【 いきもの は おもしろい!のいろいろなはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

秋に咲いていた白くて小さい朝顔

 大和川河口付近の堤防の下を歩いていると、金網にまきついた蔓に白い花。


 ちょっとしおれかかっているように見えますが、なんとなくアサガオっぽい。


 ここは埋立地。
 川からは堤防で隔てられている。
 ということは外来種っぽい。


 アサガオと同じヒルガオ科の白い花の外来種で探してみると。

 マメアサガオ。


 アサガオと同じナス目ヒルガオ科サツマイモ属。
 サツマイモにとても近い仲間。

 サツマイモは食べられますが、アサガオは有毒。
 マメアサガオはどちらでしょう?

マメアサガオ
豆朝顔
Ipomoea lacunosa
ナス目 ヒルガオ科 サツマイモ属の蔓性一年草
北アメリカ原産

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメアサガオ白い花秋の花蔓植物外来種大和川

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

大和川 河口 跳ぶ 鯔

 奈良盆地に降った雨を集めて海に流す一級河川大和川。
 その河口へ行ってみました。

阪堺大橋から見た大和川河口

 地図で確認しても行けるかどうかわからなかったのですが、阪堺大橋から南側の左岸の堤防の上を歩いていきました。
 途中、工事で迂回させられ、堤防の下を歩かされましたが、行き止まりまで行くことができました。
 そこで堤防は直角に曲がり、その先に見える岸までは数百メートル、いや1キロ以上ありそうです。
 ということで、ここを大和川左岸の河口ということにしました。

 ここまでくると、コンクリート壁の向こうは大和川、または大阪湾。
 水辺へ下りていくことはできません。
 思っていたよりも広い川面を見ていると、何かが跳ねます。
 魚のようです。
 以前テレビで見た外来魚のハクレンを思い出しましたが、それよりもずっと小さく見えます。

Mugil cephalus

 これだけ盛んに跳ねるのですから、有名だろうと調べてみると、どうやらボラのようです。
 ボラは一応海水魚ということになっていますが、川を遡って淡水まで行くので淡水魚のようにも見えます。
 河口でも水面付近は淡水かもしれませんが、ボラなら平気で、決して苦し紛れに跳んでいるのではないでしょう。

鰡

 理由はわかりませんが、釣りをしなくてもボラの全身を見ることができるのはいい。
 でも、いつ、どこで跳ぶのかわからないのが欠点です。

ボラ

ボラ
鰡、鯔
Mugil cephalus
ボラ目 ボラ科 ボラ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ボラ大和川大和川河口

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

学研の図鑑LIVE昆虫の新版はすごい図鑑です! 伊丹市昆虫館の特別展「昆虫ずかんだいさくせん」

 学研の図鑑、LIVEシリーズの昆虫が新版になりました。
 前代未聞のすごい図鑑です。

この記事にはの画像があります。



 昆虫がたくさん載っています。
 約2800種。
 それで税込2420円。
 1種約0.9円。
 1000種ほどのハンディ図鑑でも千数百円ですから、特別高いというわけではないでしょう。
 いや、むしろ安いくらい。
 この値段でこれだけの量というのは、昆虫図鑑であまりないと思います。

 そして写真が生きている昆虫の白バック。
 屋外で活動している写真は、昆虫の体が植物などに隠れたり、背景と混ざりどこまでが昆虫の体なのかわからないことがあります。
 白いバックだと、昆虫の体だけを見ることができます。

 当然ですが生きている昆虫はよく動きます。
 全体をきれいに写すことが難しく、とても大変です。
 にもかかわらず白バック撮影をすべてでやっているのです。
 それも惜しくも掲載されなかったものもふくめて約7000種。
 とんでもない。

昆虫 新版 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

新品価格
¥2,178から
(2022/9/29 01:11時点)

 さらに写真が実物大か、実物大の影があり、捕まえた昆虫と大きさを比べることもできます。

 トビムシのように図鑑ではあまり取り上げられないような虫や、クモやザトウムシにムカデなど昆虫でないものも普通に載っています。

 そして制作中に新種の昆虫が見つかることも起こっています。

 このような他にはない図鑑ができたのは、多くの人の協力があってのこと。
 撮影だけでも40人を超えるそうです。
 もちろん、そのまわりには虫を捕まえたり、情報を集めたりするなど大勢の協力があってのこと。

 でも、そういうことは図鑑からはわかりません。
 実物を見ながらちょっと覗き見できるのが、伊丹市昆虫館の特別展「昆虫ずかんだいさくせん」。
 伊丹市昆虫館も館長と学芸員の方々が参加されています。


 一部屋だけの展示ですが、壁一面を使った昆虫ずかん全部見せ! の大迫力。


 見開きで全ページと表紙が展示されています。

図鑑制作中に見つかって和名に「ガッケン」がついた新種のカワゲラ

 ところどころに担当した方の一言が。



オオセンチコガネだけでなくセンチコガネの色バリエーションも

 図鑑にかける想いが伝わってきます。


■参考外部リンク■
伊丹市昆虫館へようこそ

 そして図鑑の監修をされた九州大学総合研究博物館准教授の丸山宗利さんの『昆虫学者、奇跡の図鑑を作る』にはもっといっぱい書かれているそうです。

[カラー版] 昆虫学者、奇跡の図鑑を作る (幻冬舎新書)

新品価格
¥1,320から
(2022/9/29 01:15時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 図鑑LIVE昆虫学者、奇跡の図鑑を作る昆虫図鑑図鑑

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

見た目と同じように生き方もちょっとちがう雀蜂

 まだ暑かったころ。
 樹液が染み出すクヌギに、スズメバチ?

この記事にはの画像があります。


 スズメバチといえば黒と色の縞模様。
 このスズメバチ風の昆虫は黒と濃い赤茶色。
 縞模様はありません。
 スズメバチの擬態を失敗した虫?

茶色雀蜂

 この虫はチャイロスズメバチのようです。
 名前の通りスズメバチの仲間。

チャイロスズメバチ

 変わっているのは色だけではありません。
 モンスズメバチやキイロスズメバチなどの巣を乗っ取る社会寄生性スズメバチ。
 女王蜂を殺し、残った働き蜂に自分が産んだ幼虫の世話をさせて増えていきます。
 生態もちょっと変わったスズメバチです。

チャイロスズメバチ
茶色雀蜂
Vespa dybowskii
ハチ目 スズメバチ科 スズメバチ属

ハチ (ずかん)

新品価格
¥2,948から
(2022/9/26 00:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャイロスズメバチスズメバチ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

長い脚でアスファルトの上を歩いていた大きめのクモ

 公園のアスファルトの上をクモが歩いていました。
 理由はわかりません。

この記事にはの画像があります。


 大きめのクモで、足が長いので巣を張るタイプ?
 脚がついてる頭胸部は、なんか短い毛に覆われているような白。
 細長い腹部は、黄色地に黒で複雑な模様。

Trichonephila clavata

 ジョロウグモのメス?

女郎蜘蛛

 ジョロウグモというと、もうちょっと寒くなって虫の姿をあまり見なくなった頃、腹部がまるまるとふくらんで模様まで薄くなった産卵直前の姿が目立ちます。
 このクモがそうなるのはまだ先のようです。

ジョロウグモ

 ところで、どうしてジョロウグモが道を横切っていたのでしょうか。
 謎です。

ジョロウグモ
女郎蜘蛛、上臈蜘蛛
Trichonephila clavata
クモ目 ジョロウグモ科 ジョロウグモ属

クモの巣図鑑

新品価格
¥1,980から
(2022/9/22 23:48時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョロウグモクモ秋のクモ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

キノコは見て楽しむのがいいと思う 鬼茸

 秋の公園を歩いていると、キノコ。


 すっくと立ち上がってばっと傘を広げたキノコっぽいキノコ。

 傘は横に開いて円盤型、直径は7センチくらい。
 色は茶色の地がひび割れて白っぽくなったような感じ。

オニタケ

 傘の裏はヒダ。
 ヒダの間隔は狭く、柄の周りは凹んでいます。

鬼茸

 柄の色は色で、上も下も同じくらいの太さ。
 真ん中より少し上に膜のようなものが下がっていますが、根本にはそのようなものは見えません。
 広葉樹林の林縁の苔に覆われた地面から1本だけ生えています。

Lepiota aspera

 これらの特徴に近い普通のキノコは?

 オニタケ?

 ただ、オニタケは落ち葉が溜まったところや地面の上で朽ちかけた木から生える腐朽菌(ふきゅうきん)。
 そこは苔に覆われていますが、その下は土の地面のよう。
 オニタケとはちがうキノコかもしれません。

オニタケ
鬼茸
Lepiota aspera
坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ目 ハラタケ科 キツネノカラカサ属の腐朽菌

 オニタケは毒があるようです。
 キノコはよく似たものが多く、食用キノコと毒キノコがよく似てることも珍しくはありません。
 毒があるかどうかを図鑑やネット画像などで判断するのはおすすめしません。
 食べるつもりなら、専門家の指導の元で。
 キノコは見て楽しむことをおすすめします。

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2022/9/20 23:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オニタケ茶色いキノコ秋のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イトトンボはむずかしいのがおもしろい。

 秋の公園を歩いていたら、イトトンボが。

この記事にはの画像があります。


 イトトンボは種類が多いのが悩み。
 基本、捕まえないのでとにかく写真を撮りまくり。
 図鑑では大抵横から見た画像が使われるので真横から撮りたいのですが、無理でした。


 画像を見ると。
 細い腹部は全体か、少なくとも大部分が黒。
 ただし先の2節だけが薄い水色。
 そして節ごとにも薄い水色の線。
 となると、モノサシトンボかグンバイトンボ。


 脚を見ると、平たい部分はありません。
 ということは、モノサシトンボ?

 そのほか頭部の模様とか見てもモノサシトンボの雄っぽいイトトンボです。

モノサシトンボ
物差蜻蛉
Copera annulata
トンボ目 イトトンボ亜目 モノサシトンボ科 モノサシトンボ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モノサシトンボイトトンボトンボ秋の虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS