【 金剛山】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ヤマカガシ  ·ヒキガエル  ·金剛山の動物  ·金剛山  ·ヘビ  ·カエル  ·巨樹・古樹・老樹  ·  ·転法輪寺の枝垂れ桜  ·桜  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·テンナンショウ属  ·マムシグサ  ·金剛山の植物  ·初夏の金剛山  ·金剛山  ·ヤマブキソウ  ·初夏の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花  ·ヤマシャクヤク  ·初夏の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·白い花  ·ニリンソウ  ·春の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·白い花  ·イチリンソウ  ·春の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·白い花

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

山で出会ったヤマカガシとヒキガエル

 金剛山の下山途中。
 林道を歩いていると、突然足下で動きが。
 びっくりしましたが、どうやらヘビのようです。

この記事にはヘビカエルの画像があります。


 体は黒くて太い筋も間がちょっと赤い。
 ということは、ヤマカガシ?
 でも、なんかヘンです。
 頭が異様に大きいような。
 まさかヤマカガシ型のUMA?


 落ち着いてよくみてみると、どうやら食事中のようです。
 くわえているのは、カエル。


 ヒキガエルでしょうか。
 足の方から飲み込んでいます。


 見たとおり、ヤマカガシの頭はヒキガエルよりもずっと小さく、飲み込めるようには思えません。
 無理に飲み込もうとして、ヘビが窒息してしまいそうです。
 しかし。
 ヘビは結構思い切った進化をした動物で、細い体になったものの、自分より大きい生き物を食べることができます。
 さらに歯が内側を向いていて、噛みつかれると逃げられないようにもなってます。


 自分よりも大きな生き物を食べることができる。それも丸呑みで。
 ヘビは結構すごい肉食動物かも!

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/21 22:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ヒキガエル  金剛山の動物  金剛山  ヘビ  カエル 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その57 金剛山の山頂の転法輪寺のしだれ桜 其ノ參

 金剛山山頂の転法輪寺のしだれ桜
 樹齢300年と言われます。
 ただ大きすぎ、狭い境内なので遠くから見ることもないので、花が咲いていても気づかない人が多いのが残念なところ。

金剛山の山頂の転法輪寺のしだれ桜(2017年5月)

 咲くのはだいたい春の大型連休の頃。
 金剛山であちこちのお花畑が現れる季節です。


 今年はちょっと遅く大型連休の終盤に満開。
 全体的に花が遅めなのは、3月末の季節外れの大雪のためのようです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹    転法輪寺の枝垂れ桜    金剛山の花  金剛山の植物  金剛山 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

木の幹だってへっちゃらです! 金剛山の天南星

 ヤマシャクを見に行った金剛山。
 林床でふと見上げると。

 傾いた年を経た大きな木。
 その苔産した幹から植物が生えています。


 毒々しい縞模様の茎に、指を広げたような独特な葉。
 マムシグサ(蝮草)とも呼ばれる、テンナンショウ(天南星)の仲間。
 金剛山には複数のテンナンショウ属の植物がはえています。
 これはコウライテンナンショウでしょうか。


 台になっている木は、はっきりした葉の側脈とはっきりとした鋸歯の落葉樹。
 蕾のようなものがぶどうのように並んでいます。
 この木はチドリノキ?
 鳥に運ばれた種が落ちた場所がたまたま苔産したところで、土代わりになったのでしょう。


 多年草ですから去年も生えていたでしょうし、来年も生えるでしょう。
 一体何年この場所で生えているのかわかりませんが、結構元気に育っているようです。
 なかなかしたたかな植物です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: テンナンショウ属  マムシグサ  金剛山の植物  初夏の金剛山  金剛山 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休後の金剛山のヤマブキソウの花

 春の大型連休から続く花の締めくくりはヤマブキソウ。
 ケシ科の多年草。


 同じ頃クリンソウも咲きますが、ミカエリソウらしき植物に圧倒され、数が減ってしまいました。
 ここのクリンソウは植栽されたもので管理されていると聞いていました。
 何かの事情で管理ができなくなったのかもしれません。
 金剛山では自生していると思しきクリンソウを見たことがないので、山の環境に合わなかったのでしょう。


 ヤマブキソウはニリンソウの谷からのぼったところ、山頂広場直下の林床に生えています。
 ここも種をまいたものと聞いたことがありますが、ほかの谷の人が近寄れないようなところにも生えているので金剛山には合っているのでしょう。


 ヤマブキソウの中には葉が深く切れ込んだものがあります。
 セリバヤマブキソウ。
 金剛山にもあるそうです。
 確かに切れ込みの深いものもありますが、はたしてセリバヤマブキソウでしょうか。

セリバヤマブキソウと言うには浅い切れ込み

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマブキソウ  初夏の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休後の金剛山のヤマシャクヤクの花

 春の大型連休のころの金剛山はいろいろな花が咲きます。
 もちろん、すべてが10日ほどの間に咲くわけではありません。
 大型連休後半から咲きはじめるものや、終わってから咲きはじめるものもあります。
 後半から咲きはじめるものの一つがヤマシャクヤク。
 ボタン科ボタン属の多年草。
 名前のようにシャクヤクとボタンの仲間です。

金剛山のヤマシャクヤク

 ところが。
 派手さはありません。
 色も白で、花びらも一重。
 美しい女性の例えに使われるシャクヤクやボタンの仲間とは思えません。


 もちろん、好みは人それぞれ。
 ヤマシャクヤクのように丸まって広がらない白い花も、美しいと思います。
 そして1株に1輪だけ。
 膝くらいの高さに大きな小葉の羽状複葉の葉をまわりに広げ、その中央に白い鞠のような花。
 明るい林床ではよく目立ちます。


 色鮮やかな、人間が作り出した花が無数に並ぶ街の花壇ではまったく目立たないかもしれませんが、木々が芽吹きはじめた金剛山には、ヤマシャクヤクの清々しさがよく似合います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマシャクヤク  初夏の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休とその後の金剛山のニリンソウの花

 春の大型連休の金剛山で「花」といえば、やっぱりニリンソウ。
 もちろん他にもいろいろな花が咲きますが、ニリンソウほど一面を埋め尽くして咲く花はないでしょう。

名前のように2輪咲いているニリンソウ
ニリンソウ

 ニリンソウ(二輪草)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
 茎の先に花を二輪咲かせることが名前の由来。


 まだまだ寒いうちから葉を広げ、落葉樹が葉を広げる前に花を咲かせて、種を作って、夏には枯れ、何もなかったように落ち葉に埋もれていきます。
 春の一種だけ現れる植物なので、春植物(スプリング・エフェメラル)とよばれます。


 ニリンソウですが、同時に咲きません。
 最初に1輪だけ咲き、その後追いかけるように2輪目が咲きます。
 ですから、見頃は2輪そろって咲いたとき。


 今年は3月末の大雪のため咲くのが少し遅れてしまいました。
 大型連休を過ぎてもまだニリンソウは咲いていましたが、ここもあと1ヶ月もすればニリンソウが咲いていたとは思えないほど落葉が一面を覆う薄暗い林床になってしまいます。


 ニリンソウで有名なのはカトラ谷ですが、他でもニリンソウは見ることができます。
 同じ金剛山でも環境によって咲く時期は変わってきます。
 5月中旬。
 カトラ谷はもう終わりかけですが、まだなんとか見頃のところも。
 開花が遅かった今年ならでは。


 いつもとちょっとちがう花の時期。
 新しい発見もありました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウ  春の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休の金剛山のイチリンソウの花

 春の大型連休の頃の金剛山は、ニリンソウの花を目当てにたくさんの人が集まります。
 ニリンソウ。
 漢字では「二輪草」。
 思わず「一輪草」や「三輪草」もあるんかい!
 と突っ込んでしまいそうですが、実はあります。どちらも。

 金剛山にはイチリンソウがあります。
 それもニリンソウの場所へ行く途中に。



 イチリンソウはニリンソウとよく似ていますが、同じキンポウゲ科イチリンソウ属(Amemone)の多年草。
 ニリンソウの名前の由来は、文字の通り茎の先端から2輪の花を咲かせること。
 ということで、イチリンソウの特徴は、花を1輪咲かせること。

イチリンソウ

 金剛山ではニリンソウが満開を迎えるころにそろそろと咲き始めます。
 今頃はもう終わっているでしょうが。

八重咲き一輪草

新品価格
¥540から
(2017/5/17 22:11時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イチリンソウ  春の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる