さな葉の大きさや長さ、数、光沢の有無など色々なちがいがあります。

イノモトソウ(井の許草)Pteris multifida

ウラボシ目 イノモトソウ科 イノモトソウ属
常緑性

こちらも葉が切れ込まないシダ。

胞子ができる葉(胞子葉)と胞子ができない葉(栄養葉)があります。

上は胞子葉。

胞子は葉の裏、くるりと曲がった葉の縁にできます。

下の葉の縁がギザギザなのが栄養葉。

ノキシノブ(軒忍)Lepisorus thunbergianus

ウラボシ目 ウラボシ科 ノキシノブ属
常緑性
タグ:ノキシノブ

ただ細長いだけの葉のシダ。

家の軒に生えることが名前の由来。

でも、樹の幹や岩の上などいろんなところに生えます。

シダ植物門 シダ綱
植物界
コケ植物門 蘚綱

ネズミノオゴケ(鼠の尾蘚)Myuroclada maximowiczii

シトネゴケ目 アオギヌゴケ科 ネズミノオゴケ属

スギゴケのような蘚類のコケ。

小さな葉が茎にはりつくようになっていて、それがウロコに覆われたネズミの尾に見立てたことが由来といわれます。

葉を広げるほかの蘚類とはちょっとちがった雰囲気です。

コケ植物門 蘚綱
植物界
隠花植物

 冬だから植物はみんな枯れちゃう、ということはありません。
 根雪にならないところでは。
 さすがに目立つ花はありませんが、いろんな植物がしっかりちゃっかり生きています。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■

下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/2  2月の下赤阪の棚田の植物  カブ  ダイコン  アジサイ  ヤマヤブソテツ  イノモトソウ  ネズミノオゴケ  春の七種 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 6月上旬の赤紫~紫~青紫・緑色の花・その他植物編

 棚田に水がはいった6月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 花もいっぱい咲いています。

 それは棚田の管理がいい加減で雑草がいっぱい生えている、わけではありません。

 棚田にかぎらず、畦が崩れることを防ぐため、あえて雑草は刈り取るだけで抜くことはしないのです。

 雑草の根に土をしっかり押さえてもらっているのです。


6月下旬の下赤阪の棚田の輝きと影のコントラスト

植物界
赤紫色の花
被子植物門
双子葉植物綱
コマツナギ(駒繋)
Indigofera
pseudotinctoria
マメ目
マメ科
コマツナギ属
落葉小低木
タグ:コマツナギ
ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ
ムラサキカタバミ
(紫片喰)
Oxalis corymbosa
フウロソウ目
カタバミ科
カタバミ属
多年草
南アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
タグ:ムラサキカタバミ
オトメフウロ(乙女風露)
Geraniumu dissectum
フウロソウ目
フウロソウ科
フウロソウ属
一年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:オトメフウロ
トウバナ(塔花)
Clinopodium gracile
シソ目
シソ科
トウバナ属
多年草
タグ:トウバナ
 双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
ニワゼキショウ(庭石菖)
Sisyrinchium rosulatum
キジカクシ目
アヤメ科
ニワゼキショウ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:ニワゼキショウ
単子葉植物綱
被子植物門
赤紫色の花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ウツボグサ(靫草)
Prunella vulgaris
ssp. asiatica
シソ目
シソ科
ウツボグサ属
多年草
別名:夏枯草(かこそう)
タグ:ウツボグサ

毎年たくさん咲くところですが、今年は草刈りのタイミングが悪かったようで、咲いているのはこの一つだけでした。
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
青紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
アジサイ(紫陽花)
Hydrangea macrophylla
var. macrophylla
ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属
落葉低木
別名:セイヨウアジサイ
タグ:アジサイ

駐車場とトイレのある場所で垣根のように植えられています。
キランソウ(金瘡小草)Ajuga decumbens
シソ目 シソ科 キランソウ属
多年草
別名:ジゴクノカマノフタ,コウボウソウ,
タグ:キランソウ
花がゴマノハグサ科のようですが、シソ科。


きれいな青紫色ですが、葉はロゼット状に広がり、地面に貼り付くように咲いているので、足下に注意しないと見逃してしまうかもしれません。
被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花
植物界
緑色の花
被子植物門 双子葉植物綱
クリ(栗)Castanea crenata
ブナ目 ブナ科 クリ属
落葉高木
タグ:クリ
イガイガのクリも雄花はこんな感じです。

雌花は小さく、枝にひっついていて、この距離ではちょっとわかりません。

どんぐりができるブナ科の特徴です。
アカメガシワ
(赤芽槲,赤芽柏)
Mallotus japonicus
キントラノオ目
トウダイグサ科
アカメガシワ属
落葉高木
タグ:アカメガシワ
被子植物門 双子葉植物綱
緑色の花
裸子植物門 マツ綱
イヌマキ(犬槇)Podocarpus macrophyllus の雄花
マツ目 マキ科 マキ属
常緑高木
タグ:イヌマキ
平たい葉ですが針葉樹。

「針葉樹」といっても、文字通りの針のような葉ばかりではありません。

イヌマキは雌雄異株。

これは雄株です。
裸子植物門 マツ綱
緑色の花
植物界
植物界
その他植物
被子植物門 単子葉植物綱
イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa
イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物
タグ:イネ
もう田植えが終わった田んぼもあります。

これから4ヶ月かけて棚田で育っていきます。
アオウキクサ(青浮草)
Lemna aoukikusa
オモダカ目
サトイモ科
アオウキクサ属
多年草
タグ:アオウキクサ
被子植物門 単子葉綱
その他植物
シダ植物門 ウラボシ綱
ノキシノブ(軒忍)
Lepisorus thunbergianus
ウラボシ目
ウラボシ科
ノキシノブ属
タグ:ノキシノブ

決して生えるのは家の軒だけではありません。

岩でもコンクリートでも樹の幹でも条件が良ければ生えます。

身近なシダの一つ。
シダ植物門 ウラボシ綱
その他植物
植物界

 草だけでなく、樹木もいろいろ咲いています。

 葉が茂って光合成が盛んに行われるようになる頃にも花は咲きます。

 ただ、葉に隠れて目立たないだけ。

 視線を上げると、たくさんの花が咲いているかもしれません。

タグ♦ 6月の下赤阪の棚田の植物 2015年の下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

山菜・野草の食いしん坊図鑑 [ 松本則行 ]

価格:1,836円
(2015/7/1 22:48時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/06  6月の下赤阪の棚田の植物  クリ  イヌマキ  イネ  ウツボグサ  アジサイ  ノキシノブ  キランソウ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨の植物園だってたのしいよ 雨のしずくと紫陽花


 梅雨。

 雨。

 冬に次いで植物園に人が少ない時期では。

 そんな時期に咲くのがアジサイ。

 雨の降る中、いつもの河内長野市の植物園、花の文化園へ行ってきました。



 もちろん目的はアジサイ。

 園の南、もみじ谷のとなりにアジサイ園があります。

 およそ80品種、1000株が植えられているそうです。



ヒノキ林の中のアジサイ園
ヒノキ林の中のアジサイ園




 アジサイというと、大きな花弁の花が丸く集まっている姿を想像するかもしれません。

 それはヨーロッパで品種改良されたアジサイ。

 その元となった日本のアジサイは、大きな花は小さな花のまわりを丸く囲むだけのガクアジサイ。

 そんなガクアジサイ風の品種の一部を集めてみました。



城ヶ崎 Hydrangea macrophylla f.normalis‘Jogasaki’
城ヶ崎




白ガク Hydrangea serrata "Shirogaku"
白ガク




品種不明
品種不明




 花の文化園のあじさいは、7月3日に剪定されたようです。

 雨にぬれるアジサイの花を楽しめるのは、また来年。



 風がなければ雨の日の植物園も趣があります。

 ただ種類によっては雨の日には咲かない花や閉じてしまう花がありますので、よく確認の上、雨の植物園を満喫してください。



タグ♦ 梅雨の花 アジサイ 花の文化園

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


アジサイ 【紫陽花の中苗】城ヶ崎アジサイ

価格:1,900円
(2014/7/8 00:29時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アジサイ  ガクアジサイ  城ヶ崎(Hydrangea)  シロガク(Hydrangea)  花の文化園  梅雨の花  夏の花  青い花 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

分水嶺の山紫陽花 和泉山脈大石ヶ峰

アウトドア&スポーツ ナチュラム

 700から800メートルの尾根を車で走ることができる紀泉(きせん)高原スカイラインがある和泉葛城山(いずみかつらぎさん)

 その和泉葛城山からスカイラインと反対の方向、鍋谷峠(なべたにとうげ)にむかって2つのハイキングコースがあります。

 一つは和歌山側の山腹を通る「近畿自然歩道紀泉南伊勢街道ふれあいルート」の「NO4 牛滝丁石地蔵を訪ねるみち」の一部。
 もう一つがアップダウンを繰り返しながら尾根伝いに行く道。




大きな地図で見る
和泉葛城山と大石ヶ峰の位置




 その尾根伝いの道を行くと、1時間ほどで標高860mの大石ヶ峰(おおいしがみね)に到着します。
 標高858mの和泉葛城山よりも高いのですが、植林された杉にかこまれて全く展望はききません。

 そこから小堂峰の方へ下りていくつもりが、道を間違え北側に下りてしまったのですが、その時、杉に覆われ薄暗い中に青白い花が咲いていました。

 ヤマアジサイ(山紫陽花)の群生です。



大石ヶ峰のヤマアジサイの群生
大石ヶ峰のヤマアジサイの群生




 この日は曇りで光が少ない中、まるで青白く蛍光しているよう。

 道中時々ヤマアジサイは咲いていましたが、これだけ集まっているとまたちがう植物のようです。



大石ヶ峰のヤマアジサイの花
大石ヶ峰のヤマアジサイの花




 この和泉葛城山から鍋谷峠に向かう尾根の道は、近畿の分水界(ぶんすいかい)でもあります。

 分水界とは、日本の場合は太平洋に流れる川と日本海に流れる川の境のことです。
 日本ではは多くの場所で山の尾根(おね)(みね)と嶺をつなぐ筋)を通るので「分水嶺(ぶんすいれい)」がよく使われます。

 ただ地図を見てもわかるように日本の周りには太平洋・日本海以外にもたくさんの海があります。

 そこでオホーツク海と瀬戸内海は太平洋、東シナ海は日本海として北海道から九州まで分けたのが「中央分水嶺(中央分水界)」。
 そこにオホーツク海・瀬戸内海・東シナ海との中央分水嶺の支線を加えたものが「大分水嶺(大分水界)」です。

日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)

新品価格
¥945から
(2012/7/13 12:42時点)



 和泉山脈に走るのは太平洋と瀬戸内海を分ける支線になります。

 ところが、太平洋と瀬戸内海の境については省庁の組織などによってもかわり、和泉山脈の南の紀の川のさらに南が分水嶺になることもあります。
 このように日本の分水界はまだ一つに統一されていないのが現実です。

 そこで、今回は、堀公俊著『日本の分水嶺』山と渓谷社(ヤマケイ文庫)を参考にしました。



選べる山アジサイ品種10種類!数量限定 ヤマアジサイ 山紫陽花 ガクアジサイ 【マラソン1207P02】 【マラソン201207_生活】【楽ギフ_包装】

価格:2,480円
(2012/7/13 22:54時点)
感想(5件)

あじさい 苗 ヤマアジサイ 【 伊予の薄墨 】 1年生5号ポット苗 山紫陽花 山アジサイ 庭木 落葉樹 低木

価格:1,344円
(2012/7/13 22:55時点)

ヤマアジサイ 藍姫 (アイヒメ) 開花鉢

価格:1,050円
(2012/7/13 22:55時点)

■外部リンク■
牛滝丁石地蔵を訪ねるみち|和歌山県ホームページ


◆関連タグ◆ 〔和泉山脈〕 〔ヤマアジサイ〕 〔梅雨の花〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマアジサイ  大石ヶ峰  紀泉山脈  梅雨の花  夏の花  青い花  アジサイ  分水嶺 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

“幻のあじさい”シチダンカ 金剛山ではちょっと遅れて咲いています。

金剛山(右下)と六甲山(左上)

 六甲山で見つかった「幻のアジサイ」のシチダンカ(七段花)。

 ちょっと早咲きなので普通のアジサイも終わりかけている7月、咲いているところはもう無いでしょう。



 と思っていたら六甲山(ろっこうざん)から50キロはなれた金剛山(こんごうざん)の尾根にあるちはや園地で、咲いていました。



 ちはや星と自然のミュージアムと村営ロープウェイ金剛山駅の間のしゃくなげの道の駅よりの方です。

 道より下の斜面一帯に植えられ、いっせいに薄い青色の花を咲かせていました。


一面に咲いている金剛山のシチダンカ[ちはや園地]
一面に咲いている金剛山のシチダンカ[ちはや園地]



 ヤマアジサイとちがって小さな中性花が退化していますが、よくあるアジサイのように大きく丸くかたまりません。

 空に向かって広がるようにシチダンカの花は咲いていました。


シチダンカの花[ちはや園地]
シチダンカの花[ちはや園地]



■外部リンク■
||| 大阪府民の森&箕面ビジターセンター ||| ちはや園地
香楠荘 | 金剛山ロープウェイ
ちはや星と自然のミュージアム ~ Chihaya Nature and Astronomy Museum ~




◆タグナビ◆ 〔シチダンカ〕 〔金剛山の花〕

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シチダンカ  アジサイ  金剛山  金剛山の花  夏の花  青い花  ちはや園地  梅雨の金剛山 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる