【 箕面公園】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

箕面公園の地衣類



箕面公園へ


 まだまだ地衣類(ちいるい)蘚苔類(せんたいるい)の区別もあやふやなところがありますが、とりあえず名前探しをしてみました。

 地衣類はそれこそそこらじゅうにいますが、地衣類強化期間として最初に意識して訪れた大阪北部の箕面公園(みのおこうえん)の地衣類です。
 見たのは紅葉の季節でしたが、地衣類には季節はあまり関係ありませんので、今でも見た目はそれほど変わらないはずです。

地衣類については 記事【「ちいるい」ってなに?】



箕面で見た地衣類を分類してみたら


 木が多く水が豊富なところはコケにに覆われて生長が遅い地衣類はなかなか苦労しているようです。
 そんな中でも岩の上などで見かけた地衣類です。

痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ
痂状(かじょう)地衣類ヘリトリゴケ



痂状(かじょう)地衣類レプラゴケ?
痂状(かじょう)地衣類レプラゴケ?



葉状地衣類ウメノキゴケ科?
葉状地衣類ウメノキゴケ科?



樹状地衣類ヤリノホゴケ?
樹状地衣類ヤリノホゴケ?



 としてみましたが、まだまだ自信がありません。

 地衣類の分類が難しい最大の理由は、似たものがいっぱいあるということです。
 もちろん地衣類の中でも区別しにくいものが多いですし、コケの蘚類(せんるい)苔類(たいるい)はもちろん、藻類(そうるい)まで似たものがいっぱいです。


収斂進化?


 蘚苔類、つまりコケは花も咲きませんし種もできませんが、葉緑体が光合成を行うことで基本的な栄養を作り出しているということで、植物と分類されています。

 地衣類の体をつくっているのは菌類(きんるい)です。つまりカビやキノコと同じ生き物です。
 菌類は自分で栄養を作り出すことができないので、周りのものを分解して栄養として取り込んでいます。

 ですからコケと地衣類は生物進化でみるとまったくちがう生き物ですが、こんなに似ているということは、彼らの生活環境にはあのような形が似合うのでしょうか。

 まったくちがう生き物が同じ環境でよく似た姿になっていることを収斂進化(しゅうれんしんか)といいますが、これも収斂進化なのでしょうか。

タグ〔収斂進化〕



植物とコケと地衣類


 ブログやホームページを見ても地衣類を植物として扱っていることが多く、特に名前に「コケ」がつくのでコケと同じと思っている人もいるようです。

 地衣類はそこら中にいますが、コケと同じ扱いにしてもふつうは何も困りません。
 実際古典的な二界説では地衣類も植物になります。
 ですから地衣類を植物としてもコケの仲間としても何も問題は無いでしょう。

 でも、こういう細かいことを区別していくことから生き物を理解していくことにつながっていくのではないかと思います。

大阪府営 箕面公園


地衣類の記事は カテゴリ[地衣類]
箕面公園の記事は タグ〔箕面公園〕






››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヘリトリゴケレプラゴケウメノキゴケヤリノホゴケ地衣類箕面公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

箕面の紅葉はまだちょっと早かった



紅葉と箕面


 大阪のモミジの名所、箕面の大阪府営箕面(みのお)公園に行ってきました。

 もちろん紅葉(こうよう)を見るためですが、各種紅葉情報ではまだ「色付き始め」ということでしたので、期待していませんでした。

 人でごった返すのがいやだったのですが、まだまだ紅葉(こうよう)のシーズンではなかったのですが結構人がいました。
 これがシーズンになったとすると……

日の光を透かして見る箕面のモミジ
日の光を透かして見る箕面のモミジ




まだちょっと早かった


 まだ紅葉(こうよう)のシーズンじゃないといっても、木単位・枝単位ではきれいに紅葉(こうよう)しているものもあります。

 紅葉(こうよう)の条件でも書きましたが、きれいな紅葉(こうよう)の条件の一つに「太陽の光(紫外線)をよく浴びること」があります。

 ということで、箕面(みのお)公園の入り口、まだ開けた日当たりのよいところでは結構紅葉(こうよう)していました。

 奥に行ってもやはり日当たりのいいところではぼちぼち紅葉(こうよう)しています。


モミジの巨木


 箕面(みのお)に行って驚いたのは、もちろんいたるところにモミジが生えていることですが、そのモミジ自体が、巨木なのです。
 見上げるようなモミジ。それも2メートルや3メートルではありません。
 10メートルや20メートルです(想像)。

 町で見かけるイロハモミジは高くてもせいぜい3メートルくらい。
 それが手が回らないような太い幹に、木の天辺(てっぺん)が見えないほどの高いイロハモミジがあるなんて知りませんでした。

イロハモミジの巨木
イロハモミジの巨木



 苔むした見上げるような古木のモミジ。

 それが箕面(みのお)


 ああ、真っ赤に燃えたモミジを見たかった……



●全国の紅葉情報

 京都の紅葉情報 2009:京都新聞
 紅葉情報 - ウェザーニュース
 紅葉ガイド2009全国版 - Walkerplus



紅葉のほかの記事は タグ〔紅葉〕
イロハモミジのほかの記事は タグ〔イロハモミジ〕



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 紅葉イロハモミジモミジ箕面公園

関連記事

theme : 紅葉
genre : 旅行

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS