【 のぞいてみようハチの世界】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

日本一危険な動物のスズメバチとは共生できるの?「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」


 とにかくハチのことならなんでもそろっていそうな大阪市立自然史博物館の「のぞいてみようハチの世界」。

 ハチの代名詞にもなっているミツバチ。
 そのミツバチ以上に身近なハチとも言えるのが、スズメバチやアシナガバチ。

 刺されて痛い思いをするだけでなく、スズメバチの場合は死亡することもあります。

 「のぞいてみようハチの世界」展のガイドブックによると、日本の野生の動物による死亡件数では、クマやイノシシを超えスズメバチが一番だそうです。

 それはスズメバチが一番身近でなおかつ危険な生き物だからでしょう。



 それなら、スズメバチやアシナガバチの巣を見つけたら、すぐに駆除するべき。
 なのでしょうか。

 家や通学路のように人間の日常生活の場の中に作られた巣であれば、被害が出る前、被害が広がる前に駆除すべきでしょう。
 だからと言って絶滅させることはもちろん人間の生活範囲の外まで駆除するのは、どうでしょうか。



 自然というのは無数の生き物が複雑に関係しあって成り立っています。

 それは長い時間をかけて安定してきた関係なので、人間が思い通り操作できるような簡単な仕組みではありません。

 人間の都合だけで生き物の数を増やしたり減らしたりすると、自然はバランスを崩してしまいます。



 スズメバチもアシナガバチも自然の大きな仕組みの中の一部としての役割を持っています。

 どちらのハチもイモムシを幼虫の餌にします。
 つまり、スズメバチやアシナガバチをやたらと駆除すると、天敵が減ってイモムシがやたらと増えることになり、畑や庭木の葉がたくさん食べられることになるかもしれません。



 では、スズメバチ対策はどうしたらいいのでしょうか。

 「のぞいてみようハチの世界」展のガイドによると、どうやら基本は近寄らないこと。
 山を歩いていて蜂に襲われるのは多くの場合は巣に近づきすぎたため。

 巣に近寄ってくるのは敵と考え、まず偵察に飛んできたり、カチカチと警告音をだすので、それに気づいたら近寄らないこと。



 運悪く襲われてしまったときは、特別展の展示によると、すぐ逃げること。
 その場にとどまるとどんどんハチが集まって集団に襲われることになります。

 そして残っていたら毒針を抜いて、毒を絞り出すように流水で洗って、抗ヒスタミン剤が含まれた虫さされの薬を塗ります。

 それでも体調が良くないときはすぐ医者に!



 ということで、具体的な対策というのは、スズメバチやアシナガバチを見つけたらこちらを警戒しているかどうか注意すること。

 ハイキングや公園などへ行くときは、あらかじめスズメバチなどの情報がないかホームページなどでチェックすること。

 ものすごく消極的ですがその程度しかないようです。

 でもそれは、人間はスズメバチやアシナガバチ同様大きな自然の一部だと謙虚になる、ということなのでしょう。



 自然との付き合い方は、人間の都合を押しつけるだけではいけないということを教えてくれた「のぞいてみようハチの世界」展の開催期間は2012年の10月14日まで。
 終了まであとわずか。

 運悪く行けなかった場合、この記事を見たのが終了してからの場合などは、ぜひ展覧会ガイドブックを。

 展示の副読本としてだけでなく、場合によってはさらに踏みこんだ解説もしていますので、展示が終わっても資料として十分活用できます。



 特別展のガイドブックや図録は自然史博物館のミュージアムショップで販売しています。
 インターネットでも販売しています。

 また大阪のジュンク堂書店の難波店では開店した時から自然史博物館コーナーがあり、博物館グッズや展示ガイドを販売しています。

 過去の特別展のものも販売していますので、博物館へ行く時間がない人はいいかもしれません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界大阪市立自然史博物館スズメバチ毒虫共生

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

とっても不思議な寄生蜂のこともわかる「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」


 ハチばかりが集まった自然史博物館の「のぞいてみようハチの世界」。

 身近なハチから聞いたこともないハチまでいっぱい集まっています。



この記事にはハチの画像があります。




館企画の特別展恒例入り口垂幕「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
館企画の特別展恒例入り口垂幕
「のぞいてみようハチの世界
〈自然史博物館〉」

 「ハチ」と聞いて花の蜜を集めるミツバチや、獰猛(どうもう)な肉食のスズメバチを思い浮かべる人も少なくないと思います。

 しかしハチは葉っぱを食べるハチや昆虫などを狩って幼虫の餌にするカリバチ、そして他の虫などに寄生するキセイバチなどものすごく多様化しています。



 寄生バチは昆虫などの節足動物(せっそくどうぶつ)に寄生するので、普通それほど大きくありません。

 中にはハチとは思えないほどの小さなものもいます。

 それだけでなく、寄生した虫(宿主(しゅくしゅ))を操って(寄主操作(きしゅそうさ))、自分にとって得するように行動させるハチもいます。

 その様子が映像で展示されているのはサムライコマユバチとクモヒメバチ。

 宿主が特異な行動をする様子が映像で流されています。



イモムシに寄生するヒメバチやマユコバチの標本「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
イモムシに寄生するヒメバチやマユコバチの標本
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 自分が得するように宿主を操る寄生虫は幾つか知られていますが、ハチにもそういうものがいるというのは驚きました。

 なんて頭のいいハチなんでしょう。

 と思わずいってしまいますが、こういう時はファーブルさんの言葉を思い出します。

 どんなに驚くような行動をする昆虫であっても、それはただ単に本能のまま、決められた手順で行動しているだけ。
 途中まで進んでしまったら、もう元には戻れません。



寄生蜂を使って害虫を駆除するための天敵製剤「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
寄生蜂を使って害虫を駆除するための天敵製剤
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 ですからこういった寄生バチも「こうすれば得するに違いない」と思って動いているのではなく、訳もわからず決められて行動を行なっているだけでしょう。

 しかしよく考えると、何も考えないでこれだけ巧妙に動けるというのは、ある意味考えて動いていることよりもおどろくべきことなのかもしれません。



 そんなふしぎなハチがいっぱいの「のぞいてみようハチの世界」は大阪の自然史博物館で2012年10月14日まで開催中です。


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ寄生寄生動物寄生昆虫

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

身近なミツバチの知らない姿もわかる「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」


 大阪市の長居(ながい)公園にある大阪市立自然史博物館で開かれている「のぞいてみようハチの世界」。

 見たことも聞いたこともないような珍しい世界中のハチが展示されています。

 もちろん身近なハチについての展示もあります。



特別展恒例の階段看板その2「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
特別展恒例の階段看板その2
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 身近なハチというとミツバチ。
 蜂蜜(はちみつ)を集めてくれるハチです。

 地球上最も繁栄している生物と言われながら、哺乳類のように家畜化された種がほとんどいない昆虫のなかで、数少ない家畜化されたものの一つです。



 ハチを使っての花の蜜集めは、四角い巣箱を利用した養蜂(ようほう)をイメージするかもしれません。
 しかしこれはセイヨウミツバチを使ったヨーロパの養蜂で、日本での伝統的な養蜂はちょっとちがいます。

 中をくりぬいた丸木を山において、そこに日本在来種のニホンミツバチを住まわせるのです。

 今でも行われていますが数は少なく、日本の蜂蜜生産のほとんどはセイヨウミツバチを使った四角い巣箱のようです。



日本式養蜂箱(丸太くり抜きタイプ)「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
日本式養蜂箱(丸太くり抜きタイプ)
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 養蜂の歴史は古く、蜂蜜が人間にとって重要なものだったことがわかります。

 それもそのはず、花の蜜は蜂蜜ほど甘くありません。
 ミツバチが濃縮しているからこそカビが生えないだけの甘さになるのです。

 ミツバチがいなければ、あのように甘い蜜は食べることできなかったでしょう。



花の蜜ではなくアブラムシなどがだす甘い汁を集めた甘露蜜「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
花の蜜ではなくアブラムシなどがだす甘い汁を集めた甘露蜜
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 小さなミツバチもすごい!ってことがわかる「のぞいてみようハチの世界」は2012年10月14日まで開催しています。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ大阪市立自然史博物館ミツバチ

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

恐竜時代のハチだっています!「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」


 大阪の長居(ながい)公園にある自然史博物館で2012年10月14日まで開かれている「のぞいてみようハチの世界」。

 なんとハチに特化した特別展です。

 ハチだけで~。
 と思わず言ってしまいそうですが、それができてしまうのです。



この記事にはハチの化石の画像があります。





 「ハチ」と呼ばれるのは膜翅目(まくしもく)の昆虫群。

 膜翅目は別名「ハチ目」とも呼ばれますがアリも含まれています。
 広い意味では、「アリ」も「ハチ」です。

 「(もく)」というのはいきものの分類では結構大きな区分けで、この一つ上は「(こう)」になります。
 ハチ目の上は昆虫綱。
 簡単に言うと、「目」は昆虫の中の最初の分類ということになります。

 ハチ目には13万もの種が含まれています。
 ほとんどが「ハチっぽい」姿ですが、その生活の様子は千差万別。
 ものすごく多様化され、中には信じられないような職人的な技を見せてくれるものもいます。



特別展恒例の階段看板
特別展恒例の階段看板




 今のハチの標本が中心ですが、化石も展示されています。
 幅の広い展示ははさすが自然史博物館。

 ハチの登場は古く、恐竜が繁栄した中生代(ちゅうせいだい)にはすでに現れていました。

 三畳紀(さんじょうき)の中期(2億2千万年前)の化石が最も古い確実な「ハチ」と言われています。

 三畳紀中期は恐竜が出現したと考えられている時代です。



中国で見つかったジュラ紀のナギナタハバチの1種の化石「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」
中国で見つかったジュラ紀のナギナタハバチの1種の化石
「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」




 その後、恐竜の時代になる直前のジュラ紀の初期(約1億8千万年前)には20科以上のハチが現れました。

 「科」というのは簡単に言えば「目」の一つ下の分類です。
 ハチがこの時期にすでに多様化していたことがうかがえます。

 そして白亜紀(はくあき)(約1億年前)には今のハチの殆どの種類が現れました。



ジュラ紀のキバチの化石「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」
ドイツで見つかったジュラ紀のキバチの化石
「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」




 白亜紀の頃には花を咲かせる被子植物(ひししょくぶつ)が増えてきたので、花の(みつ)を食べる花蜂(はなばち)もこのころ誕生したかもしれません。

 その後、白亜紀末期に大絶滅が起こり、中生代が終わります。

 それでも多様性を失わず、植物や動物の種類の変化も寒冷化する気候の変化も乗り越え、現在繁栄しているハチ。

 その凄さを時間を超えて知ることができる「のぞいてみようハチの世界」です。



白亜紀前期の被子植物アルカエフルクトゥス・シネンシス復元模型「恐竜は花を見たか?(福井県立恐竜博物館 2009年)」
こんな花に中生代の花蜂が飛んできていたのでしょうか
白亜紀前期の被子植物アルカエフルクトゥス・シネンシス復元模型
「恐竜は花を見たか?(福井県立恐竜博物館 2009年)」
※「のぞいてみようハチの世界」では展示されていません。




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ大阪市立自然史博物館中生代ジュラ紀

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

ハチハチハチハチ 蜂ってこんなにすごかったんだ! 「第43回特別展 のぞいてみようハチの世界〈大阪市立自然史博物館〉」


「のぞいてみようハチの世界」の記事はこちらにまとめています。
〔のぞいてみようハチの世界〕



 大阪の自然史(しぜんし)博物館で夏の特別展「のぞいてみようハチの世界」がはじまりました。

 夏の子供向け催事というと恐竜と昆虫が定番です。

 その昆虫の中でもハチだけに絞った思い切った特別展。

 今回もブロガー招待に当選したので初日に行って来ました。



この記事にはハチの画像があります。





長居公園南西入り口の特別展の看板
長居公園南西入り口の特別展の看板
 ミツバチ、クマバチ、スズメバチと身近な昆虫のハチなんかで、広いホールの展示が埋まるのでしょうか?

 と思わず心配してしまいますが、実は「ハチ」は「アリ」も含めて膜翅目(まくしもく)(アリ目)という大きなグループで、なんと13万を超える種があります。



 ということで、「ハチ」と言ってもさまざま。

 社会性を持って幼虫が花の蜜を食べるミツバチもいれば、同じ社会性を持っていても幼虫が肉食のスズメバチもいます。

 葉っぱを食べるハバチもいれば、昆虫を狩るカリバチもいます。

 狩りをしないで寄生する小さなヤドリバチもいます。

 ということでハチばかりですが、どのコーナーに行ってもちがう姿のハチを見ることができます。

 ハチ、(あなど)れません。



 まず目につくのは巨大なハチパネル。
 人間より大きなハチの写真が迎えてくれます。


ミカドトックリバチの精密巨大パネル
ミカドトックリバチの精密巨大パネル



 そして琥珀(こはく)と化石。
 もちろん琥珀はハチ入り。

 恐竜が滅んだあとのおよそ3000万年前の新生代(しんせいだい)漸新世(ぜんしんせい)の琥珀ですので、「ジュラシックパアーク」のようにはなりません。

 化石の方はジュラ紀のものがあり、原始的なハチの化石もあります。

 ドイツ産なので、始祖鳥(しそちょう)が見つかったゾルンホーフェンのものなのでしょうか?



 個人的に気になるハチがセイボウ(青蜂)。

 青や緑の構造色に覆われたきらめく姿のハチらしくないハチです。

 もちろんセイボウもいっぱい展示されています。


ムツバセイボウの精密巨大パネル
ムツバセイボウの精密巨大パネル



 寄生バチでは寄生した相手(宿主(しゅくしゅ))の行動を支配すると思えるものまでいます。

 このように見たことも聞いたこともないようなハチがいっぱい。

 もちろん、蜂蜜(はちみつ)を作ってくれるミツバチのことや、スズメバチのような身近な危険なハチとの付き合い方もあります。



 ハチ好きはもちろん、ハチの多様性は昆虫好きや生き物好きを飽きさせません。

 小学生の夏休みの自由研究のテーマもあちこちに転がっていそうです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界大阪市立自然史博物館ハチムツバセイボウミカドトックリバチ

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS