【 大雪】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

大雪。雪いよいよ降り重ねる折からなればなり



雪が多くなる?


 読みは「たいせつ」。毎年12月7日ころ。

 「小雪(しょうせつ)」のころ少なかった雪も多く降るようになるということで、「大雪(たいせつ)」です。

 そろそろ冬将軍がやってきて、北国の山は雪化粧し、日本海側では大雪がふりはじめるような季節です。

稲刈りあとに伸びた稲にとまっている冬のテントウムシ
稲刈りあとに伸びた稲にとまっている冬のテントウムシ




雪にはちょっと早い


 冷え込んだとはいえ、大阪ではまだまだ初雪は見られません。
 よほど冷え込まない限り、この時期に雪を見ることはできないでしょう。
 それは京都も東京もあまりかわらないことと思います。

 ちょっと気が早いように感じます。


大いなる雪はどこに


 二十四節気のふるさと中国の長らく首都が置かれている北京は、そろそろ気温は氷点下、降るのは雨ではなく雪になるころです。

 とはいえ、北京では一日中氷点下の真冬日であっても、街では雪はほとんど見かけません。
 それだけ冬の北京は乾燥していて、雪が降らないのです。
 寒い北京も「大雪(おおゆき)」というイメージではありません。

 もっと雪が多い地域で考えだされた節気なのでしょうか。
 二十四節気の謎です。

葉を落としたポプラの冬のヤドリギ
葉を落としたポプラの冬のヤドリギ




冬の姿


 生き物は確実に冬を意識しているようです。
 目にする昆虫の数がかなり減り、落葉樹の多くが寒々とした枝だけの姿をみせています。

 夏に枝葉に隠れて見えなかったヤドリギが姿を現す時期でもあります
 葉を落とした落葉樹。その一部だけが茂っている状態は、見ていると一層寒さが増しそうです。


 次はいよいよ冬至。
 これから一段と寒くなることは、まちがいありません。

二十四節気のほかの記事は タグ二十四節気


●今年・来年の二十四節気の日付がわかります
二十四節気および雑節 平成21年 (2009)
二十四節気および雑節 平成22年 (2010)



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 二十四節気大雪テントウムシヤドリギ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS