【 ひとりぼっちのヤドリギ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

2014年3月のひとりぼっちのヤドリギはちょっと復活


 ヤドリギ。

 他の樹木から栄養をもらう寄生植物です。
 ただ葉緑素を持っていて自分で栄養をつくることもできるので、半寄生植物ともいわれています。

 ポプラにとりついてまるまると茂っていた近所のヤドリギ

 ヤドリギは雄株(おかぶ)と雌株(めかぶ)がある雌雄異株(しゆういしゅ)の植物。

 でもこのヤドリギはたったひとつだけ。

 最も近いヤドリギまで直線距離でも500m。
 途中山あり谷あり建物ありで、見ることはできません。

 ということで、「ひとりぼっちのヤドリギ」です。



まるまると茂っていた2011年2月のヤドリギ
まるまると茂っていた2011年2月のヤドリギ




 ところがこのヤドリギ。
 急にやせてしまったのです。

 原因は謎。
 その年は寄生されている(宿主(しゅくしゅ)の)ポプラが葉を茂らせていなかったので、それと関係がありそう。



まるで伐採されたかのような2011年12月のヤドリギ
まるで伐採されたかのような2011年12月のヤドリギ




 そのままヤドリギは枯れてしまうのでしょうか。

 と思っていたら、その年のポプラは少し茂り、ヤドリギも少し復活したようです。



ポプラと同じように少し復活した2012年10月のヤドリギ
ポプラと同じように少し復活した2012年10月のヤドリギ




 そして2014年。

 まだまだまるまるとしていたころには及びませんが、ヤドリギも復活してきたようです。



少し復活した2014年3月のヤドリギ
少し復活した2014年3月のヤドリギ




 ヤドリギがしぼんでしまった時は、ポプラも葉が減ってしまいました。

 ポプラの葉が増えると、ヤドリギも枝が増えてきたようです。

 ポプラが先かヤドリギが先かわかりませんが、ヤドリギの成長と宿主のポプラの成長は関係があるのは確かなようです。

 丸々としたヤドリギがどうしてしぼんでしまったのかかりませんが、その原因はいつまでも続くものではなかったようです。



タグ♦ ひとりぼっちのヤドリギ ヤドリギ 寄生植物

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ひとりぼっちのヤドリギヤドリギ寄生植物寄生ポプラ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2012年秋の一人ぼっちのヤドリギは?


 いつの間にか小さくなった近所の一人ぼっちのヤドリギ。

 その後は?



2011年12月の小さくなったひとりぼっちのヤドリギ
2011年12月の小さくなったひとりぼっちのヤドリギ




 ヤドリギが小さくなったからでしょうか、今年は去年と違ってポプラが葉を茂らし、以前ほどではないですが隙間だらけの去年とは大違いです。

 ヤドリギは相変わらず小さなまま。
 ここにあることを知らなかったらポプラの葉に隠れて見つけられないかもしれません。



2012年10月のひとりぼっちのヤドリギ
2012年10月のひとりぼっちのヤドリギ




 この1年ほどの変化はこうです。

 ポプラが葉を減らす。
 
 ヤドリギが小さくなる。
 
 翌年ポプラの葉が茂る。
 
 ヤドリギは小さいまま。



 この変化はポプラの対ヤドリギ対策なのか、それともヤドリギに栄養を奪われたので葉を茂らすことができなかっただけなのか。
 またはそれ以外なのかはわかりません。

 ただ、見た目はヤドリギの勢力を削ぐことには成功しているようです。

 といっても、ヤドリギを駆除したわけではありませんので、いずれヤドリギは大きく育つでしょう。

 その時、ポプラはどうなるでしょうか。



2010年11月の大きかったころのひとりぼっちのヤドリギ
2010年11月の大きかったころのひとりぼっちのヤドリギ




◆関連タグ◆ 〔ひとりぼっちのヤドリギ〕 〔ヤドリギ〕 〔ポプラ〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ひとりぼっちのヤドリギヤドリギポプラ

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

2011冬のひとりぼっちのヤドリギは……


 冬です。

 落葉です。

 ヤドリギの季節です。



 毎年毎年丸々と太ってきた「ひとりぼっちのヤドリギ」。

 今年はどうなったでしょうか。



2010年末のひとりぼっちのヤドリギ
2010年末のひとりぼっちのヤドリギ




 すっかり葉を落としたせいたかポプラの木。

 冬なら遠くからでもヤドリギが見えます。

 ところが!



 ヤドリギが小さくなっています!

 記憶間違いや見間違いというレベルを超えて明らかに小さくなっています。
 まるで別のヤドリギのようです。

 どういうことでしょうか。



2011年末の小さくなったひとりぼっちのヤドリギ
2011年末の小さくなったひとりぼっちのヤドリギ




 理由はよくわかりませんが、ヤドリギが小さくなっているのは事実です。

 そういえば今年の夏のポプラはなんか葉は少なかったような気がします。

 ポプラが弱ったのでしょうか。

 ポプラが弱ったのはヤドリギでしょうか。



 ヤドリギは寄生植物といえども、見ての通り緑色。

 栄養の基本の炭水化物(たんすいかぶつ)(デンプンや糖)は自分で作れます。

 それに寄生生物の基本はいたずらに宿主(しゅくしゅ)(寄生した相手)を弱らせないこと。

 ヤドリギが直接の原因ではないように思います。



 樹木には水不足になると葉を落とすものがあります。

 夏の終わりの水不足でポプラは葉を落としてしまったのかもしれません。

 それを察知したヤドリギも葉を落としたのでしょうか。


 謎です。



◆関連タグ◆ 〔ひとりぼっちのヤドリギ〕 〔ヤドリギ〕


【取寄品】 【送料無料】Mistletoe/ヤドリギ《IFF-11289》リーフアートパネル《額付》☆インテリアアート通販☆●【RCPdec18】【auktn】

価格:21,000円
(2011/12/25 00:45時点)
感想(0件)



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ひとりぼっちのヤドリギヤドリギ寄生寄生植物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ひとりぼっちのヤドリギにも春が来ました。たぶん。


 近所の公園のひとりぼっちのヤドリギにも春が来ました。
 たぶん。


ポプラとひとりぼっちのヤドリギ
ポプラとひとりぼっちのヤドリギ



 といってもヤドリギが二つになったわけではありません。

 どうやら、花が咲いたようなのです。



 ヤドリギの花は小さく、遠くから見ているだけではわかりません。

 そこで持っている中で一番倍率の高いカメラで写しました。


ひとりぼっちのヤドリギを最大望遠で写してみました
ひとりぼっちのヤドリギを最大望遠で写してみました



 ヤドリギは雄株(おかぶ)雌株(めかぶ)に分かれています。
 つまり、一つのヤドリギに咲くのは雄花か雌花のどちらかだけ。

 さあ、ひとりぼっちのヤドリギはどちらでしょうか。



 ヤドリギの花は枝の先で左右に広がった葉の間で今頃咲きます。

 雄花は花被(かひ)と呼ばれる花びらのように四つに分かれた葉を広げます。
 それがいくつかまとまって咲くのですが、小さいのでヤドリギが木の上にあるとまったくかわらないでしょう。

 雌花は短いながらも(じく)がありそこに花がつきます。
 とても小さい穂状花序(すいじょうかじょ)でしょうか。
 しかし雄花よりももっとちいさくとても見えにくいと思います。



 さて、写真を拡大してみると……


葉と葉の間に小さな突起があるひとりぼっちのヤドリギ
葉と葉の間に小さな突起があるひとりぼっちのヤドリギ



 葉と葉の間に何か小さな突起があります。

 どやらひとりぼっちのヤドリギは雌株のようです。

 ということは、実がなりそうですが、今のところ一番近いヤドリギまではおよそ500メートル。
 しかも雄株かどうかもわかりません。

 花粉を運ぶのは風なのか虫なのかわかりませんが、受粉はむずかしそうです。


◆タグナビ◆ 〔ひとりぼっちのヤドリギ〕 〔ヤドリギ〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ひとりぼっちのヤドリギヤドリギ春の花黄色い花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

実は無いけど蕾は? ひとりぼっちのヤドリギ

 冬です。

 冬はヤドリギの季節です。

 なぜかというと宿っている木が葉を落としてヤドリギがよく見えるようになるからです。

 もちろん落葉樹の場合ですが。

冬のポプラのヤドリギ
冬のポプラのヤドリギ




 そして、冬には実がなります。
 食べ物が少なくなる季節に鳥に食べてもらおうという作戦なのでしょう。

 なぜならヤドリギの実は、一度鳥に食べられないことには芽を出さないのです。



 近所のひとりぼっちのヤドリギ。

 ヤドリギは雄株(おかぶ)雌株(めかぶ)があって、たった一本では実ができません。

 ヤドリギの実は枝の先の葉と葉の間に()るようですが……やはり実は()っていないようです。

ひとりぼっちのヤドリギのアップ
ひとりぼっちのヤドリギのアップ



 しかしなにか丸い芽のようなものがあります。

 ヤドリギの花が咲くのは2月から3月。

 これは(つぼみ)なのでしょうか?

 2月が楽しみです。


◆記事ナビ◆ 〔ひとりぼっちのヤドリギ〕 〔ヤドリギ〕






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤドリギひとりぼっちのヤドリギ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

気分はまだ夏だけど暦の上では秋のヤドリギ



 このブログに何度も登場しているひとりぼっちのヤドリギです。

 落葉樹のポプラに寄生しているので冬は思いっきり目立っていますが、木の葉が茂る夏にはまったく目立たないでしょう。

 確かに遠目ではどれがヤドリギのある木かわかりません。

 そして近づいてみると……


 ちゃんとわかりました。

 思ったほどポプラの葉が茂ってなく、ポプラのものとはまったくちがう細くて小さい葉がぎっしりと丸く固まっているのが見えます。

ポプラの葉の間に見えるヤドリギ
ポプラの葉の間に見えるヤドリギ



 ヤドリギがはっきりとわかるほどポプラの葉が茂っていないのは、ヤドリギに養分を奪われたからかどうかは、わかりません。

ヤドリギのほかの記事は タグ〔ヤドリギ〕


キッズgoo



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤドリギひとりぼっちのヤドリギ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春のヤドリギ


 春です。

 多くの植物が芽吹き、冬の間枯れていたように見えた落葉樹も新芽を伸ばして生きていることをアピールし始めています。


 落葉樹が葉を伸ばし始める季節はヤドリギとのお別れの季節です。
 もうすぐ葉に覆われてわからなくなるでしょう。

ひとりぼっちのヤドリギ
ひとりぼっちのヤドリギ



 近所の一人ぼっちのヤドリギは、新しい葉が出るのがちょっと遅いポプラの木に生えています。
 今はまだヤドリギくんを見ることはできそうです。

今はまだ見ることができるヤドリギ
今はまだ見ることができるヤドリギ


 そしてもうしばらくすると、冬までさよなら。


ヤドリギのほかの記事は タグ〔ヤドリギ〕



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤドリギひとりぼっちのヤドリギ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS