【 ジョウビタキ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

食べてもらわなければはじまらない? ジョウビタキとヘクソカズラ

 真冬の公園。
 葉が赤く縮こまっている寒々しいツツジの上に小鳥がとまっていました。

ジョウビタキ

 薄い黄土色のお腹に焦茶色の羽と背中。
 全体に地味な配色の中で、翼の白い斑が目立ちます。

 ジョウビタキのメス。

 こちらを意識しつつもなにかをついばんでいます。

尉鶲

 飛んでいってからいってみると、ヘクソカズラの実。
 ヘクソカズラは臭いのが名前の由来。

ヘクソカズラ

 実も臭いということですが、鳥が食べなければ広がることもできません。
 鳥は不快に感じないにおいなのでしょうか。

 それは鳥に聞いてみなければわかりませんが、聞く前に飛んでいってしまいました。

ジョウビタキ
尉鶲、常鶲
Phoenicurus auroreus
スズメ目 ヒタキ科 ジョウビタキ属の冬鳥
スズメくらいの大きさの鳥

決定版 日本の野鳥650

新品価格
¥4,400から
(2022/2/14 00:22時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョウビタキヘクソカズラ冬の鳥冬鳥冬の実スズメくらい

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

みさき公園の閉園を悲しんでいたのかも? じょうびたき

 大阪の最南端。
 もう中には入れないきみさき公園。
 営業は終わってますが建築物は残されたものも多く、ただの定休日のようにも見えます。


 海岸へ出るためにとなりの道を歩いていると。
 公園の柵の中から何かが飛び出てきました。
 鳥です。

Phoenicurus auroreus

 ジョウビタキ。
 そのメスです。

 冬になるとアジアの北の方から海を渡ってやってくる冬鳥。

 低山にもいますし、木が多い公園があれば身近にもやってくる身近な鳥。

ジョウビタキ
尉鶲

 遠くにいるこちらを一瞥して、「あんたなんか気にしてないから」という感じで公園から出たり入ったりをしながら道を渡って林の中に消えていきました。

ジョウビタキ
尉鶲、常鶲
Phoenicurus auroreus
スズメ目 ツグミ科 ジョウビタキ属の冬鳥

決定版 日本の野鳥650

新品価格
¥4,400から
(2021/1/31 00:03時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョウビタキ冬鳥冬の鳥渡り鳥スズメくらいの鳥みさき公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬の狭山池の鳥たち 2013.1 池の周囲の薮や木や柵にいた鳥編


 冬になるといろいろなカモが集まる狭山池。

 池の周りに浅瀬や草原など、いろいろなビオトープがあるのがこの池の特徴。

 そして池の周りをぐるりとまわる遊歩道があるのも特徴の一つ。

 その狭山池で2013年1月に出会った鳥たち
 水面よりも上、柵や木の枝などにとまっていた鳥たちです。




南側の草原から見た狭山池




池の周囲の薮や木や柵にいた鳥
スズメ目
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥

堺市の地名にもなっている大阪府の鳥。

1997年に大阪などで開催された「なみはや国体」のマスコットキャラクターとして誕生し、現在でも活動中の「ゆるキャラ(当時にはなかった言葉ですが)」のモッピーもモズがモデルです。

ここではいつ行ってもモズは1羽見るか見ないか。

池の周りが3キロ近くあるのですが、平成の改修後に木が十分育つだけの時間がたっていないので、肉食のモズが住みやすい環境にまだなっていないのかもしれません。


ジョウビタキ(尉鶲)
スズメ目 ツグミ科 ジョウビタキ属
スズメくらい
冬鳥

オスのジョウビタキ。

ジョウビタキは特に水辺を好むわけではなく、林や緑地を好む鳥です。
ここは草や木が生え、人が入らないように柵があるので、ジョウビタキも住みやすいのでしょう。

メスのジョウビタキ。

メスはルリビタキなどツグミ科のスズメくらいの鳥のメスとよく似ています。
オスと同じようにたたんだ羽に白い斑点が見えるのが特徴です。

微妙な距離感のモズのオスとジョウビタキのオス。

ジョウビタキは雑食性で、虫なども食べますからモズと食べ物がかぶります。
また縄張り意識も強いので、モズと牽制しあっているようです。

しばらく見ていても微妙な距離感で、どちらかが一方的に押している感じはありませんでした。

池の周りにはまだ植物が茂る場所がまだ少ないので、モズとかちあったのかもしれません。

時には目と目が合うこともありました。
といっても、鳥がよく見るときは顔を横に向けますので、本当は横を向いている時が相手をじっくり見ている時です。


ビンズイ(便追)
スズメ目 セキレイ科 タヒバリ属
スズメくらい
漂鳥

ヒバリか、アオジかとおもったら、ビンズイでした。

ずんぐりとした見た目とちがい、セキレイ科だけあって尾を上下させながら歩くそうですが、残念ながら柵のうえにとまっているばかりで、その様子を見ることはできませんでした。


シジュウカラ(四十雀)
スズメ目 シジュウカラ科 シジュウカラ属
スズメくらい
留鳥

町の公園から低山まで色んな所にいる鳥。

正面から見ると、ちょっとイカツイような。


ヒヨドリ(鵯)
スズメ目 ヒヨドリ科 ヒヨドリ属
ハトより小さい
留鳥

シジュウカラ同様、町の中から低山まで幅広くすみかにする鳥。

逆光気味でわかりにくいですが、ちょっと逆だった感じの頭の毛はヒヨドリの特徴です。




池からちょっと離れたところにいた鳥
スズメ目
イソヒヨドリ(磯鵯)のメス
スズメ目 ツグミ科 イソヒヨドリ属
ハトより小さい
留鳥

池の北側にある博物館にいました。

オスとメスで色や模様がちがう鳥です。
オスとちがってお腹にツグミの仲間らしいのウロコ模様があります。




 水辺の鳥だけでなく、いろんな鳥と出会えるのが狭山池。

 ぐるりと一周するだけで、いろんな鳥と出会うことができました。

 今年の冬はどんな鳥が集まってきているのか、楽しみです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 狭山池冬の鳥冬の狭山池の鳥13.1モズジョウビタキビンズイシジュウカラヒヨドリイソヒヨドリ狭山池の鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅にウグイス、じゃなくて本当はメジロ、と思ったらジョウビタキだった。大阪城公園梅園


 今年は遅れた梅の季節。

 春分の日の大阪城公園の梅園。



 満開の梅の木に小さな鳥が。



満開の梅の枝にとまる鳥
満開の梅の枝にとまる鳥







 梅といったらウグイス(鴬)

 というのは間違いで、人目につくところが大嫌いのウグイスが、こんな目立つところに出てくることはめったなことではないでしょう。

 ということで、この「ウグイス」はメジロ(目白)のことといわれています。

 花の蜜が好きなメジロは、梅の季節は梅に、桜の季節になったら桜に、花の蜜を吸いにやってきます。

 というわけで、この鳥はメジロ。



 とおもったら、色がちょっと黒すぎます。
 それにオレンジ色も見えます。
 どちらもメジロの色ではありません。

 ということで、この鳥はジョウビタキ(尉鶲)。

 梅の花の蜜を食べに来たようです。



梅に尉鶲
梅に尉鶲

ジョウビタキ(尉鶲)

スズメ目 ツグミ科 ジョウビタキ属
冬鳥
スズメくらいの鳥

黒い上半身と羽、オレンジ色の下半身、羽の白い斑点はジョウビタキの雄の特徴





 そして梅の木の下にはツグミ(鶫)。通称「つぐみん」。

 梅の木まで人がやってこないとはいえ、まわりは大勢の人に囲まれ草はきれいに刈られ、隠れるところはありません。

 気弱なつぐみんは、なんだか落ちつかなそうです。

 でも、薮の方へ飛んでいかないのが、つぐみんです。



梅園につぐみん
梅園につぐみん




ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

新品価格
¥1,650から
(2021/3/2 22:19時点)

見わけがすぐつく 野鳥図鑑

新品価格
¥1,210から
(2021/3/2 22:20時点)

フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版

新品価格
¥4,180から
(2021/3/2 22:20時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョウビタキツグミつぐみん大阪城公園梅園春の鳥スズメくらいの鳥冬鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS