【 いきもの は おもしろい!のいろいろなはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

寒くなる前にたくさん食べて大きくなろう?

 11月に入り、暦の上では冬。
 昆虫もだんだん姿を見かけなくなってきました。

この記事にはの画像があります。


 そんな中で公園の園路のヒラドツツジの葉が何者かに食べられていました。
 それも特定の範囲だけ葉脈だけを残して。

 ツツジの葉をこんなふうに食べるということは。
 ルリチュウレンジの幼虫。


 ルリチュウレンジを漢字で書けば「瑠璃鐫花娘子」。
 瑠璃色のチュウレンジバチ(鐫花娘子蜂)という意味ですが、「鐫花娘子」の意味は謎。

つぶらな瞳はハバチ幼虫の証

 ハチというとミツバチの幼虫のように花の蜜を食べるか、スズメバチの幼虫のようにほかの虫を食べるイメージがありますが、植物の葉を食べるハバチもいろいろいます。
 ルリチュウレンジの成虫は名前のように全身が瑠璃色。
 幼虫は葉っぱを食べていてもあまり目立たない色。

初夏に出会ったルリチュウレンジの成虫

 2センチほどですが、そろそろサナギになりそうな大きさ。
 しかし、もう冬。
 今頃成虫になってどうするのでしょうか。

 と思ったら土に潜って繭を作り冬越し。
 春に羽化するそうです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリチュウレンジ  チュウレンジバチ  瑠璃色の虫  ハバチ  初冬の虫 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの マダニにやられた!?

 2018年の9月ですから古いというほどではありませんが、その分よく覚えています。

この記事にはの画像があります。


 いつもの低山トレッキングをおわって、1時間に1本のバスを待っていたとき。
 靴の中に何かがはいって違和感があったので、出そうと紐を緩めると。
 靴下になにか虫のようなものがついています。
 脚がたくさん生え、丸っぽくて、5ミリくらい。

 ダニ?

 からだにひっつくダニは、病気を媒介することもある吸血虫。
 たいへんだ!
 しかも、口が抜けにくいようになっていて、体を引っ張ると頭がとれて傷口に残り、化膿することがあります。
 そのため、ダニにかまれたときには自分で取らず、医者にとってもらうというのが基礎知識になっています。
 しかし、きもちわるい!

 ダニを取るべきか残すべきか。
 とりあえず、靴下をゆっくりずらしてみると。
 靴下についたままです。
 そして、ぽろりと落ちました。

 ダニがへばりついていたあたりには、傷は見えません。
 登山用で厚手だったから口が届かなかったのでしょうか。
 腹部がふくれていないように見えますので、血を吸っていないようです。


 ところが、靴下から落ちたダニをよく見ていると、なんかヘンです。
 ダニは鋏角類のクモ綱ダニ目の節足動物。
 クモの仲間なので見た目はよく似ていますが、クモは腹部と頭胸部が区別でき、ダニは頭胸部と腹部がひとつながりのように見えます。
 このダニは、頭部と腹部がはっきりと分かれています。
 ダニではありません、クモです。


 よく見てみると、8本の足のうち、前の4本が長めで横に広げるような形をしています。
 カニグモの特徴です。
 カニグモなら、人間にとって有害になる毒はありません。
 もちろん吸血はしませんし、病原菌が感染ることもありません。

アズチグモ?

ひっくりかえすと一層カニみたい
ただし上が頭胸部で下が腹部

 山道を歩いているときに、何かのきっかけで草などから落ち、靴と靴下の隙間に落ち込んでしまって出れなくなったのでしょう。
 びっくりしましたが、一安心です。

クモハンドブック

新品価格
¥1,620から
(2018/10/26 22:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アズチグモ  カニグモ  クモ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

白いマットは家と罠 そして春を待つ

 初冬の公園。
 植え込みのヒラドツツジの枝の間が白くなっています。
 クモの巣です。
 あちこちにあります。

この記事にはクモの画像があります。


 クモの巣というと、放射状と同心円状の糸を組み合わせたいわゆる「クモの巣状」がイメージされるかもしれません。
 実は、クモの巣には色々なタイプがあり、このようにマットのように広げるタイプもあり、棚網と呼ばれています。


 覗いてみると、真ん中あたりの色が濃くなっているところにクモがいました。


 頭胸部に明るい灰色に黒くて太い2本線。
 クサグモの仲間のよう。
 黒い2本線に薄っすらと放射状の切れ目が入っているので、おそらくコクサグモ。


 腹部が膨らんでいるので、産卵前なのでしょう。


 同じクサグモ属のクサグモは、秋に卵嚢の中で孵化したあと幼生のまま冬を越し、春になると外に出てきます。
 コクサグモ同じなのかもしれません。
 タマゴで越冬するほうが冬の寒さに強いようなイメージがありますが、幼体で冬を越すのはどのような理由があるのか気になります。

クモハンドブック

新品価格
¥1,620から
(2018/11/11 22:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コクサグモ  クサグモ属  棚網  クモ  初冬の虫  錦織公園の虫  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの どちらもそれほど珍しくはないけどそろって咲くのは珍しい? 二つの水引

 数年前の10月の金剛山。
 金剛山ロープウエイ前の終点バス停から久留野峠へ向かう道の入口。
 小さな赤い花と小さな黄色い花が並んで咲いていました。

並んで咲いている赤と黄色の小さい花

 赤い花はミズヒキ。
 黄色い花はキンミズヒキ。
 ミズヒキ(水引)はナデシコ目タデ科イヌタデ属の多年草。
 キンミズヒキ(金水引)はバラ目バラ科キンミズヒキ属の多年草。
 名前は近い種類のようですが、まったくちがう種類です。

タデ科っぽいミズヒキの花
ミズヒキ

バラ科っぽいキンミズヒキの花
キンミズヒキ

 確かに花の色だけでなく、形や大きさもちがいます。
 近くで見れば、ミズヒキはタデ科の花、キンミズヒキはバラ科の花の特徴を持っています。

 ミズヒキもキンミズヒキも山では珍しくない植物ですが、並んで咲いているのははじめてみました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミズヒキ  キンミズヒキ  秋の花  赤い花  黄色い花  金剛山の花  金剛山  久留野峠 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

晩秋の金剛山のブナ林の紅葉 2018

 金剛山も紅葉の季節。
 山の紅葉はあっという間。
 先々週ですので、もう終わっていると思いますが。

 スギやヒノキの植林に覆われた金剛山では、広葉樹林があるところは限られます。
 登山者が多い千早本道では、八合目と九合目の間の「自衛隊道」と呼ばれる少し遠回りの道。
 ここは、山頂の神社の杜(もり)、神奈備(かんなび)なのでしょうか、ブナをはじめとした広葉樹が残っています。

様々な種類の落葉広葉樹が生えています



ブナの巨木が黄葉しています

 登山道としてはよく整えられていますが、柵のないところもあります。
 紅葉を見る時は立ち止まるなど安全に留意してください。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  黄葉  紅葉  褐葉  金剛山の紅葉  千早本道  金剛山 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

晩秋の金剛山の小さな白い花 花弁4枚で3出複葉

 晩秋の金剛山の下山途中。
 小さな白い花と出会いました。


 大きさは1センチもありません。
 よく見ると、雄しべかメシベが4本飛び出しているようです。
 花の隣りにある実が4つに分かれているので、多分メシベでしょう。
 葉はマメ科のような奇数羽状複葉のようですが、よくみると3枚が1セットとなった3出複葉。
 それが2~3回繰り返される2~3回3出複葉のようです。


 葉を見てるとマメ科のようにも感じますが、花は蝶形花ではありません。
 それに花びらが4枚。マメ科は5枚です。


 花には萼がないようですし、おそらくは熟すと割れたタネをこぼすさく果。
 キンポウゲ科かな、と思いました。

 帰って調べます。
 金剛山の草本の花については、強力な本があります。
 『金剛山の野草』
 『III(夏~秋)』を見ると、あっという間に見つかりました。


 名前はマツカゼソウ。
 漢字では松風草。
 学名はBoenninghausenia albiflora var. japonica
 ムクロジ目ミカン科マツカゼソウ属の多年草。
 なんとミカン科の花です。
 ミカン科というと、もちろんミカンをはじめとする柑橘類ですが、ほかにも山椒などがあります。
 これらの特徴はいい香りがすること。
 マツカゼソウもそうなのでしょうか。

 謎です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マツカゼソウ  白い花  小さい花  金剛山の花  秋の花  金剛山 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

晩秋の金剛山で出会ったアカガエル。それは?

 山頂付近でブナが色づきばじめた晩秋の金剛山。
 赤いカエル、アカガエルと出会いました。

草の陰のとびこみました

 場所は千早本道五合目と五合五勺の間。
 標高800メートル付近。
 アカガエルが含まれるアカガエル属は種類が多いカエルの属。
 身近なのは、トノサマガエルや外来種のウシガエルなどがいます。
 その中でも体が赤くなるカエルで金剛山にいる可能性があるのは、ヤマアカガエル、ニホンアカガエル、タゴガエル、ナガレタゴガエルの4種でしょうか。
 この4種はよく似ていて、低山の場合は生息地が重なることもあり、じっくり見ないとわかりません。

カメラを近づけると外に出てきました

 まずは、ニホンアカガエルかそうでないか。
 登山口の集落から300メートル以上なので、どちらかというと平地の方を好むニホンアカガエルの可能性は低いと思いますが念の為。
 見分け方は割と簡単。
 鼻からお尻まで伸びる背側線がまっすぐだったらニホンアカガエル、目の後ろの黒いところで浅く折れ曲がっていたらほかのアカガエル。
 このアカガエルは。

ちょっと薄れていますが
画像の中央あたりで筋が浅く折れ曲がっています

 浅く折れ曲がっています。
 やはりニホンアカガエルではありません。

こちらは別の場所のニホンアカガエル
真っ直ぐです

 あとは、指先がまっすぐ尖っていたらヤマアカガエルかニホンアカガエル、指先が丸くなっていたらタゴガエルかナガレタゴガエル。
 そして顎から喉のあたりにかけて黒褐色だったらナガレタゴガエル、薄い褐色の斑点ならタゴガエル。
 ちなみに、黒い斑紋が並んでいたらヤマアカガエル、斑点も斑紋もなく白かったらニホンアカガエル。
 このアカガエルは。

 指先は丸くなっているようす。
 タゴガエルか、ナガレタゴガエルです。
 白地に薄い褐色の斑点がたくさんあります。
 タゴガエルです。

 ただし、色の個体差は大きいようですので、違っている可能性を完全に排除はできません。
 それでも指先から少なくともタゴガエルの仲間であることは確かなようです。
 さらに、「金剛山 ナガレタゴガエル」で検索してみても金剛山での目撃情報は上位にランキングされていないので、ナガレタゴガエルの可能性はかなり低そうです。


 というわけで、このアカガエルは、金剛山のタゴガエルという結論に至りました。
 繁殖期には沢でよく鳴いているので、納得です。

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥4,763から
(2018/10/31 21:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タゴガエル  アカガエル  カエル  金剛山の脊椎動物  金剛山の動物  金剛山  千早本道 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる