【 ウグイス】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

幸運と うぐいす


 5月の下旬。
 ツツジの花を見に行った大和葛城山(やまとかつらぎさん)

 山のあちこちからウグイスの声が聞こえてきます。
 しかしウグイスは(やぶ)や木の中からめったに出てこない鳥。

 緑の多いところなら住宅街でも声を聞くことはできますが、姿を見るのは至難の業。

 写真を撮るとなると、もう幸運がやってくるのを待つしかありません。



金剛山葛木神社裏参道から見たツツジの花の季節の葛城山
金剛山葛木神社裏参道から見たツツジの花の季節の葛城山




 そんな幸運がやって来ました。
 片側が(がけ)になって見晴らしのいい道。
 遠くの藪まで遮るものはありません。

 そこに動く影。

 小鳥です。

 うまい具合に高倍率のカメラを手にしています。

 それで写してみると、どうやらウグイスのようです。



ウグイス(鶯)

スズメ目 ウグイス科 ウグイス属
スズメくらい
漂鳥




 遠くに離れているのでウグイスも油断しているのでしょうか。

 ウグイスの体は鶯色(うぐいすいろ)
 ちょっとくすんだ緑色。
 「鶯色」と聞いて落ち着いた黄緑色(萌黄色(もえぎいろ))を想像する人もいるかもしれませんが、それはメジロの色。

 藪の中でも目立たないように、ということか、ウグイスは地味な色です。

鶯色(うぐいすいろ) 萌黄(もえぎ)
日本の伝統色 和色大辞典



さえずっているウグイス
さえずっているウグイス



 決して見た目がきれいというわけではありません。
 決して珍しくはありません。

 そんな鳥ですが、写真に撮るのは幸運が必要なのです。



◆タグ ウグイス 大和葛城山 ◆

■参考外部リンク■
御所市役所|観光ガイド《奈良県御所市》|[葛城山 金剛山 国見山 葛城の道 巨勢の道 秋津洲の道 掖上の道]観光
葛城山奈良県 御所市 観光HP



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウグイス大和葛城山スズメくらいの鳥漂鳥

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

姿を現した金剛山山頂の夏のウグイス


 7月中旬の金剛山山頂広場。
 まだウグイスが鳴いていました。

 関空が見えるベンチで昼食を食べていると、ウグイスの鳴き声。
 近くです。


金剛山山頂広場近くから見た関空(後ろの山は淡路島)
金剛山山頂広場近くから見た関空(後ろの山は淡路島)



 声のするほうを見てみると。

 枯れ木のてっぺんあたりで鳴いていました。

 こちらの姿を見ると、警戒して薮や木の葉の間に隠れてしまうのですが、人間が怖くないのでしょうか。


枯れ木のてっぺんで鳴いている金剛山のウグイス
枯れ木のてっぺんで鳴いている金剛山のウグイス



 ベンチに座ってただ食べているだけ。
 ウグイスが見えるということは、ウグイスからもこちらがよく見えるということです。


 金剛山山頂広場はウグイスを大胆にするのでしょうか。


◆タグナビ◆ 〔ウグイス〕 〔金剛山の鳥〕


■外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
金剛山愛好会
金剛山 金剛山登山道・金剛山ハイキングコース
   金剛山四季と風景の写真




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウグイス金剛山の鳥夏の鳥スズメくらいの鳥漂鳥

関連記事

theme : 野鳥観察
genre : 趣味・実用

一ヵ月後の黄鶯睍 ウグイスの練習

 「黄鶯(こうおう)睍(けんかん)」。

 「うぐいす、なく」。

 七十二候(しちじゅうにこう)第二候。



 ウグイスは夏でも冬でも鳴いていますが、「ほ~~ほけきょっ」と鳴くのは春のみ。

 春は地味で恥ずかしがり屋のウグイスが目立つ季節です。

 といっても声だけで、姿を見せてくれることはほとんどありませんが。



 立春をすぎてもなかんかウグイスの声を聞かないなあ、と思って4週間。
 やっとウグイスの声を耳にしました。

 といってもまだまだ「ほ~ほけきょ」じゃなくて、発声練習のような声。

 住宅街の中でも近くに公園があり木の多いところ。
 あたりでは冬でも見かけることがありますので、ウグイスが住み着いているのでしょう。


恥ずかしがり屋で丸い体に長い尾が特徴のウグイス
恥ずかしがり屋で丸い体に長い尾が特徴のウグイス



 もう少し待ては、今年も「ほ~ほけきょ」が聞けそうですです。


◆記事タグ◆ 〔黄鶯ケン〕 〔ウグイス〕 〔七十二候〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 黄鶯ケンウグイス春の鳥七十二候スズメくらいの鳥漂鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

初冬の錦織公園の鳥


 大阪の南部にある錦織公園へ紅葉を見に行ったときに出会った鳥たちです。

 錦織公園は宅地開発に取り残されたところをそのまま公園にしたようなところで、都市の公園には無い広さと起伏がここの魅力の一つでは無いかと思います。

公園の吊り橋から見たモミジバフウ
公園の吊り橋から見たモミジバフウ




スズメよりも小さい鳥

メジロ(目白)

メジロ科
スズメよりも小さい
留鳥
きれいな黄緑色と目の周りの白色でわかりやすいメジロ
きれいな黄緑色と目の周りの白色でわかりやすいメジロ
年中いろいろなところで見ます。
住宅街でもよく見かける鳥のひとつです。
わりと人間をこわがらないほうですが、ちょこちょこ動き回るのでなかなか写真にとるのはむずかしかったりします。
ウグイスとよく間違われる鳥です。




スズメくらいの鳥

ウグイス(鴬)

ウグイス科
スズメくらい
留鳥
はっきりとした眼線が見えるウグイス
はっきりとした眼線が見えるウグイス
尾がちょっと長めのウグイス
尾がちょっと長めのウグイス
藪の中ばかりでなかなか姿を見せてくれません。
そういうところだけでなく見た目もヤブサメによく似ています。
眼線がはっきりしているのではじめはヤブサメだと思いましたが、ヤブサメは日本では夏鳥ということですし、尾がちょっと長いようなのでウグイスでしょう。多分。
ウグイスというと、「ほ~ほけきょ」と春に鳴くので有名ですが、一年中同じ地域に住む留鳥です。
春にしか気がつかないのは、いつも藪の中にいるので気付かないだけの可能性があります。


コゲラ(小啄木鳥)

キツツキ科
スズメくらい
留鳥
黒と白のしましまのコゲラ
黒と白のしましまのコゲラ
メジロと同じように木があれば公園でも山でも住宅街でもどこでもいます。
姿は見えなくても「ギ~ギ~」という鳴き声はよく耳にします。
虫を食べるので行動範囲が広くなるのでしょう。
この日はハゼノキをつついていました。




スズメよりも大きい鳥

キセキレイ(黄鶺鴒)

セキレイ科
スズメよりちょっと大きい
留鳥・漂鳥
尾の付け根が黄色いキセキレイ
尾の付け根が黄色いキセキレイ
ハクセキレイやセグロセキレイと比べると一回り小さいセキレイです。
大抵1羽で移動していて、ハクセキレイやセグロセキレイと比べるとあまり見かけません。


クロジ(黒鵐)

ホオジロ科
スズメよりもちょっと大きい
冬鳥
羽の模様と嘴と脚の色から判断したクロジ
羽の模様と嘴と脚の色から判断したクロジ
藪の中を飛びまわっていた鳥です。
なかなか写真に撮れるところまで出てきてくれません。
出てきてもすぐ薮の中に戻ります。
何度も失敗した中で何とか姿がわかりそうなのがなんとか数枚。
ちょっと珍しい鳥ということですので、間違いの可能性もあります。




カラスくらいの鳥

ハシボソカラス(嘴細烏)

カラス科
留鳥
嘴の形がスマートなハシボソガラス
嘴の形がスマートなハシボソガラス
ポピュラーな鳥です。
嘴の付け根が太くなっていないので、ハシボソガラスでしょう。
ハシボソガラスは人里を好むそうですので、この公園らしいかもしれません。




カラスよりも大きい鳥

カルガモ(軽鴨)

カモ科
カラスよりも大きい
留鳥
鴨と言えばカルガモ?
鴨と言えばカルガモ?
鴨といえばカルガモというくらいよく見ます。
カモ類の多くは冬鳥ですが、カルガモは渡りをしない留鳥なのでよく見るのかもしれません。




 他にもいろいろ鳥はいると思いますが、この日出会えたのはこの鳥たち。
 住宅街の小さな公園にはいない鳥もいっぱいいるのですが、薮ばかりでなかなか写真に写すのは難しいところがあります。

 ウグイスらしき鳥の姿が写せたことと、キセキレイの写真をいっぱい写せたのは収穫です。


◆記事ナビ◆ 〔初冬の錦織公園〕 〔冬の鳥〕

■外部リンク■
 錦織公園財団法人大阪府公園協会|大阪府営公園ガイド





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 初冬の錦織公園錦織公園冬の鳥メジロウグイスコゲラキセキレイクロジハシボソガラスカルガモ

関連記事

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

ウグイスの気合

 「ホ~~~~ホケキョッ」

 ウグイスが鳴いていました。
 近くです。
 すぐ近くです。

 探してみると、いました!
 すぐそこに。

 藪の中が大好きなウグイスなのに、クズに巻きつかれて枯れてしまった木の枝にとまっています。
 急いでカメラを出して何枚か撮りました。

クズがまきついた枯れ木の枝の上のウグイス
クズがまきついた枯れ木の枝の上のウグイス



 しかし今は出勤途中。
 満員電車に間に合いません。
 ということで泣く泣くその場を離れました。


 昼休み。

 画像を拡大して見てみると、ウグイスは空に向かって伸び上がり、尾羽まで広げて鳴いていました。

 意外にもすごく気合が入っています。

「ホ~ホケキョ」と気合を入れて鳴いているウグイス
「ホ~ホケキョ」と気合を入れて鳴いているウグイス



 と思っていたら、「ホ~ホケキョ」は自分の縄張を主張するための鳴き声だそうです。
 そりゃあ、気合も入りますね。



 これからはウグイスの鳴き声がちがって聞こえてきそうです。



◆記事ナビ◆ 〔ウグイス〕





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウグイス

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

森の鳥はむずかしい



森の多丘公園


 このブログで取り上げる勝手に名前をつけた多丘公園(おおおかこうえん)には、あまり手を加えてないと思われる森があります。
 ということで野鳥の数も少なくありません。

 しかし、人が入ることができないような(やぶ)だらけなので「声はすれども姿は見えず」。写真を撮るのは本当に運頼み。
 ですから住宅街にいる鳥なら住宅街の方がいい写真が撮れます。

 そんな多丘公園(おおおかこうえん)では何とか写せたものの、種類がわからない鳥もいます。

 なかなか森の野鳥を写すのは難しいものです。

ある日に写せた多丘公園の鳥たち

スズメくらいの大きさの鳥
町の中にもいるメジロ
町の中にもいるメジロ

すぐ逃げるジョウビタキのオス
すぐ逃げるジョウビタキのオス

かわいいエナガ
かわいいエナガ

ウグイス?(ヤブサメ?)
ウグイス?(ヤブサメ?)

ルリビタキのメス?
ルリビタキのメス?

これはちょっと自信がありません。
羽に白い点があればジョウビタキのメスなのですが。
多分ヒタキ系のメスではないかと思います。
しかしここではジョウビタキ以外のヒタキ系の鳥を見た事がありません。
単に見逃しているだけかもしれませんが。

ヒヨドリくらいの大きさの鳥
シロハラ?
シロハラ?

大きさも雰囲気もツグミによく似ています。
しかし背中が薄いこげ茶色に腹側が灰色。
驚くと木に飛び移るツグミに対して、藪の中を飛んで生きます。
森の中でも割と開けたところを好むツグミに対して、藪の中を好みます。
ということで、一瞬見ることはできても写真に撮ることは難しい鳥です。
それらはシロハラの特徴にぴったりですが、首に白いところがあるので「?」ははずせません。

 多丘公園。
 豊かな自然がある公園ですが、その分、鳥との出会いは一期一会です。


■記事リンク■ [鳥] 〔多丘公園〕
 〔メジロ〕 〔ジョウビタキ〕 〔ウグイス〕



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

Yahoo! JAPAN


キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 多丘公園メジロジョウビタキエナガウグイスヤブサメルリビタキシロハラ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

黄鴬睍睆。黄色いウグイスが鳴くころ?



ウグイスの鳴く頃


 黄鶯(こうおう)睍(けんかん)
 「睍(けんかん)」は鳴き声がいいさまのこと。

 ちょうど今は七十二候(しちじゅうにこう)の一つでウグイスが鳴きはじめる頃、です。

 ウグイスは2月ごろから鳴き始め、そのため「春告(はるつ)げ鳥」とも呼ばれ、「春告鳥」という字に「ウグイス」の読みが当てられることもあります。

 ですが、今のところはまだウグイスの声は聞いていません。


ウグイス色?


 ウグイスというと、ウグイス色の小鳥。
 ウグイス色って……抹茶色?

 実はそれはウグイスの色ではないのです。

 実は、それはメジロの色だったりします。

ウグイスに間違われることもあるメジロ
ウグイスに間違われることもあるメジロ



 鳴き声こそよく聞こえますが、いつも藪の中で姿を見せてくれないのがウグイスです。
 いつもあちこち急がしそうに飛び回っているメジロとよく間違われるようです。

めったに姿を見せないウグイス
めったに姿を見せないウグイス




黄色いウグイス?


 でも「黄鶯」という字ははちがう種のコウライウグイスを指すことがあります。
 実際ウグイスの体には黄色はありませんが、コウライウグイスの体は黄色です。

 コウライウグイスは日本で目にするのは稀な鳥だそうで、七十二候の「黄鶯」は日本のウグイスのことでよさそうですが、なぜ「黄」なのかは謎です。

七十二候については 記事【七十二候表】
七十二候の記事は タグ〔七十二候〕
メジロの記事は タグ〔メジロ〕



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 七十二候黄鴬睍睆ウグイスメジロ

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS