【 啓蟄】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

二十四節気「啓蟄」の初候「蟄虫啓戸」と末候「菜虫化蝶」


 3月にはいると春の真ん中、春分を前に虫たちが動き始める「啓蟄」になります。

 「啓蟄」は立春から3つ目の節気。

 よみは「けいちつ」。
 暖かくなってきたので“土の中にこもっていた(蟄)”虫たちが、“穴を開いて(啓)”出てくる。という意味。

 春らしい二十四節気です。



この記事にはの画像があります。





啓蟄の次候は「桃始笑(もも はじめて わらう)」
啓蟄の次候は「桃始笑(もも はじめて わらう)」
2013年は3月下旬が見頃だった花桃「ほうき性花桃(長居公園)」。
今年はまだ桃の花は見ていません。




 啓蟄の期間は3つの七十二項に分けられます。

 その一つ目、初候は「蟄虫啓戸」。

 よみは「かくれたるむし とをひらく」「ちっちゅう こをひらく」「すごもりむし とをひらく」など。

 意味は基本的に啓蟄と同じ、暖かくなってきたので冬ごもりしていた出てくるとような意味です。



フクジュソウの花に集まってきた啓蟄のコバエ(ちはや園地)
フクジュソウの花に集まってきた啓蟄のコバエ(ちはや園地)
ハナバエ科のタネバエ?
受粉のためにこういった虫があつまるようにパラボラアンテナのような花で太陽の光を花の中心に集めると言われています。




 ただし、IWO(いきもの は おもしろい!)では、「啓」と「蟄」の位置がちがうことからこう解釈をしています

 「啓蟄」は「(暖かくなってきた気候“が”)こもっていた虫“を”開放する」。
 「蟄虫啓戸」は「(暖かくなってきたので)こもっていた虫“が”出口を開く」。

 それぞれ視点がちがいます。

 「啓蟄」は、虫が出てきたくなるほど暖かくなってきた気候が中心。

 「蟄虫啓戸」は暖かくなってきので出てきた虫が中心。

 そう解釈すれば、啓蟄の中にもう一つの虫の候「菜虫化蝶」が含まれることも納得できます。

 冬ごもりしていた虫も出てくるほど暖かくなったので、チョウも羽化しはじめるのです。



モンシロチョウに似ているキタキチョウの秋型(天野街道)
モンシロチョウに似ているキタキチョウの秋型(天野街道)
キタキチョウは秋に羽化した成虫(秋型)で越冬します。
冬越しが大変だったようで翅(はね)が傷んでいます。




 啓蟄の末候の「菜虫化蝶」。
 よみは「なむし ちょうとけす」「なむし ちょうとなる」。

 「なむし」は「菜虫」、モンシロチョウの幼虫のアオムシのこと。

 それが羽化してモンシロチョウになるということです。

 まだまだ寒い日がある3月。

 見かけるチョウは成虫のまま越冬してきたものばかり。
 「菜虫化蝶」よりも「蟄虫啓戸」の方がしっくりします。



成虫で越冬するテングチョウ(近つ飛鳥風土記の丘)
成虫で越冬するテングチョウ(近つ飛鳥風土記の丘)
翅が欠けているようですがこれがこのチョウの特徴です。
モンシロチョウはまだ見ていません。




 ところがモンシロチョウは蛹で越冬して、3月には羽化を始めるのです。

 七十二候は二十四節気と同じように中国由来ですが、「菜虫化蝶」は日本オリジナル。

 江戸前期の天文暦学者の渋川春海(しぶかわ はるみ)さんが1685年に日本に合うように改正した貞享暦(じょうきょうれき)に使われてから続いています。

 渋川春海さんは宇宙をみる天文暦学者でしたが、足下の生き物たちもじっくりと観察する学者だったのかもしれません。



タグ♦ 啓蟄 蟄虫啓戸 桃始笑 菜虫化蝶 二十四節気 七十二候

■参考外部リンク■
長居公園 - NAGAI PARK -
大阪府民の森(ちはや園地)
泉北ぐるりんウォーキング|陶器山パノラマコース
近つ飛鳥風土記の丘 - 近つ飛鳥博物館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 啓蟄蟄虫啓戸桃始笑菜虫化蝶渋川春海二十四節気七十二候ほうき性花桃タネバエテングチョウ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

「啓蟄」? 「蟄虫啓戸」? どっち!?


 梅もそろそろ満開になろうか言う頃。春らしくなってきました。

 というときにやってくるのは二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」と七十二候の「蟄虫啓戸(ちっちゅうけいこ)」。



 「いきもの は おもしろい!」的意訳すると。

啓蟄:土の中に閉じこもった虫を開放する
→ 虫が出てくるほど暖かくなった。


蟄虫啓戸:土の中に閉じこもった虫が出てくる
→ 暖かくなったので虫が出てくる。



 ということで、「いきもの は おもしろい!」では「啓蟄」と「蟄虫啓戸」は微妙に意味がちがいます。

 そこで、暖かい日に戸外に出て虫を探してみました。

多丘公園の梅の花(鹿児島紅)
多丘公園の梅の花(鹿児島紅)

 近所の多丘公園(おおおかこうえん)(仮称)へ行って見ましたが、タイミングが悪かったのか虫を見かけません。
 梅林へ行ってみても、テントウムシはおろかミツバチすら見かけません。

 今年は2月から大雪が降ったりと寒い日が続きましたので、ちょっとくらい暖かくなっても「だまされないぞ!」と虫たちは出てこないのでしょうか。



 どうやら、啓蟄にはなったようですが、蟄虫啓戸にはなっていないようです。


ハナナ畑にミツバチが飛び交っていた一週間ほど前に行った長居植物園
ハナナ畑にミツバチが飛び交っていた一週間ほど前に行った長居植物園
ここはすでに蟄虫啓戸になっていたようです。




◆記事タグ◆ 〔啓蟄〕 〔蟄虫啓戸〕 〔二十四節気〕 〔七十二候〕


■外部リンク■
大阪市立長居植物園






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 啓蟄蟄虫啓戸二十四節気七十二候

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

虫が出てくるほど暖かいのか? 暖かいので虫が出てくるのか? 「啓蟄」と「蟄虫啓戸」




 今日は二十四節気(にじゅうしせっき)の「啓蟄(けいちつ)」。
 そして七十二候(しちじゅうにこう)の「蟄虫啓戸(ちっちゅうけいこ)」。


七十二候「蟄虫啓戸」


 「蟄虫啓戸(ちっちゅうけいこ)」は漢文風に読めば、「(こもる)虫、(ひらく) (とを)(こもる虫、戸をひらく)」とい

う感じでしょうか。
 こう解釈すると、「蟄虫啓戸」の主体は虫、つまり主人公は虫ということになります。

 暖かくなったので、虫が冬ごもりしていた土の中から出てくる。

 そういう意味になりそうです。


二十四節気「啓蟄」


 「啓蟄(けいちつ)」のほうはどうでしょうか。

 「啓」は開放するという意味があります。
 「蟄」は虫が土の中に閉じこもる(冬ごもりする)という意味があります。

 となると「啓蟄」を漢文風に読めば「(かいほうする) (ふゆごもりするむしを)(土の中に閉じこもった

虫を開放する)」と読めるかもしれません。
 そうなると、「啓蟄」の主人公は虫ではなく気候・季節ということになりそうです。

 そう考えると、「啓蟄」は、「暖かくなって冬ごもりしていた虫が出てくる」のではなく、「冬ごもりの虫が出てくるほど暖かくなった」のかもしれません。


勝手ですが


 というのは勝手な解釈ですが、二十四節気と七十二候では、同じことを表していますが、実は主人公がまったくちがっているのかもしれません。


 それにしても、啓蟄に出てくる虫は一体なんでしょうか?

暖かくなったら出てきたナナホシテントウムシ
暖かくなったら出てきたナナホシテントウムシ



中国語と日本語
 日本語は言葉の並びが「主語+目的語+述語(動詞)」ですが、中国語は「主語+述語(動詞)+目的語」になります。
 ですから「~を(目的語)」という言葉が中国語の場合は最後になります。




二十四節気の記事は タグ〔二十四節気〕
七十二候の記事は タグ〔七十二候〕



■外部リンク■
●二十四節気の日付がわかります
暦要項国立天文台:トップページ



Yahoo! JAPAN



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 啓蟄蟄虫啓戸二十四節気七十二候ナナホシテントウムシ

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

啓蟄。陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ずればなり



啓蟄です


 春分のおよそ2週間前。毎年3月6日頃です。

 この頃になると、冬眠していた虫が眼をさまし、地中からはい出してくることから啓蟄(けいちつ)と呼ばれます。

 などと本にはよく書いていますが、「啓蟄」という漢字を見ていても、虫が出てくるというイメージが持てません。というか、「蟄」という字は一体何でしょうか。
 「虫」という字が使われているので、虫に関係ありそうですが。

春を待つチョウセンカマキリ?の卵)
春を待つチョウセンカマキリ?の卵




漢和辞典登場!


 そこで漢和辞典を引いてみました。

 :開く。陽の気が開く。

 (かく)れる。(こも)る。

 つなげると、「(こも)っていたモノが隠れ家の扉を開ける」という意味でしょうか。
 「蟄」という字には「虫」が使われているので、虫のことを表わすとすれば、たしかに「啓蟄」です。


中国の「啓蟄」


 それに中国では「啓蟄」という文字を使うのでしょうか。

 日中辞典で調べてみると、中国の啓蟄は「“驚”蟄」でした。ただし「驚」は今の日本の漢字と字形がちがいます。

 中国語の「驚」は日本語の「驚」の意味と同じです。
 そう考えると、「啓蟄」よりももっと意味が離れてしまったようにも感じます。

春を待つシデコブシの芽
春を待つシデコブシの芽




ちょっと早いような


 毎年この季節になると、土の中に冬眠していた虫たちが外へ出てくる。ということですが、それにはまだまだ寒いように感じます。
 歴史的、地理的に日本の南北の真ん中くらいにある京都や東京でも、虫が動き出すような温度とは思えません。
 南の地方で考え出された言葉なのでしょうか。

 確かに北京以前に都があったところの一つ、南京などは日本では鹿児島・宮崎あたりで、なんとなく春が早いなという気もしないではありませんが、それでも虫が活動を始めるのにはちょっと早いような気がします。


謎だらけの啓蟄


 中国で今までの数百年の間、ほとんどの国で首都が置かれた北京は、日本の秋田・岩手と同じくらいの緯度にあります。

 とすると、日本の京都や東京に比べるともっと寒いはずです。
 その土地で作られた暦に、3月の頭に虫が動き始めると書かれているというのは、とても不思議な感じがします。

 謎だらけの啓蟄です。


二十四節気については 記事【二十四節気表】
二十四節気の記事は タグ〔二十四節〕



■外部リンク■
●二十四節気の日付がわかります
暦要項国立天文台:トップページ



Yahoo! JAPAN



キッズgoo





››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 啓蟄二十四節気

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS